teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


ライブ情報 as of 12/2。

 投稿者:あっきー。  投稿日:2013年12月 3日(火)01時05分23秒
  ライブの日程が FIX しました!
12/6 (金) and 12/7 (土) です。


12/6 (金) 18:00 開場、18:30 開演
日吉 Nap (神奈川県 横浜市 港北区)
1,500 円 (1 ドリンク別)
お店の URL: http://www.hiyoshinap.com/pg843.html

12/7 (土) 16:00 開場、16:30 開演
渋谷 TAKE OFF 7 (東京都渋谷区)
前売:2,000 円
当日:2,500 円
(ドリンク別)
お店の URL: http://kox-radio.jp/takeoff7/schedule.html


12/6、オープニング アクトは決まっているっぽいので、何番目の出演かは不明ですが "いの一番" ってことはないと思ってます (笑)。
都心から駆けつけてもらって「終わってた!」なんてことは、ないと思ってます (たぶん)。
とは言え、都心から来られる予定の方は、ゼヒとも "ハナキン定時ダッシュ" していただければと (笑)。

12/7 は、いつ出演するかは (今のところ?) 不明です。
チケットが当日と前売りになっているので、事前にくる予定と同伴者がいれば同伴人数を教えてもらえたら、前売扱いで入れるので連絡をお願いします。m(_ _)m


来られる方はゼヒ!!
 
 

@横浜。

 投稿者:あっきー。  投稿日:2013年12月 3日(火)00時48分20秒
  どーも~。
無事に帰国しております。

ヨーロッパの慣習に慣れすぎて、日本にまだ違和感があります。
ってことで、28 日間異国で生活していたんだな、って実感が湧きました (笑)。

気になる (?) ライブ情報は、この次のスレッドでかきます。


くぼちゃん、空港まで出迎えにきてくれてありがとー!
到着してから係りのヒトに「ここって第 1 ですか? 第 2 ですか?」って確認したのに、しっかり第 2 に来てくれていたのは流石でした (笑)。
 

返信 その 2。

 投稿者:あっきー。  投稿日:2013年12月 1日(日)10時53分58秒
  > カイ君

てことは、ポルトガのネタも通じていなかったってことだね (笑)。
逆に、いただきストリートにはついていけない。(^^;


バラハス空港は陸の孤島だったの?!∑( ̄Д ̄;)
誰得な空港だよ。。。
あとは、また日本との直行便が通るようになると言うことなしだね。

10 年も経つとね、特に英語力がね。。。
そして、日本のイメージは 10 年間変わらず、「too expensive」だってさ。
ただ高い、って言うんぢゃなくて、必ず高過ぎるって言うワケだ。
10 年前も 8 年前も 3 年前も今回も。(´・ω・`)

あとは、街中のレンタサイクルがすっごい増えた。
自転車専用レーンも「こんなにあったかな?」ってくらい増えた。
日本も見習ってほしいなあ。

フランスは、先進的な取り組みをする国だなってのは感じる。
例えば、閉じられた空間内では全面禁煙が徹底されている、とか。
カフェやレストランでも喫煙席はテラス席のみ、みたいな。
そこは、横浜もがんばってくれてるなって感じ。


バスク語は、聞いていると攻撃的な言語だなって思う。
だからこそ、ETA みたいな過激な集団を生むのもわかるってくらいに。

バルセロナ・サンツ駅からヒホンへ向かうアルヴィアは、パンプローナ、ビトリア、ミランダ・デ・エブロを通るんだけど、バスク語の案内はなかった。
マドリード・チャマルティン駅からアンダイエ駅へ向かうアルヴィア、ビトリアから乗ったときには既にバスク語優先で放送があった。

バスク語って、ラテンの派生ではないのかな。


5 ユーロ問題 (笑)、たぶん替えはあったと思うよ。
なくても、2 ユーロ 2 枚と 1 ユーロ 1 枚の硬貨で良いワケだ。

まあ、オレの手元に同じ紙幣がくる確率は低いけど、あのばばあに回り回って戻ってきたら良いなって思ってる (笑)。
今、5 ユーロのお釣りをもらうことに抵抗がある状態 (笑)。


今回も大変お世話になりました。m(_ _)m
 

返信 その 1。

 投稿者:あっきー。  投稿日:2013年12月 1日(日)10時31分58秒
  > 鎌倉ンナーさん

日本の旧暦ってことは、ヨーロッパでは紀元前まで遡るのかな?
西暦発祥なワケだから。
太陽暦と太陰暦の差もあるかな。

あと、名前をつけるのが大好きな日本人と番号順で良いぢゃん、ってゆぅ西洋人の差?
1 ~ 6 月の名前の元は失念したけど、7 月はジュリアス・シーザー (カエサル)、8 月はアウグストゥス、9 月以降に 7 番目、8 番目…、って名前がくるワケで。
長月、文月、神無月、みたいな発想は、四季をはっきりと感じられる日本人ならではの発想だろうね。
日本の特別区、政令指定都市の区名はちゃんと名前がついているのに、ここパリは 1 ~ 20 区ってゆぅ雑さ。

日本は元々、中国の五行 (火・水・木・金・土) の考え方からきてるよね。
昔は 1 年が 360 日と考えられていて、360 を五行の 5 で割って 72、72 を 4 で割って 18。
春夏秋冬は 72 日間で、各季節のあいだにあるのが土用の 18 日。
※脱線すると、土用の丑の日は年間 6 回あります。


トルティージャは、スペイン風オムレツって言えば良いのか (笑)。
因みに、メキシコ料理のトルティーヤは別物なのでご注意を。

スペインでも、じゃがいもが入っていないオムレツもあります。
両者を区別するためにトルティージャ・コン・パタタス、これがいわゆるスペイン風オムレツなワケで、訳すとまんま「じゃがいも入りオムレツ」なワケです。

トルティージャは、「tortilla」とかきます。
スペイン語の子音、"ll" は 3 通りの発音が認められています。
パエッジャも「パエリア」や「パエリヤ」、セビージャも「セビリア」や「セビリヤ」と発音して良いことになっているハズです。
で、メキシコ料理でトルティーヤを見かけてつい嬉しくなって注文して「思ってたんとちゃう!」と言ったのは懐かしい思い出 (笑)。

慣習で、どれで呼ばれているか決まっている感じもするので、そこはネイティブに従っておくと良いかも。
Puertllano (都市名) → プエルトリャーノ
llave (鍵) → ジャベ
llegada (到着) → ジェガーダ
(自己紹介) Me llamo ○○ → メ・ジャモ・○○

さて、肝心なトルティージャの味ですが、塩こしょうの味かな?
スペイン人にとってはタパス、酒のつまみです。


海外旅行中にファイアーエムブレムをぶっこんだのはワタシなので (笑)。
「聖戦の系譜」の話ですね。

親世代はアイラ最強、子世代はラクチェが鬼、って感じで育てるのが好きでした。
最近ニコ動で知った (笑) のは、フォルセティをセティに継承させるよりアーサーに継承させた方が強いってゆぅ真実。
あと、子世代のカップリング次第で、エンディングが大きく変わるマルチ エンディングだったってこと。

ニコ動について、興味があれば視聴履歴から引っ張るので個別に連絡ください (笑)。
 

@Paris the last night。

 投稿者:あっきー。  投稿日:2013年12月 1日(日)09時44分4秒
 

Hola!


とうとう最終夜を迎えました。
ヨーロッパからの最終通信で、あとは帰国後に。

最後くらい、言語脳をスペイン語から英語に戻しておきたい (笑)。
オレの場合、言語脳がスペイン語になっていると英語が全然出てこなくなる。(´・ω・`)
イタリア、スペインに入る前のフランスでは普通に英語で話していたのになあ…。

特に、スペイン語でよく使う、1 文字の単語。
「シ (Si = Yes)」、「ケ (Que = What)」は便利過ぎて、脳を介することなく (?) 口から出てくる。
フランス人には「シ」が「Six (シィス)」に聞こえるらしく、ムダに 6 コも要らない、ってことで訂正する場面が少なくない。(^^;


情報強者、ってほどではないですが、今回の旅で役に立ったアプリを紹介します。
これがなかったら、ここまでスムーズに旅してくることはできなかった、かも?

☆Google ナビ
GPS との最強コラボで、どれだけ列車に乗り損ねることがなかったことか (笑)。
基本的には、ブルート フォース アタック (総当たり攻撃) するので、道を間違えると正しい道を辿れるまで間違え続けるってゆぅ。(^^;

☆Rail Planner
ヨーロッパ版の乗換案内みたいなもの。
ユーレイル パスと一緒に送られてくる時刻表だと、大きい駅間の移動しか載っていなくて、実際に行って時刻表を確認してみないと列車が存在するかどうかわからない。(´・ω・`)
トーマスクックの時刻表を買え、ってことかもだけど、そんな重たいモノを持ち歩けない。(^^;

そこまで万能ではないから、ある程度自分で細かく目的地を設定しながら使いました。
これ、グルノブールからエクス・アン・プロヴァンスへ行くときに持っていたら、リヨン、マルセイユ経由でなくても行けたかも。
ただ、マルセイユに荷物を預けられなかったから、バックパックを背負ったままエクス・アン・プロヴァンスを観光していたかと思うと、善し悪しですな。

☆Booking.com
移動中に宿を予約できるので、宿探しの手間がだいぶ省けました。
安宿の近くに必ずしも安宿があるとは限らないから、事前に予算に合った宿を選べたのが大きく助かりました。
歩き方に紹介されている安宿へ行ってダメ、しゃーないから多少高くても近いホテルで妥協するなんてこと、今回はなかったです。

さらに、ホテルまでのルート案内を組み合わせるともう怖いモノなしです (笑)。
まあ、宿探しするときは、ノート PC から Web を使った方がラクだけど。

予約を持った状態でホテルへ行く、なんて今までなかったこと。
今までは片言で「オラァ。エスタ・ノーチェ、ウナ・ペルソナ、エスタ・リーブレ?」って言っていたのが、「オラァ。テンゴ・ラ・レゼルバ」になったと。
しかも、両親がいるときは「テネモス・ラ・レゼルバ」になったり、「キエロ・ケ・グァルデ・ノエストロ・エキパヘ」になったり。
ワタシの荷物「ミ・エキパヘ」から、ワタシたちの荷物「ノエストロ・エキパヘ」へ。

両親を拾う直前にノエストロを覚えるとき、マエストロの一字違いって覚えたなあ (笑)。
あと、ポルトガル語で切手を "セローシュ" というらしく、覚えるときは「"セロ弾きのゴーシュ" を略してセローシュ」で、実際に買うときも頭のなかでセロ弾きのゴーシュを思い浮かべたと (笑)。


そんなこんなで、明日のフライト情報を。
パリ 12/1 18:05 → 成田 12/2 14:05
AF280
参考情報:コチラ。※別ウィンドウで開きます。
l'heure、が定刻って意味です。

15:14 発の成田エクスプレスで横浜へ。
14:44 発は、ちとギャンブル過ぎるので。(^^;


くぼちゃん、見てくれてるかな?
横浜まで送ってくれるってことだったけど、ソッコーで帰って靴を買わないと翌日履く靴がないのと、やっぱりギターを弾きたいのと、風呂に入るため出国前に帰国してからで良いや、つって後回しにした入浴剤を買いたいので、遠慮させてください。m(_ _)m
空港で会えるんなら空港で会いましょう。
後日、改めて飲みましょう。


では、速報で紹介するのも最後です。
画質が悪いのは、SkyDrive にアップした写真のサムネイルをコピって拡大していたから。(^^;
デジカメで撮った写真サイズが 4MB 以上あって、圧縮するのが一番ラクな方法だったと。
旅行記では (JPEG 自体が既に圧縮されているケド) ちゃんと圧縮するから、画質はもちっと良くなると思います。

オペラ、パレ・ガルニエ。
パレ・ガルニエ

8 年前は一面改修工事中だったバンドーム広場。
バンドーム広場

シャンゼリゼ大通りに設置されたスケート場。滑りたかったなあ。
シャンゼリゼ大通りのスケート場

シャンゼリゼ大通り。
シャンゼリゼ大通り

エッフェル塔 (ノーマル)。
エッフェル塔

シャンパン フラッシュしているエッフェル塔。
エッフェル塔 (シャンパン フラッシュ)

ライト アップされたエッフェル塔。
エッフェル塔 (ライト アップ)


Hasta luego!

 

アレフガルド

 投稿者:kai  投稿日:2013年12月 1日(日)01時24分1秒
  ドラクエ3は未体験ですが、いただきストリートのマップとしては認識しております笑。
確か竜王の島がハマリポイントになってました。

パエジャ、カサミラに行ったときか、懐かしい!

マドリッド市街地図の件、昔のガイドブック見たら、バラハス空港から市街地までの鉄道は皆無だったようで。十年ほどたつとずいぶん変わるもんですね。

tardesの解釈、いいんじゃないでしょうか笑
めでたく帰国前に謎が解決?ってことで。

バスク語はあまりに違いすぎて、未知の世界です。
ドノスティアか、、原形あるような、ないような。。意味は同じなんだろうね、多分。

売店のおばちゃん、他に5ユーロ札なかったんかね~
まあ使えてよかった。

では、帰りも気を付けて!
 

明日は12月

 投稿者:kamakura run  投稿日:2013年11月30日(土)15時33分47秒
  早いものでヨーロッパに行ってる間にいよいよ日本で言うところの師走ですよ。
ヨーロッパでは12月って特別な呼び方とかあるのかな?
まぁ日本は12月に限らず全ての月で呼び方がある訳ですが(^^;

それはそうと食べ物写真に反応してしまった。
いや、もちろん世界遺産も素晴らしいのだけど。
トルティージャ (じゃがいも入りオムレツ)って言うのは日本で言う「スペイン風オムレツ」ってやつですか?
ジャガイモ入れたのあるよね。味付けが違ったりするのかな~。

ついでにファイアーエムブレムも懐かしく…中学か高校くらいにハマった記憶があります。
誰と誰が結婚するとスキルの継承が…とか。
海外旅行中に無駄な事を思い出させてすいません(笑)
 

@Paris the 3rd day。

 投稿者:あっきー。  投稿日:2013年11月30日(土)06時36分21秒
 

Hola!


マフラーをしていると、そんなに寒くもないかな? と思えるパリです。
どうやら、アウターを買わないまま撤収できるかな。

今日は予定通り、ヴェルサイユへ行ってきました。
この旅で 1 日に撮った写真の枚数が 1 番多い、121 枚でした。(^^;
これまで 1 日での最高枚数は、ポルトからリスボンへ移動した日の 65 枚、次いでロカ岬へ行った日の 55 枚だったので大幅な記録更新です。(^^;

前回同様、日付ごとにフォルダーを切って写真を管理しています。
それで、一発で枚数がわかっちゃうワケですね (笑)。


今日は、お金に関するトラブルに見舞われました。(--;
みんなは気をつけてね、ってことで、かいておきます。

ヴェルサイユへは鉄道で 3 通りの行き方があるんですが、そのうちの 1 つ。
パリのサン・ラザール駅とヴェルサイユのリヴ・ドロワト駅を結ぶ線。
リヴ・ドロワト駅の売店のおばちゃんから、おつりで破れた 5 ユーロ紙幣 (もうちょっとで 2.5 ユーロ× 2 になりそうな) をもらいました。
ふざけんな、と思って「シャンジュ (取り替えて)」と言ったら、「イレ・ボン (大丈夫)」つって取り替えてくれない。
こんな紙幣は受け取れない、何度も「シャンジュ」と言っているのに、「イレ・ボン!」と逆ギレしてくるおばちゃん。
だったら、一番安い 1 ユーロのクロワッサンをその 5 ユーロ紙幣で買ってやろうか! って思うも、そんなには食べきれないと思って最終的に受け取ったワケです。

こんな切れた紙幣、使えるとしたらパリ市街の露天商かタバコ屋くらいかな。
シャンゼリゼ大通りの露天で使うと、おねーちゃんがすっごく不思議そうにしげしげと見た挙げ句、おつりをくれました。
クリスマスってことで、赦された感があります (笑)。
心の底から「メルシー」を、売店のばばあには天罰を! って気分です。

破れた紙幣を受け取ったのは初めてだったんで、調べてみました。
取り替えてって言えば大抵は取り替えてくれるみたいで、今回みたいなパターンはネット上のみなさんは当たったことがないみたいで。
受け取ったらその場で使ってしまうのが、後々のトラブルを防ぐのに有効かと思います。
今回は 5 ユーロだったけれど、もっと高額な紙幣になると使えない場合損害も大きくなるワケで。

因みに、フランスの場合、フランス銀行 (Banque de France) か郵便局で破損紙幣は取り替えてくれるらしいです。
って、土日はもうやってないぢゃん!∑( ̄Д ̄;)
ギリ× 2 セーフでした。
旅行者だからなめられた、ってことより、最終的に受け取ってしまった (その場で使わなかった) 自分にショックです。
旅が大詰めになって、昨日ちょっと良いこと (?) があって、ここまでスリを初めとしたトラブルもなく気持ちが緩んでいたかも。
最後まで気を抜いちゃいかんですね。


121 枚も撮ったなかから、たった 10 枚だけ (笑) 写真を紹介します。
この掲示板、1 回の投稿で載せられる写真が 10 枚までらしいので。(´・ω・`)

ヴェルサイユ宮殿の入り口、アルム広場。
アルム広場

ヴェルサイユ宮殿の前門。
ヴェルサイユ宮殿の前門

ヴェルサイユ宮殿の中庭。
ヴェルサイユ宮殿の中庭

グラン・トリアノン。
グラン・トリアノン

プチ・トリアノン。
プチ・トリアノン

王妃の家。
王妃の家

ヴェルサイユのノートルダム教会。
ヴェルサイユのノートルダム教会

パリのコンコルド広場。
コンコルド広場

シャルル・ド・ゴール広場 (凱旋門)。
シャルル・ド・ゴール広場 (凱旋門)

エッフェル塔 (夜景)。シャンパン フラッシュは明晩、リトライしてみるつもり。
エッフェル塔


Hasta luego!

 

@返信。

 投稿者:あっきー。  投稿日:2013年11月29日(金)07時14分5秒
  > カイ君。

ですね。
パリってことは、ドラクエ 3 ならアレフガルドってことだから (?)。


イベリア半島が東京都と同規模、、、とんでもない錯覚を招いているようで候 (笑)。
縦横、それぞれ 800km 以上はあるハズ。
スペイン北部を横断する世界遺産「サンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼の道」、スペイン内陸部を縦断する「銀の道」がそれぞれ約 800km かな。

入念に乗り継ぎを調べてから行動しているから、ムダな待ちが発生していないのかな。
それでも、1 日 1 便には閉口したり、同じ街を何度も踏んだりして周遊都市数を損した感はある。(´・ω・`)


たぶん、パセジ・ダ・グラシア沿いのお店かな。
カサ・ミラに入る前か入ったあとだったかと。
オレがグラナダからバルセロナへ飛んで、そんときかな。

無事にパスポートを再発行してもらって、通り越してしまったバレンシアへ戻って、クエンカ、マドリード経由でバルセロナへ戻って。
カイ君がパエッジャを食べているのを見ても不思議にしか思えなかったから、たぶんホントに最初のバルセロナだったと思う。
パスポートが再発行されるまでの時間を利用してガウディを見たと思う。


ヌエボス・ミニステリオスは、路線図を見るよりマドリードの市街図を見た方がわかりやすいかも。
オレですら歩いたこともないし歩く気にもなれないアトーチャ駅 ~ チャマルティン駅。
さらに、マドリードの北の玄関とも思えないくらい何もないチャマルティン駅周辺。
そのチャマルティン駅に近いヌエボス・ミニステリオス駅。

11 年に開通って、やっぱりオレが持っていない情報を (笑)。
まあ、便利になるに超したことはないので OK です。

イバニェタ峠を越える = サンティアゴ・デ・コンポステーラまで歩く、なので、オレが越えることはないね。


スペイン語の謎の解明が、柳沢慎吾に委ねられた (笑)。
tardes はハードルが高そうだ。
(シエスタで良い) 夢は見れたかよ! あたりで。
※ゲット バッカーズ (奪還屋) 的な


バスク語は、もうさっぱりわからんです。
やたら「K」を多用するあたりも、別の国にいるみたい。

列車の案内もバスク語が優先で、スペイン語が流れてくるまで全然わからん。
ビトリアをバスク語でガステイスというらしく、駅名が「ビトリア/ガステイス」となっていて、これはまだ良心的。
サン・セバスティアンはバスク語でドノスティアというらしく、駅名が「サン・セバスティアン」なのに「ドノスティア」って放送から入ると。
イルンはイルンだから問題なし。

部屋で爆弾つくって、暴発したら悲惨すぎるなあ。
テロがしょっちゅーなんて、シャレになってない。(--;


カイ君も演奏会がんばって!
9 月 (だっけ?) の時点で、事前に教えてもらっていたからね。
情報が入ってきたら更新します。
 

@Paris the 2nd day。

 投稿者:あっきー。  投稿日:2013年11月29日(金)06時35分47秒
  Hola!


予定通りランスへ行って、予定外のオルセー美術館へ行ってきました!
オルセー美術館へ帰国前日に行こうと思っていたら、木曜日だけ開館時間の夜間延長がある、ってことで急遽今日行ってきたのです。
8 年前のルーブル美術館に続いて、パリにある美術館とは相性が良いよーです☆(#≧▽≦#)
あれ、8 年前は改修工事中でオルセー美術館へは入れなかったっけ。(^^;

昨晩、食堂で投稿してから部屋に戻ったので、昨晩の投稿時点で気づかなかった嬉しいサプライズがありました。
4 名部屋の同室に、マドリード在住のモロッコ人とメキシコ人がいる!
初対面でいきなり「ケー・タル?」って発言もいかがなもの? とは思いつつ、「ケー・タル?」って返したらそのままお互いにスペイン語で自己紹介を (笑)。
「あれ、スペイン語を話せるの?」って訊かれて、おせーよ、と思いながら「ポギート」つって。
片言でしか話せないから、違和感を感じたのかな。

パリで「レバンタルセ (起きる:自動詞、他動詞:起こすの原形は、レバンタール)」なんて使うと思わなかったな。
「明日、何時に起きる?」なんて、ドミトリーでは早朝出発がいない限りオレがたぶん最初に起きるから (笑)、目覚ましを鳴らす宣言して配慮を怠らない。

パリでスペイン語を話すのは、8 年前も同じだった。
パリ北駅近くのホテルで、部屋番号を言うときにうっかりスペイン語で数字を言ったら、フロントのにーちゃんがスペイン語で返してきて。
パリに出稼ぎにきてるのかな? と思いつつ、それからもフレンドリーな感じになって。

あともうひとりは中国人 (笑)。
何か、極端に偏ってるなあ。


ランス、行ってみて気づいた。
シャンパーニュ地方ぢゃん!
シャンパンを飲めるかも?!

スペインにいるあいだは、1 日 1 本のワインをノルマ (笑) に過ごすし、過ごしてきました。
逆に、スペインに入るまで、出てからは飲まない。
ポルト ワインのせいで、ボルドーにちょこっと持ち越しちゃったけど。(^^;
今、カバンのなかにある 3 本はお土産。

味見くらいならシャンパンを飲んでも良いかな、と思ってバルを探していたら、セラーを発見!
見学 & 味見できるってことで、中に入ってみたらお昼休みで営業時間外。∑( ̄Д ̄;)
どーやら、シャンパンには縁がなかったようです。(´・ω・`)

ランス駅で列車を待っているとき、この旅では初めてかな? 話しかけられました。
日本人女性かな、オレと同じくパリからのエクスカーションかな、って思っただけで、特に気にもしていなかったら。
日本語でバック アタックされて (笑)、すっげービビッた (笑)。
ボカディージョを食べながら歩き方でオルセー美術館の予習していたので。

「列車の発車時間まであまり時間がないんですけど」ってことで、少しだけ (5 分くらい) 話したところ。
旅行者だと思ったら、実は在住者ってことでした。∑( ̄Д ̄;)
エペルネー、最初ピレネー (山脈) のことを話しているんだと思って、とんちんかんな回答してしまいましたが…。(^^;
ランス郊外の小さな、とても良い街だそーで、歩き方にもランスのエクスカーションとして載っています。
でもって、シャンパンの最高峰、ドン・ペリニョンの産地らしい。
早くも、5 回目の渡欧に胸が膨らむのであります (笑)!(`・ω・´)

3 年前も今回も、オレが駅で列車待ちしながら歩き方を読んでいるとき、列車の発車間際に新しい街の情報をくれる女性と会うのが恒例に?!
あ、でも、安心してください。
名前も知らなければアドレスも知らないので、2 度と会うことはないでしょう (笑)。
何で今年の夏からエペルネーに住んでいるかも聞けていないし。


ランスから戻ってきて、オルセーへ行ってしまえ! ってことで、オルセーへ行きました。
ん~、パリは日本人だらけというか、オレがそーゆーところへ行ってしまっているというか…。

25,122 歩、19.2km でミラノを歩き回ったときより少ないのに、ミラノのとき以上に疲れたなあ。
いかん、弱っている!

オルセー美術館の 5F からエッフェル塔のすんごいネオンを見たのに、外に出たら見えなかったとゆぅ。(´・ω・`)
明日、ヴェルサイユから戻ったらリベンジ!

では、パリとランスの写真を。
セーヌ川のなかにあるシテ島名物、パリのノートルダム大聖堂。
パリのノートルダム大聖堂

ランスにある世界遺産、ノートルダム大聖堂をジャンヌ・ダルクの騎馬像の後ろから。
ランスのノートルダム大聖堂

ランスの世界遺産、サン・レミ・バジリカ聖堂。
サン・レミ・バジリカ聖堂

ルーブル美術館の入り口の名物、ピラミッド。
ルーブル美術館

オルレアン鉄道の駅舎を改装してつくったオルセー美術館。遠くにエッフェル塔がうっすらと。
オルセー美術館


今回、ワクに余裕があるから、バレンシアで食べたモノを紹介しておきます。
パエッジャ・バレンシアーナ、トルティージャ (じゃがいも入りオムレツ)、なすに挽肉を詰めたモノ。
パエッジャのファースト フード

ジェラート。
ジェラート

ブラバス (ポテトにブラバス ソースをかけたもの)。
ブラバス

バレンシア オレンジ。
バレンシア オレンジ



Hasta luego!
 

旅も大詰めですね

 投稿者:kai  投稿日:2013年11月29日(金)01時38分22秒
  やはり思った通り、訪問都市数がハンパないね。

「疾走感」、言い得て妙!
今回の旅行記読んでると、イベリア半島が東京都ぐらいの狭さなんじゃないかという錯覚が起きてくる笑。

バルセロナでパエッジャ。確かに食べたような。。グラシア通りだったかなあ?

マドリッドの鉄道網全く把握しておらず、Nuevos Ministeriosの場所もわからなくて、路線図見たけどなるほどね。Wiki情報だと、2011年にバラハス空港にセルカニアス乗り入れたようなので、便利になったんだね。あと、イバニェタ峠も検索かけさせていただきました笑。あれ越えたらすごいわ。

挨拶の件、「今夜もいい夢見ろよ」か、それはあり得る笑。
noches以外も、柳沢慎吾が考えてくれるといいんだが。

バルセロナのシェアのピソにいたとき、バスク人の若いカップルがいたことがあって、とても温和な感じのいい二人でした。言語もしかり、別の国だよね。
でもやっぱりバスク=ETAのイメージは強烈だったので、ピソにいたもう一人の日本人の方とは、「部屋で爆弾作ってんのかね?」などと、超不謹慎なことも話してたことを思い出します。スペインでは、ニュース見てるとETAのテロは割としょっちゅうだったからね~

ライブのこと、了解です!
本当に行ける可能性薄くて申し訳ないんだけど、わかったら教えてください~
 

@Paris。

 投稿者:あっきー。  投稿日:2013年11月28日(木)06時34分45秒
  Hola!


てことで、パリに到着しました。
無事に、はつけないでおきましょう (笑)。
案の定やらかしてくれましたよ、SNCF (フランス国鉄) さんは安心・安定の低クオリティ。

とは言え、無事にオルレアン経由でパリにこられたんで問題はナシです。
あるだろうな、って思っていたことがあっただけなので。


さて。
早いもので、ミラノを出てから 3 週間が経過しました。
そーです、ユーレイル パスが有効期限の満了を迎えました。(>_<。
何か、そんなにヨーロッパに滞在していた気がしないのだけれども…。(^^;

で、この 3 週間で周遊した都市 (ロカ岬含む) は、40 でした。
何と、3 年前の 23 日で 3x (x は失念、3 か 5 か) 都市を大きく上回りました。(^^;
で、明日と明後日でランスとヴェルサイユへ行く予定なので、最終的には 42 都市になるのかな。
3 年前の旅行の写真を見たヒトから、「疾走感がある」との感想をいただきました。
今回はどのように見えたんでしょうか。(^^;


パリ、てかビトリア以北の寒さはヤバイね。
数日前にバレンシアにいたせいか、余計に厳しい。
ガイドを持って歩いていると、手が冷えて感覚がすぐになくるんだよね。

てことで、個人的にはもう帰国しても良いです (笑)。
良い加減、ギターを弾きたくてしかたがない。
とにかく、どの街も必ず楽器店があってギターがあって、よっぽど "試奏" と称して練習しようかって思うくらいに (笑)。

乾燥対策に持ってきているハンド クリーム、本格的に指先のケアも始めて、弾いたとき指が痛いってことにならないように気をつけています。
弦ダコも丁度良い感じに柔らかくなってきて、ハンマリング オン、プリング オフしても必要以上に弦をひっかけない感じ。

あとは、爪が割れないことを祈るばかり。(-人-)
この旅のあいだも何度か割れて切り落としたから、直前に割れられるとアルペジオに支障があってマズイっす。


では、オルレアンの写真を。
の前に、ナゼにオルレアンか?

ファイアーエムブレム 紋章の謎ってゲームがあってね (笑)。
鬼みたいに難しいシミュレーション RPG のシリーズで、章立てでストーリーが進んでいって。
そのなかに「オレルアンの戦士たち」ってのがあって、オルレアンにきてみました。
それだけ、ジャンヌ・ダルクに対して云々はないです。
※個人的にオススメのシリーズは、「聖戦の系譜」です。

マルトロワ広場にあるジャンヌ・ダルク像。
ジャンヌ・ダルク (マルトロワ広場)

ジャンヌ・ダルクの家。
ジャンヌ・ダルクの家

サント・クロワ大聖堂。
サント・クロワ大聖堂

グロロ邸の中庭にあるジャンヌ・ダルク像。
ジャンヌ・ダルク (グロロ邸)


Hasta luego!
 

返信 その 2。

 投稿者:あっきー。  投稿日:2013年11月27日(水)06時29分15秒
  > しゅっとちゃん

連絡ありがとー!
ホントに月末にならないと次月のシフトがわからないって、ツライな~。

言葉の壁がそこそこなくなっていると楽しめるよ。
毎回何かしら発見があって、今回はやたら「Venga (ベンガ)」って言われるなあ、とか。
バレンシア・ノルド駅でアリカンテへの往復切符を買うとき、「滞在時間が 2 時間しかない」って言われて「ヴァーレ、ヴァーレ (良いんだよ)」つったら「ベンガ、ヴァーレ、ヴァーレ」って言われて「うっせーよ」って内心思ったり (笑)。
バレンシアの駅員さんは、お節介なヒトが多いみたい。


12/14 はワタクシの個人的な諸事情により (笑)、28 か 29 ですな。
もはやクリスマス会ではない (?) けれども (笑)、12/28 開催の方向で良いのかな?
1 本、スパークリング ワインの代わりに Rioja (スペイン産の赤ワイン) を持って行くのでお楽しみに!
クリームチーズとクラッカーは当日用意しましょ。
運転できる某お方、味見するなら車は諦めてください (笑)。

今年は、昨年カゼをひいて参加できなかったリベンジをしたい。
 

返信 その 1。

 投稿者:あっきー。  投稿日:2013年11月27日(水)06時21分43秒
  > カイ君

バルセロナのレストランでカイ君がパエッジャを食べていたことを思い出すよ (笑)。
あんときはまだパエッジャをそこまで好きではなくて、バレンシアで食べてから一気に見る目が変わった。

空港への延伸、少なくとも RENFE はないね。
地下ではもしかしたら進んでいるのかも??
どのラインがくるかわからないけど、マドリードみたいにアホな路線がくるのはやめてほしいね。
何だよ、ヌエボス・ミニステリオス止まりって。(--;

あ、そうそう、RENFE のセルカニアス、C1 線でバラハス空港の T1 へ行けるよーになったのかな。
オレの版では路線図に載っていないんだけど、実際に通っていたし、両親は C1 で空港へ行ったよ。
アトーチャ、チャマルティンを通っていくから、足は良い。

サグラダ・ファミリアの完成予定、2026 年か。
いずれにしても大祭年かな、って思ったら惜しい! 7/25 は土曜日だった。


挨拶について、思いつきで言ったら案外的をハズしていなかったとゆぅキセキ (笑)。
てか、所詮は万人が思いつく程度の発想力しかないことを残念に思います (笑)。

noches の場合は、「(今夜も) 良い夢見ろよ!」的なニュアンスで (?)。
おやすみ以外はどーしましょ (笑)。

尊敬の複数、そもそも知識と発想の限界を超えております。(>_<。


ポルトガル → スペインのフェリーにも、中国人カップルがいたのには驚いた。
てか、やられたな、って感じ。
乗客が 10 人いないなかで、アジアが 3 名かよ! みたいな。
頭数が多い分、ホントに色んなのがいるって感じ。


あれ、ライブは 6 & 7 か、7 & 8 のどっちかって聞いていて、3 days とは言われていないかな。
それも確認しときます。。
 

@Bordeaux。

 投稿者:あっきー。  投稿日:2013年11月27日(水)06時19分1秒
  Hola!


ボルドーに、フランスに入りました。
カタカナではないボルドー、読めなくはないけど読みにくいよね。(^^;

バレンシアからビトリアへ、寒さが厳しいもの~!
北帰、厳しいもの~!
近くの山は普通に冠雪してるもの~!

ビトリアから、イルン、エンダイエ (アンダイエ?) 経由でボルドーへと来ました。
これで、スペイン ~ フランスの陸路越えはすべて制覇しました!
※イバニェタ峠越えは除く。


通ってきた街の話。
アリカンテは、日曜日でなければホントに良さそうでした。
砂浜ダッシュ、カシュカイシュ (ポルトガル) のリベンジもしてね (笑)。
サンタ・バルバラ城は登ってみたかった…。(>_<。

ビトリアは、思っていた以上にキレイな街でした。
ゼヒ立ち寄って欲しい街です。
近代的な建物と古い建物が共存してトラムも走っていて、でも緑もいっぱいあって、バスク地方はビルバオといいビトリアといい、そんな感じです。

オレはビトリアで "ウン" までついてしまって (笑)、帰国したらソッコーで靴を買い換えねば!
出国前に靴を買い換えるかどうか悩んだけど、買い換えないどいて良かったかな。(^^;
すり減った靴底で濡れた石畳の坂道を歩くのは恐怖だけど。


オレ的に、バスク地方はとても怖いイメージです。
スペインでは「州ごとに国がある」と言われているなかで、唯一 "パイス" の名を持つのがスペイン北東部でフランスと国境を接しているバスク地方。
パイス・バスコ、パイス (pais) ってのは、英単語の country です。
州ではなく、国といっちゃってるワケです。
バスク人の 9 割はスペインに、残り 1 割はフランスに住んでいるらしいです。
因みに、アンダルシア、カタルーニャ、エストレマドゥーラってのも州名です。

で、バスク人の何が怖いか、って言うと、バスク人はかなり過激なことするヒトたちです。
2004 年 3 月、マドリードで列車爆破テロがあったことを覚えているヒト、いますかね。
当時、活動が活発化していたアルカイーダの仕業か? って、日本では 1 週間近く報道されていましたが、スペインではすぐに ETA から「ボクたちがやったよ!」って声明があったため、翌日のニュースではアルカイーダとは報道していなかったです。
ETA ってのが、「バスク、祖国と自由」ってゆぅテロ集団なワケです。
オレが帰国する前日にやらかしてくれたので、「バスク人って怖いな~」と思って帰ってきました。
因みに、この事件を境に駅からゴミ箱が消える、とゆぅ現象が日本で起こりました。

前回初めてバスク地方に足を踏み入れてみて、意外と人懐っこい印象を受けました。
昨日、バックにラン用のウォッチ (日本時間) を結わえ付けて歩いていたら、後ろからおっちゃんに話しかけられてビックリした。
「8 時間進んでるよ」、と。(^^;
よく見つけたなあ、と思わず感心しちゃいました。


いよいよ、明日からパリです。
よっぽどのことがない限り、無事に帰国できるハズ。
8 年前、帰国前日に鉄道ストでボルドーで足止めを喰らったときは焦った、ってこともないワケで。


では写真を。
アリカンテのスペイン遊歩道。※日曜早朝のため閑散…。
スペイン遊歩道

アリカンテの港。停泊中の船は…?
アリカンテの港

アリカンテのサンタ・バルバラ城。
サンタ・バルバラ城

アリカンテの砂浜。
アリカンテの浜

ビトリアのトラム。
ビトリアのトラム

ビトリアの新カテドラル。
ビトリアの新カテドラル

ビトリアのビルヘン・ブランカ広場。※ガステイス、ってのは、バスク語でビトリアの名前。
ビルヘン・ブランカ広場

ビトリアのサンタ・マリア・カテドラル。
サンタ・マリア・カテドラル

ボルドーのガロンヌ川 (夜景)。
ガロンヌ川

ボルドーのサン・ミッシェル教会。
サン・ミッシェル教会


Hasta luego!!
 

お疲れ様ですーー

 投稿者:しゅと~  投稿日:2013年11月26日(火)12時32分50秒
  旅行楽しんでいるようでなによりです~うらやましい。。。
あ、連絡が遅れてすみません。

12/14、28、29のどれでも大丈夫そうですーーー
お土産話楽しみにしています~~♪
 

paella

 投稿者:kai  投稿日:2013年11月25日(月)14時37分45秒
  食べたくなってきました。

銀の道、まあ一日じゃあ不可能だよね笑。

プラット空港への延伸、気配もないんだ。。
確かにメトロ通ると、ホテルがゴシック地区とかだとかなり安くて便利かね。

サグラダファミリア完成予定って2021年じゃなくて、2026年みたい。ガウディの没後100年ってことで。

いずれにしても、五輪開催したところは、アテネとか北京とか、特にその後ロクなことにはなってなさそうだから、マドリードが外れたのはよかったと思う。東京になったことは置いといて。

挨拶について、あっきー説も有力で、結構いろんな人が言ってる。「神があなたに、今日だけでなく明日も明後日もよい日を与えますように」みたいなのとか、スペインでは、昔は同じ人に毎日会うことは珍しかったから、そのような挨拶になった、とか。ただ、それだとBuenos diasはいいとして、tardesとかnochesとか時間的にかなり限定されてる表現についての説得力が薄いような気もして。「今日も明日も明後日もよい夜を」だと、昼間は悪いほうがいいんかい!っていう。それはひねくれ過ぎとは思うが。
あとは、言語には「尊敬の複数」という表現法?があるらしく、それもまあ可能性あるかなと思ったりしてます。聖書でもそういう表現があると言うのを聞いたことがある。一神教なのに、神が「われわれ」って言ってるのを説明するようなやつだったと思うけど。
まあちょっと、まだ謎だね。

「チノ?」と聞かれるのは、まあ宿命ですかね。スペイン全体そうだと思うけど、バルセロナなんかだと、中国人は旅行者も在住者も相当多いしね。

ハモンイベリコはそうだね、マドリードでそこまで悪質なバルはないか。

ライブ3日間やるんだ!7日渋谷かあ。厳しいと思うんだけど、昼間ならわずかながら可能性あり。時間わかったら投稿or教えてください。お互いがんばろう~
 

返信 その 2。

 投稿者:あっきー。  投稿日:2013年11月25日(月)04時03分43秒
  > カイ君

ヒホン → セビージャは 1 日で移動するのはムリっしょ (笑)。
そもそも、鉄道網が繋がってない (笑)。
バスなら行けるのかな?
いや、結局マドリードを通らないとダメな気がするし、1 日では移動できないね。

実は、今回 '10 ~ '11 のスペイン版の歩き方を使っています。(^^;
両親が '12 ~ '13 版を買って、最後に「交換しようか?」って訊かれたんだけど、歩き方そのものが一緒に旅をした記念というか思い出だし、自分らの記念に取っとけよつって交換は拒否ったんだよね。
だからこその混乱もあったかも (笑)。(^^;

で、3 年前に「延伸予定」つって今まだ着工すらされている気配がない、バルセロナ・プラット空港 T1 へのセルカニアス、メトロの到達。(´・ω・`)
バルセロナ中の工夫を、サグラダ・ファミリアに集めているのかもね (笑)。

で、サグラダ・ファミリアの完成を 2021 年に目指している理由がわかった気がする。
巡礼の道の最終目的地であるサンティアゴ・デ・コンポステーラ、聖ヤコブの日である 7/25 が日曜日の年を "大祭年" と言うと。
前回は 2010 年、まさにオレが行ったタイミングだったワケで、次は何と 2021 年!
だからこそ、2010 年の大祭年が盛り上がったワケで。

つまり、スペインは 2021 年に観光客を引き寄せる要素を 2 つも持つワケです。
バルセロナとサンティアゴ・デ・コンポステーラにある世界遺産を訪れるには、必ず通らなくちゃいけないマドリード。
2020 年の五輪開催から外れて良かったんぢゃないかな (笑)。


スペイン フェス、ほうほう。
イベリア航空がんばれよ、って感じかな (笑)。

完成、つったら完成なんぢゃないかな。
完成形なんて設計者本人がいないんだからいくらでもちょろまかせるし、そーゆー国だし (笑)。
あとは、「保守」と称して不足分をつくる (笑)。


挨拶の謎、世界中に不思議に思うヒトがいるんだ (笑)。
都市名が複数形なのは良いと思うんだよね。ロス・アンジェルス、ブエノス・アイレス etc.
国名は単数形か。プエルト・リコ、コスタ・リカ、カサ・ブランカ etc.

今日がたくさんある日のなかの 1 日でしかない、そんな意味合いなのかな。
フランス、イタリア、ポルトガルでは、今日 1 日がステキな 1 日でありますよーに! って意味なのに対して (?)、スペインは今日も昨日と変わらぬ良い 1 日を! 的な (?)。
わからんね。

今の中国にはまったく興味がないので何とも言えないです。
相変わらず、中国人ツアー客が多いこと。
逆に、個人での旅は日本人の方が多いかな。

ヨーロッパ人にアジア系民族の見極めが難しいようで、今は確率論で「チノ?」って訊かれちゃうね。(´・ω・`)
あの集団と同じ民族と思われたくない、日本人だ!(`・ω・´)
って思うのに、日本人ツアー客を見ると、アレと同じ民族って思われたくない、って思う不思議 (笑)。
結局、どうありたいんだ??
まあ、日本人ツアー客のお行儀が 1 番良いかな。


ん~、どうかな?
一応首都だし、「ハモン・イベリコ?」、「シ」って答えていたら、イベリコ豚が出てきたんぢゃないかな。
オレは「ノ! ハモン・セラーノ!」って言ったから、事故ってないけど。
まあ、見た目も違うし、うっかり食べても味が違うからすぐにわかるしね。

ドコの国も、都会は気をつけろ! ってことだね☆(#≧▽≦#)
 

返信 その 1。

 投稿者:あっきー。  投稿日:2013年11月25日(月)02時58分16秒
  > 鎌倉ンナーさん

日本のダイヤはちょー過密だから、早着はできないね。
こっちは、新幹線たって 1 時間に 1 本だから。(^^;

ポルトガル国鉄 CP の AP では、食事は摂っていないっす。
ユーレイル パスを使って 1 等料金が 5 ユーロなのにサンドウィッチが 6 ユーロ、要らねぇ (笑)。

RENFE の場合、朝イチなら飛行機の機内食レベルで食事が出るよ。
ホントに機内食みたいな。
今回はデサジュノ (朝食) をいただいていないから、前回の写真をあとで公開します。

こっちでは、シエスタの時間にちゃんと食べるから、12 時を跨ぐくらいの列車なら "スナック" が出るよ。
スナックたって、サンドウィッチとチョコレート ケーキ、飲み物。
今回は、このスナックしか食べてないなあ。(´・ω・`)
あと、こっちの方がオレたち日本人にはスナックって思える、ビスケットも出る。
RENFE の 1 等は至れり尽くせりでっせ☆(#≧▽≦#)

食についてはまとめて写真を紹介する予定だったから。(^^;
基本的に、食べたモノは写真を撮っているよ。

機内食について、個人的にはエール フランスとアリタリアはアタリだね。フランス料理とイタリア料理を選べる。
前回、ミラノからの帰国便で、日本人はみんなイタリア料理を選択して、イタリア人はみんな和食を選択したのね。
隣に座っているイタリア人の和食を見たら、何とそばが入っていて。
周りのイタリア人もみんな残していたし、のび切っていてオレも食べ切る自信がなかった (笑)。
今回は、近くにいた日本人ツアー客はみんな和食を食べていたね。何しに行くんだか。(´・ω・`)

8 年前のエール フランスはフランス食が不足して日本食を食べさせられた客もいたかな。(´・ω・`)
アリタリアは、前回も今回も大丈夫だった。

オレは、日本の地を離れたら、再び日本の地を踏むまで和食は食べない主義。
でもって、スッチーさんが日本人だとハズレだと思うタイプ。
8 年前、フランス料理なのに「みそ汁はいかがですか?」って訊かれて、「まだガマンします」つったら思いっきり笑われた不思議。(´・ω・`)
お袋曰く、「あんたがどんだけガマンしているか知らないでしょ」とのこと、確かに。(^^;
 

ライブ情報更新 as of 11/24。

 投稿者:あっきー。  投稿日:2013年11月25日(月)02時38分18秒
  日本時間で 11/23 の早朝に連絡をもらっていたんですが、タイム ラグがあってすいません。。。
掲題の情報について、下記の通りとなったそうです。

[決定!]
12/7 (土) 渋谷 テイクオフ
(時間は未定)

[未定]
12/6 or 12/8。
日にちも場所も。


候補日に入っていなかった土曜日が、しかも場所の候補にもなかった渋谷がいち早く決定したそうです (笑)。
なので、来られそうな方だけ、ムリのない範囲でお越しくださいませ。
三宅さんのマネージャーさんが手配していまして、あの男が「やる!」と言ったら絶対にやるハズなので、最終的に決定するまでもうちょいお待ちください。m(_ _)m
やっぱり、芸能関係は仕事のアポを取るのが難しいんでしょうなあ。

来ていただける方、同伴者がいる場合は同伴人数も合わせて教えてもらえると、前売り (≠ 当日) 価格で入れるのかな?
確認しておきます。
 

@Valencia the 2nd time。

 投稿者:あっきー。  投稿日:2013年11月25日(月)02時34分3秒
  Hola!


バレンシアでパエッジャ三昧、連泊で堪能しております (笑)。
今日は、(特にやることもないから) 日帰りでアリカンテへ行ってきました。
ビトリアへ行くのに、日曜はイヤだなと思って。
明後日にはボルドー、フランスです…。

クエンカで、10 年前の最後のミッシング ピースを回収しました☆(#≧▽≦#)
クエンカはマドリードとバレンシアのだいたい中間くらいにある街で、これまた断崖絶壁の景勝地。

10 年前は、というかここ 2、3 年前まで、マドリード・アトーチャ・セルカニアス駅かバレンシア・ノルド駅から快速でしか行けない場所でした。
あるいは、バスね。
快速だと、4 ~ 5 時間かかったかな。
バレンシアを朝出て、マドリードに到着したのが、21 時過ぎだったハズです。

今は、マドリードかバレンシアから AVE / アルヴィアで約 1 時間、どちらかからエクスカーションとして行くこともできるようになりました。
てか、そーすれば良かった。(´・ω・`)
新駅にも旧駅にも手荷物預かりがなくて、バックパックを背負ったまま観光しました。
さらに新駅まで歩いたら 1 時間以上もかかって、流石に疲れたと。(^^;
あと、マドリード行きのレヒオナルはバレンシアのサン・イシドロ駅発着になってしまったためノルド駅からかなり離れてしまった。(´・ω・`)

では、アルカラ・デ・エナーレス、アランフェス、メリダとクエンカの写真を紹介。

あ、写真紹介の前に、ミスチルの『my life』をパロって。
♪ちょっぴりうぬぼれてたボクも ついにフラれた
 晴れの日ばっかあるワケないよ それでこそ my trip

メリダでとうとう雨に掴まっちゃった。
他の場所は晴れていたのに!(>_<。
天気予報を見ても自分のいる場所だけは晴れていて、うまくかわしていたのに~。


アルカラ・デ・エナーレス、「セルバンテス賞」の授賞式が行われるサン・イルデフォンソ学院。
サン・イルデフォンソ学院

アルカラ・デ・エナーレス、セルバンテスの生家。
セルバンテスの家

アルカラ・デ・エナーレス、マヒストラル聖堂。
マヒストラル聖堂

アランフェス、王宮。
アランフェスの王宮

メリダ、築 2,000 年以上にもなるローマ橋。
ローマ橋

メリダの世界遺産、円形劇場とローマ劇場の跡。
ローマ劇場

クエンカのカテドラル。
カテドラル

クエンカの宙づりの家 (対岸から)。
遊歩橋
高所 (閉所も狭所も) 恐怖症なワタシ、この "はし" 渡るべからず。バックパックのせいで重心がズレていて、強風に煽られて生きた心地がしなかった。

クエンカの宙づりの家 (下から)。
宙づりの家

クエンカの遠景。
クエンカ遠景


Hasta luego!?
 

移動距離がものすごい?

 投稿者:kai  投稿日:2013年11月25日(月)02時08分26秒
  セビージャからマドリードに戻ってメリダか。
毎度毎度のこととは思うけど、特に今回は移動距離がすごいことになってる?
あっきーの投稿を始めにざっと読んだとき、ヒホンからセビージャまでここ数日で移動したと勘違いして、一瞬のけぞりそうになった笑。

アンダルシアの鉄道網、不便極まりないよね。
首都で清掃スト起きてるような状態では、便利になるのは遥か未来かね。。

ちなみに、昨日代々木公園のイベント会場でスペインフェスをやっていて、行ってみました。航空会社の宣伝(ルフトハンザとトルコ航空)もがんばっていたりしました。
サグラダ・ファミリア完成予告なんかみても、とにもかくにも観光収入確保に必死という感じがするんだよね。本当に完成するかはともかく、予告したってことで、未完成状態も今のうちに見とくかっていう旅行者がわんさか来るわけだからねえ。。

挨拶の複数形のこと、やっぱり気になるよね。
それ、俺も誰かに聞いた覚えがあるんだけど、よくわからないって言われた気がする笑。
ネットで見てみたら、疑問に思ってる人が世界中にいるらしくて、それらしい答えが書いてあったりするけど、どうも確実なものはない様子。もしかして、リズム的に単数形より発音しやすいから?とか考えてみたり。まあ一蹴されそうですが。

中国の発音については、例えば毛沢東は「モウタクトウ」は日本式で、実際は「マオツォトン」みたいな、そういうやつ。王が「オウ」じゃなくて「ワン」とか。海外のニュースで出てくると、ローマ字表記で中国の発音に則ってるから、全然「コウタクミン」とか「シュウキンペイ」じゃない。

フランス語もカタカナ表記に限界はあるとはいえ、そりゃダメだろっていうのいっぱいありそうだね。

セラーノとイベリコの件は、悪意ある聞き間違えだね笑。
で、「si」って言ってしまった場合も、実際はハモンセラーノが出てきて、気付かない、もしくは何も文句を言わなければ、お金はイベリコ分を払わされるのが確実でしょう笑。

では、体調には気をつけて北上してください~


 

旅も終盤

 投稿者:kamakura run  投稿日:2013年11月24日(日)16時33分21秒
  長文レポート、楽しませてもらいました。
イベリコかセラーノかとか…自分だったら理解できずに8ユーロ高くつくな(笑)
「RENFE、AVE だけは定刻通りに走る。寧ろ、定刻より前に到着する。」
日本は定刻通りに来るけど早く来ることはないような…早いと時間調整して遅らせているんだろうか??
車中のオレンジジュースが不味かったことはわかりましたが、食事はどうだった?
自分は機内食とかももの珍しさで写真撮る人なので気になります(^^;
 

返信 その 3。

 投稿者:あっきー。  投稿日:2013年11月23日(土)17時43分8秒
  > 鎌倉ンナーさん

サッカーのことは、全然わからんです。(´・ω・`)
申し訳ない!(>_<。
もし気になるのであれば、ご自身で直接確かめにきてください (笑)。
 

返信 その 2。

 投稿者:あっきー。  投稿日:2013年11月23日(土)17時41分46秒
  > 電気じかけの予言者氏

と前回かいてしまって、ちげーぢゃん! って思ったけどまあ良っかー的な (笑)。(^^;


サッカー ネタはまったくわからんのだけど、ここヨーロッパでサッカーはマラソン、トライアスロンに次いで人気があるスポーツではあるようです?
日産スタジアムでも話したかもだけど、日産スタジアムでサッカーを観戦したことはなくて、荒天でも走れる屋根付き練習場、トラックが無料開放されたとき、プールくらいしか利用したことがなかったもんで。(^^;
あれ、夜勤明けだったから帰宅したあとすぐに寝てしまって、メール返信し忘れているような。。。

予定は未定、不確かな情報は伝えない、良いぢゃん。
オレは先に言ってしまうから、実現したら「有言実行」と良いよう解釈してもらえるだけ (笑)。

では、12/14 にじっくりと聴取させてもらいましょう (笑)。
 

返信 その 1。

 投稿者:あっきー。  投稿日:2013年11月23日(土)17時40分13秒
  > カイ君

佳境…、あと 1 週間だから早いね。(´・ω・`)

アンダルシアにおける足の悪さは、どうにかならんもんかいなっていつも思う。(´・ω・`)
マドリードを中心とした縦移動だけではなく、アンダルシア内 (できれば北部も) の横移動もラクになると良いんだけどね~。
フランスは南仏だけで独立した TGV が走っていると言うのに、スペインはそもそもアンダルシアを横移動する鉄道網すらない。
鉄道網が敷かれたら敷かれたで、バス会社が怒り出すかな。(^^;

そして、ウエルバからの北上ルートと聞いて、「エストレマドゥーラ」が出てくるのは流石です!
ウエルバからサフラ、メリダ、カセレスと通ってマドリードへ入れたらホントに良かったなあ…。


挨拶、カタランとポルトゲスはまんま同じかい (笑)!
そう言えば、スペイン語だけ複数形になるね。
フランス語「ボン・ジュール」も (たぶん) イタリア語「ボン・ジョルノ」も (たぶん) ポルトガル語「ボン・ディーア」も単数形。
スペイン語だけ「ブエノス・ディアス」って複数形になる不思議。


中国語って、そーなの??
オレが知っている人名・地名が「三国志」、「項羽と劉邦」、「水滸伝」に偏っているせいかまったく実感なしです。(^^;

個人的には、某歩き方のフランス版は勘弁してほしい。
「エクス・アン・プロヴァンス」をそのまんま発音したら通じないんだろうな、ってのは想像できた。
「Pau」が「ポー」で通じないなんて、わからんよ。(´・ω・`)
通じるように「プー」ってかいてくれても良いぢゃん。

かと言って、例えば「アルル (Arles)」を「アフゥ」って記載されるとドコ? ってなるんだけどね。(^^;
「ボン・ジュール」も「ボンジュフゥ」つって、ラ行の音をハ行気味に、鼻から抜いて発音すると伝わるなんてカタカナでは表現しにくい。
聞けば、「あー」ってなるとは思うけども。

他には、例えば「ペルピニャン」のアクセントが「ニャ」にあるってのもわからない。
スペイン語だと、チョリソーを「チョ (→) リ (→) ソー (↓)」って注文したら、「チョ (→) リィー (↑) ソー (↓)」って返ってきたときは衝撃だったな。
マドリードのバルで「ボカディージョ・デ・ハモン・セラーノ」を注文して「ハモン・イベリコ?」って訊かれたときは、都会って怖いなって思いました (笑)。
バルでも、前者と後者で 8 ユーロも違うからね。

スペイン語は、「コモ・セ・ジャーマ?」を連発 (笑) すれば正しい発音に行き着けるから良い。
両親がいるときも連発しまくって、何してるんだろう? って感じで見られていたよ。(^^;
オレは、来たからにはひとつでも多くの単語/フレーズを持ち帰りたいんだい!(`・ω・´)
 

@Madrid。

 投稿者:あっきー。  投稿日:2013年11月23日(土)17時39分49秒
  Hola!


やっとこさ、メリダへ行ってきました。
メリダ行きの快速列車に期待通りコンセントがついていて、移動時間を利用してかいたらとんでもなく長文に…。(^^;

メリダはローマの交易路、"銀の道" 上にある街です。
ヒホン → オビエド → レオン → サモラ → サラマンカ → カセレス → メリダ → サフラ → セビージャ
セビージャのグアダルキビル川からローマへ水上輸送していたとのこと。


結局、セビージャからマドリードへきて、マドリードで連泊して。
マドリードに到着してからアルカラ・デ・エナーレスとアランフェスへ行ってきました。
実は、アランフェスも 10 年前のミッシング ピースだったから。(^^;

10 年前はテーマが「ギター」だったから、ホアキン・ロドリーゴが作曲した『アランフェス協奏曲』にあやかってアランフェスへ行ったのでした。
『アランフェス協奏曲』は村治佳織さんがよく弾いていたから、ご存知な方もいるでしょう。
10 年前と違って (?) 今のアランフェスは、新興住宅地って感じでした。

あ、マドリードの清掃ストは終わったらしく、キレイになっていました☆(#≧▽≦#)


通過してきた街の思い出話でも (笑)。
スペインのレオンとビーゴは、3 年前と駅が変わっていました。
レオンはまだ旧駅のすぐ隣だから良くて、ターミナル化された意図がよくわからん。
ビーゴは完全に離れた場所で、ドコに到着したのかわからなかった。(^^;
ビーゴ駅から、ビーゴ・ギサール駅って名前が変わっていたから「?」って感じで、行ってみて謎が解けたと。

ポルトガルのポルトは、マドリード以北にあるだけあって、薄着だとかなり寒かったです。
リスボンは暖かかったし、ゲスト ハウスが快適だった。

リスボンとポルトの坂はスゴイね。
フランスのマルセイユ、スペインのビーゴの比ではなくて、日本だと (行ったことないけど) 尾道、(あんまり記憶にないけど) 長崎レベル?
平面地図からはわからないくらい回り道を強いられる。

ポルトガルにおける黒人の多さもビックリ、2 人に 1 人くらいの割合でいるんぢゃない?
フランスでも多いな、って思っていたけれど、これまた比ぢゃない。
列車やバスのなかで、知り合いでもなさそうな黒人同士で握手するところをちょいちょい見かけました。
全員とするワケではない (全員と握手できないくらい、列車のなかは黒人も多く乗っている) あたり、同郷出身ってのがわかる何か目印みたいなモノがあって同郷同士で握手するんだろうか? って想像してみた。
フランスでは見かけたことがないので、最後までわからんかったなあ。(´・ω・`)


ポルトガル国鉄 CP の列車の種類は 4 種類、一応全部乗れました。
ポルトガル国鉄最速の AP (アルファ・ペンドゥラール)、都市間を結ぶ IC (インテルシダーデ、俗に言うインター シティ)、快速レヒオナル、近郊線ウルバノス。
AP と IC のあいだには、とんでもない差があります。
乗るなら断然 AP、IC の揺れ方は半端ない。

AP の 1 等だと飲み物サービスがあって、安定の「スーモ・デ・ナランハ (オレンジ ジュース)」を頼みました。
ところがどっこい、ビックリするくらいマズイ。
スペインの感覚だと普通に美味しいジュースが出てくるハズなのに、何を混ぜた? ってくらいマズイ。

定刻通り走るか? については、恐ろしく定刻通りでした。
あと、発車番線が日本みたいに初めから決まっているのもありがたい。
フランスやスペインだと発車番線が最初から決まっていなくて、放送に耳を傾けている必要があります。
フランスだと聞き取れないから案内板に目をこらす必要があります。(´・ω・`)
ヘタすると、発車 5 分前まで決まらない場合がある。

スペインの場合、駅によって流れてくる放送が異なるんだけど、大体こんな感じ。
アヴェ (列車の種類)、プロシデンテ・デ (始発駅)、マドリード・プエルタ・デ・アトーチャ、デスティノ (行き先)、バルセロナ・サンツ、ヴィア (発車番線)、クアトロ。
地方駅で同じ行き先の列車が複数表示されている場合、発車時間 (コン・ラ・サリーダ・デ、○○ オーラス・イ ○○ ミヌートス) も一緒にアナウンスされる場合もあり。数字はおっそろしく早口で、高度な聞き取りスキルが要るかも。
最後の数字が発表されると、みんな一斉に動き出す。
それからスペインでは全員の荷物を赤外線チェックして改札があるから、定刻通りに発車できるワケがない (笑)。
快速レヒオナレ (メディア・ディスタンシア含む) と近郊線セルカニアスは荷物チェックなしです。


ポルトガルのヴィラ・レアル・デ・サント・アントニオ (聖アントニオの王村って意味? アントニオ君って何者よ?) からスペインのアジャモンテまでのフェリー、快適でした☆(#≧▽≦#)
風が気持ち良かった。
オレのルートなら 1 時間 10 分、逆ルートなら ー50 分で到着します (笑)。
船に乗っている時間は 10 分ですね。

スペイン国鉄 RENFE、AVE だけは定刻通りに走る。
寧ろ、定刻より前に到着する (笑)。
さらに AVE の 1 等は、シートが革張りになっていました。∑( ̄Д ̄;)
3 年前は革張りだった記憶がない、てか AVE に乗ったっけかな (笑)?
そうそう、マドリード ~ バレンシアに専用線ができた、つって喜んでいたけど、まだ開通していなくてアルヴィアで移動したから AVE に乗ってないね。(^^;
今はマドリード ~ バレンシアが AVE で 1 時間 20 分、アバントで 1 時間 40 分、クエンカは途中駅だからもの凄くアクセスが良くなりました☆(#≧▽≦#)
以前は、アルヴィアで 3 時間以上かかったからスゴイ進歩。

飲み物の他に食事も出る AVE の 1 等 (プレフェレンテ)、オススメです☆(#≧▽≦#)
アバント (Avant) やアルヴィア (Alvia) 等、特急のプレフェレンテでも飲み物と食事が出ます。

フランス国鉄 (SNCF) とイタリア国鉄 (トレニタリア) についてはまた後日。(^^;


残念ながら、ぼちぼちパリへ向かうことを考えないといけないので、現時点での思惑を。

ユーレイル パスの有効期間が 11/27 までなので、11/27 までにパリに入ろうと思います。
11/27 ~ 29 の 3 泊は節約のためにユースホステルに泊まって、11/30 だけ荷物整理と移動のためにパリ北駅そばのホテルに泊まりたい。
パリ 12/1 18:05 発のフライトだから。

クエンカ経由でバレンシアへ行って 1 泊、思い残すことのないようパエッジャとオレンジを食べるんだ!(`・ω・´)
バレンシアからドコかで 1 泊してスペインの北側にある国境駅イルンへ。
エンダイエからフランスに入ったら、ter (ユーレイル パスがあればタダで乗れる急行) を乗り継いで (TGV には乗らずに) パリへ行きたい。
途中、ナントとオルレアンに寄れれば良いなあ。
パリに連泊しているあいだ、ランス、ヴェルサイユへ日帰りでエクスカーションとオルセー美術館へ行ってみたい。

バレンシアを出るときから、上着を今の薄いヤツから厚いモノに代えて、それでも寒かったらパリで現地調達します。


さてさて、どーなるかな。

Hasta luego!
 

写真色々

 投稿者:kamakura run  投稿日:2013年11月22日(金)20時55分37秒
  空や海の景色の良さもさることながら、やっぱり建築物が異国を感じさせるね。
海の向こうに見えるはアフリカ大陸とゆうのがすごい(^^;

それはそうとそっちではワールドカップの話題では盛り上がってる?
 

Cristiano Ronaldo

 投稿者:Passionate Rhythm  投稿日:2013年11月22日(金)19時31分11秒
  Cristiano Ronaldo がハットトリックしてワールドカップ決めたって話を聞いて、また書きに行くかーって思ってて、書きに来たよ(笑

じゃぁ、12月14日に飲むかー。

なお、日産スタジアムで会ったとき、「特に予定ないよー」って回答したけど、その時は本当にこうなると思ってなくて。だから、うそをついてたわけではないの。釈明はしておくよ。
では!
 

セビージャ

 投稿者:kai  投稿日:2013年11月22日(金)14時35分55秒
  再度アンダルシアかあ。旅も佳境ですね、、ってこないだも言ったっけ。

ウエルバ~メリダ一日一便か。。そんなもんなんですかね。

英語通じるのは、ある程度は観光客来るところかもね。

四足歩行の話、俺が見てなかっただけで、世間的にはちゃんと認識されてるニュースかも。

ポルトガル語とフランス語が似てるっていう話、なるほどと思いました。それで思い出したんだけど、カタランのあいさつがポルトガル語と似てるんだなと思ったことがあった。カタランだと「おはよう」がBon dia(ボンディア)、「こんにちは」Bona tarda(ボナタルダ)だから、多分いろいろ比べてもいちばん似てると思う。あと、カモンイスの言葉もカタランで言うと「on la terra acaba i el mar comenca」になるから相当似てるよね。
andはi(イ)だから、そこはフランス語に軍配が上がるし、いろいろだね。

あと、音から入るか字から入るかって話、日本で言うと、中国の人名とか地名を日本式に読むやつやめてほしいなと時々思います。たまに英語のニュースなんかで中国の固有名詞が出てくると、音でも字でもわからないという状態になってしまう。

ちなみに、基本夜更かしなので、とんでもない時間に投稿しててもあしからず笑

では~
 

返信 その 2。

 投稿者:あっきー。  投稿日:2013年11月21日(木)07時33分51秒
  > バニー J さん

ありがとうございます。
まだ大阪マラソンの疲労も回復しきっていないと思うのでご自愛くださいませ。

ここだと、よくご存知であろうランナー、トライアスリートな部分が出ていないから別世界の住人のような気がするかもです。
逆に、ランナー、トライアスリートな部分を知らないヒトもいるワケで。

K.H. さんへの転送もありがとうございました。m(_ _)m
K.H. さんといつ岸根公園でバッタリ会って話したか記憶にないんですが (笑)、横浜から川崎に変更になりましたがヨロシクです。m(_ _)m
その節は「大事なことなので (話を聞くために) もう 1 周走りました」と、ありがとうございました (笑)☆(#≧▽≦#)


最近、スペイン、ポルトガルには行ったことがない、って話をよく聞きます。
主に、弊社のバックオフィスのおねーたま方からなんですが (笑)。
長期 (?) 休暇なので、人事部に情報が筒抜けなのは仕方ないですね。(´・ω・`)

スペインもポルトガルも、とても素晴らしいです。
サグラダ・ファミリアが完成したら、バルセロナはますます混むこと必至です。
息子さんご夫婦と行けたら良いですかね。
うちの両親は滞在が 1 週間だけだったので、超絶駆け足となってしまったのが残念でした。


また気晴らししたくなったら、そーっと覗いてみてください☆(#≧▽≦#)
まあ、あと 10 日で魔法が解けて日本へ帰ります。(´・ω・`)
 

返信 その 1。

 投稿者:あっきー。  投稿日:2013年11月21日(木)07時29分52秒
  > カイ君

お、日本でも満月を見られたんだね!
てか、夜更かしさせてしまって申し訳ない!
翌日の仕事に支障がなかったことを願うばかり…。(-人-)
最初、「見られたかしらん?」ってかいたあと、"?" をつけると返信を強要しているみたいでイヤだと思って "。" にしました。


パエッジャ・ミクスタ、今は鶏肉なのかも知れないけれど、10 年前はウサギだった気がする。
骨ばっかりで食べにくいな、って思った記憶が。

パサパラブラ、YouTube で観られるんだ!
帰国したら観てみようっと。
親父がテレビを点けたらやっていて、たまたま解答が「ハポン (Japon = 日本)」って聞こえたところから興味が沸いたのね。

四足歩行のギネス記録は、MSN のトップ ページのニュースでも載ってたから普通にニュースで流れたんだと思った。∑( ̄Д ̄;)
スペインから見た日本って、「クレヨンしんちゃん」とか「たけしの挑戦状」とか、著しく偏っている気がする…。(--;

流石に、アジャモンテ (Ayamonte)、ウエルバ (Huelva) だと英語は話せなかったね。
ブエナ・スエルタ、機会があったら言ってみます。
ありがとー!


オポルト問題 (?)、納得!
ポルトガル語は、"o" が定冠詞なんだね!!

ロカ岬にあるカモンイスのことば。
「aqui... onde a terra se acaba e o mar comeca」
何で、and ではなくて or なんだろう? ってずっと不思議に思っていたけど謎が解けた。
e が and にあたるポルトガル語で、o は定冠詞だったのか。(^^;

てことは、やっぱりポルトガル語はフランス語に近いね。
and は、↓の感じであると。
スペイン語 = y (イ)
フランス語 = et (エ) → くっついて "&" 記号へ
ポルトガル語 = e (エ)

てことを踏まえると、オポルトってくっついてスペインに伝わったのって、カンボジアから来日して "かぼちゃ" って名前になったのと経緯が似ている気がする。

因みに、ポルトガル語ではチューリッヒをズーリックと言うらしいよ。
ホテル名を眺めていて気づいた。
あるアメリカ人、実はスペイン語よりもポルトガル語の勉強をしていたとか (笑)。

あとは、音から入るか、字から入るかによって変わるんだろうね。
音から入れば自分らの言語で発音できるような字を宛てるんだろーけど、字を見たら自分らの発音しやすいように読んぢゃう。
聖ヤコブが、フランス語では "サン・ジャック"、スペイン語では "サンティアゴ" と。(´・ω・`)

同じ字を読んでも、ヒトによって解釈は様々ってことかな。
てことで、おあとがよろしいようで…。(^^;
 

@Sevilla。

 投稿者:あっきー。  投稿日:2013年11月21日(木)07時26分18秒
 

Hola!


日本ではいち早くボジョレー ヌーヴォーが解禁されましたね。
飲んだヒトもいるでしょう。
オレは、スペインにいるあいだは Rioja しか飲まないけどね!
あと、ポルト ワインを飲んでみたら、度数が普通のワインより高くて香り的にもシェリー酒を飲んでいるよう。

とまあ、そんなワケでセビージャにいるワケです。(^^;
ウエルバからメリダへ行く電車が 1 日 1 便、、、もっと出せつってんだろお~。
と言いたくなるよーな、そんなダイヤ。
行き方を再考する必要がちょっとあり。

あ、大泉洋的な口ぶりで思い出した!
tvk での「水曜どうでしょう」は、いつまで屋久島での釣り対決?
屋久島での釣り対決のあとって何だっけ?


やっぱり、スペインが良いです。
最近、スペイン語がわかるよーになってきた気がする。
人間の耳の慣れって、素晴らしいようで恐ろしい。

と思っていたら、ウエルバ駅で列車を待っているときにおばちゃんに話しかけられて。
一方的にスペイン語で捲し立てられたら、何を言っているのかさっぱりわからんかった。(´・ω・`)


ロカ岬、行ってきました!
すごい眺めと強風でした。

土産物屋で絵はがきと切手を買おうとしたら、何と切手は置いていないと?!∑( ̄Д ̄;)
集配は 11 時に 1 日 1 回だけだし、どのみち間に合ってないなあ、と思っていたら、12 時頃にシントラ郵便局からバイクで集配にきた!
シントラから出すのと同じ??
てことで、シントラの郵便局で切手を購入して投函 (窓口でそのまま手渡し) しました。
わざわざ書きにくい、ロカ岬の観光案内所でムリして書かなくても良かった…。orz
字が、、、字がぁ~~~! ※ムスカ大佐の気分で。
今後、ロカ岬から絵はがきを出したいと考えているヒト、切手と集配時間は要注意です。


最近、写真の紹介を忘れていたのでまとめて (笑)。(^^;
タリファから見たアフリカ大陸。
タリファ

セビージャのカテドラル (夜)。
セビージャのカテドラル (夜)

セビージャのカテドラル。
セビージャのカテドラル

レオンのカテドラル。
レオンのカテドラル

ポルトのサン・ベント駅にいたサンタ ガール (笑)。
サンタ ガール

ポルトのカテドラル。
ポルトのカテドラル

リスボンのカテドラル。
リスボンのカテドラル

リスボンのエストレーラ聖堂。
エストレーラ聖堂

ロカ岬 1。
ロカ岬 1

ロカ岬 2 (柵を越えるときは自己責任で!)。
ロカ岬 2


Hasta luego!

 

(無題)

 投稿者:バニーJ  投稿日:2013年11月20日(水)11時02分15秒
  こんにちは。
一気読みしたらさすがに疲れました。
私の日常が悲惨な状態なのでここは何だか別の世界の出来事のようです。
時々気晴らしにきます。
そういえばスペインとポルトガルは未踏です。

あ、遅くなりましたがメールありがとうございました。
KHさんには転送しておきました。
 

満月見ました。

 投稿者:kai  投稿日:2013年11月20日(水)02時16分7秒
  題名でちょっと悩んだりして、結局今まではあいさつを入れてたんですが、今回はあっきー文から満月ネタを拾いました笑。多分これからも拾うのでよろしく。

paella mixtaはたいがい鶏肉で、ウサギもあると思う。もともとはウサギとかいう話だったような。ちょっと怪しいです。

pasapalabraって聞き覚えあると思って、youtubeで見たら、確かにやってたやってた!
改めて見ると、スペイン語のリスニングの勉強になりそう。

ニュースはN○Kの吹き替えですかね。四足歩行の話とか知らんけど笑。

スペイン人の英語なるほど~。タリファとかへレスとかだとすごいね。

ちなみに「がんばって」はBuena suerteですかね。Good luckのスペイン語。

さて、オポルト問題、実は気になってたことがあります!あれはOがポルトガル語の定冠詞で、くっついたものがそのまま丸ごと地名だと思ってスペインに伝わったのではないかという説が有力だったと思う。ポルトガル語の固有名詞にいつ定冠詞がつくのかとかよく知らないけど、ポルトにはOがつく話だったような。

子供の頃に持っていた世界地図に「オポルト」と書いてあって、僕はずっとオポルトと思ってたんだけど、スペインにいたときに、あるアメリカ人と話してて「今度ポルトガルのポルトに行く」と言ったため、「え、ああ、オポルトのこと?」となって、何だその「オ」は、って話になり、ネットで調べたりしてました。

地名も結構言語によって違ってびっくりすることがあった。アメリカの人が「チューリヒ」のことを「ズーリック」って言ったりとか。スペイン語もニューヨークがヌエバヨルクだったりするし。

エストゥレマドゥーラ、大変よさそう。
更新期待してます!

ではでは~

 

@Lisboa。

 投稿者:あっきー。  投稿日:2013年11月19日(火)05時53分2秒
  Hola!


てことで、ポルトガルの首都にいます。
昨晩の満月、日本でも見られたかしらん。

昨日、レオンから 7 時間以上かけてビーゴに到着して、わかっていた "魔の日曜日" を遺憾なく体験してポルトへ移動しました。
今日はポルトからリスボンへ移動してきました。
明日はロカ岬へ行ってきて、夜行でマドリードへ帰らずもう 1 泊リスボンに泊まります。
ユーレイル パスが有効中にしては珍しく連泊です。
明後日、リスボン → ファーロ → ヴィラ・レアル・デ・サント・アントニオへ列車で移動し、グアディアナ川をフェリーで越えてアヤモンテからスペインに戻って、ウエルバまでバス移動、ウエルバからメリダ、カセレス経由でマドリードへ帰るルートに心を惹かれたからです。
特に、フェリーが熱い!
このルート、1 日では移動できないので最悪の場合セビージャをまた通る可能性があるってゆぅ。(^^;


昨日、特に苦労したのがやっぱりポルトガルへの道、でした。
ポルトガルのポルトのことを、スペイン語で "オポルト" って言うのはナゼ??
時刻表の到着時間にスペイン時間とポルトガル時間が記載されていたから、たぶんポルト行きってことなんだろう、と判断しました。
偶然にも、オレと同じルートで行こうとするモノ好きな (笑) 新婚旅行中っぽい日本人のカップルと発車前に列車内で遭遇して、「こんにちわ」って声をかけたら「ポルト行きで合ってますかね?」と訊かれたけれどこっちが知りたい。
結果としては合ってました。

そして、一番気になっていた言語問題は、スペイン語で問題なしです☆(#≧▽≦#)
「グラシアス」を「オブリガード」に置き換えれば良いだけ。「グラシアス」ってうっかり言ってしまっても、ニヤッとされるだけ。
「クアント・クエスタ (いくら)?」って質問の答え、数字も難なく聞き取れましたとさ。
ポルトゲスを母国語にするヒトたちだからエスパニョールは外国語、スペイン人よりも優しい感じ。

ポルトガル語の不思議、単語にない音が発音されること。
ポルトの主要駅、カンパニャン (Campanha) 駅はオレには「カンパーニャ」としか読めない。(´・ω・`)
駅である「エシュタソーン (estacao)」も「エスタサオ」としか読めない。
"n" がドコからともなく沸いてくる。
フランス語が単語すべてを発音しない言葉の急ブレーキ、スペイン語が単語すべてを発音する言葉の惰性走行、ならポルトガル語は出会い頭の…?
聞いている感じではフランス語に近い気がする。


今、バックパックのなかにはポルトで仕入れたポルト ワインがあります。
連泊の宿 (てかゲスト ハウス) では飲めなさそうなので、スペインへ帰ってからのお楽しみですな。
リスボンの路地裏にあるバルで食べた、7 ユーロの定食についてきたハウス ワインですら美味し
かったから期待大♪o(^▽^)o


Hasta luego!
 

返信 その 3。

 投稿者:あっきー。  投稿日:2013年11月17日(日)17時26分35秒
  > カイ君

アンダルシアの効率的な動き方は任せてよ (笑)!
ユーレイル パス縛りがなければ、もっと自在に動けるよ。

そう、親父はバルセロナくらいしか行ったことがなくて、お袋が主要な観光地はほっとんど行っていて。
マドリード、バルセロナ、セビージャはもちろん、アンダルシアの白い家としか紹介されていないミハスやらなんちゃら・デ・ラ・フロンテーラやらまで行っていると。
行っていないところを探すのが大変で、今回はバレンシア (何で行っていないんだ?!)、ロンダ、アルヘシラス、タリファ、カディス、ヘレス・デ・ラ・フロンテーラへ行きましたとさ。
ホントは親父向けにもレオンへ行きたかったんだけど、金曜の午後は列車が満席でマドリードに帰ってこられなくなるから辞めた。(´・ω・`)


テレビで面白いのは、パサパラブラ (Pasapalabra)? って、クイズ番組なんだよね (笑)。
毎日やってるのがすごい。

ニュースだと、四足歩行で走るギネス記録を日本人が更新した、とか。
福島 (双葉、南相馬、郡山) へ取材しに行って、放射線の濃度を計測してレポートする、とか。
スペイン語への吹き替えがジャマな内容もありました (笑)。


その気になれば、ってのがミソだよね (笑)。
フランス人 (若者でも) の英語力は安定していて安心したんだよね、ヨーロッパって感じ (笑)。
都会、、、今回スペイン第 1 ~ 4 の都市を文字通り周遊して、加えて田舎 (?) も侮れないなって思った。
タリファのホテルマン、ヘレス・デ・ラ・フロンテーラのバルのバーテンも普通に英語を話せてビックリ。
マドリードの 4 ツ星ホテルで英語を話せない若いねーちゃんには、安心したけど困った (笑)。
ベッド メイキングができていなくてお願いしに行ったのは初めてだったから。

ランナーはランナーを引き寄せる、ってのが実感としてあるんだけど、今回はトライアスリートを引き寄せたっぽい。(^^;
タリファのマッチョなホテルマンが、実はトライアスリートだったってゆぅ。∑( ̄Д ̄;)
チェック アウトしようとしたとき、ラン シューズを持っていたから、あれ? って気がしていたら、町中でバッタリ走っているところに出くわすとゆぅ。(^^;
12/8、タリファでクロス カントリーの有名な大会があるらしく出るんだそうで。

タリファではトライアスロンも開催されるらしくて、ただ坂が多いからロードではなくマウンテン バイクを使うんだって。
何か有名なスポーツ選手? が泊まりにきたことがあったらしくて写真を見せてくれたけどさっぱりわからんかった。(^^;
オレがわかるスペイン人のスポーツ選手は、F. アロンソ (F1) と J. ゴメス (トライアスロン) くらい。

最後に、日本語を教えてきました (笑)。
「がんばって!」つって。
スペイン語で何て言うかわからんかっただけ (笑)。(^^;?
 

返信 その 2。

 投稿者:あっきー。  投稿日:2013年11月17日(日)17時23分9秒
  > 電気じかけの予言者氏

メッセージ (笑) ありがとう!
帰国するときは 22 世紀、からぢゃなくて 8 時間遅れの国から時を超えてですケド (笑)。

てか、ちょっと!
気になって夜もぐっすり眠れないぢゃん (笑)!
旅のなかばでぶっこんでくれたねぇ。
12/14 (土) はいかが??

出国するとき、例によって空港でクボちゃんと会ったよ。
デジカメの写真、第 1 号を飾ってくれました。
言い換えると、試し撮りの被写体になってくれた、と (笑)。
中学、高校が成田で良かったと思える数少ない事例だね。


オレらにしか伝わらない部分も多々あると思うけど、まあ良いよね (笑)。
流石に、20 年以上の付き合いにもなればね。
 

返信 その 1。

 投稿者:あっきー。  投稿日:2013年11月17日(日)16時02分54秒
  > 鎌倉ンナーさん

ん、パエッジャ・バレンシアーナに対して曲解があるよーな。。。
カイ君にも補足してもらえると助かるけど、パエッジャ・ミクスタにも肉が入っているよね。
牛だか豚だかウサギだか?
バレンシアーナは、鶏肉と空豆とモロッコ インゲンが入ったパエッジャです。

パエッジャは、主にマリスコス (シーフード)、ネグロ (イカ墨)、肉と海鮮がごっちゃになったミクスタ (ミクスト?) があります。
マドリードでもバルセロナでも食べられるのは、大体この辺。
バレンシアーナが食べられるのは、スペイン国内でも地域が限られています。
あと、パスタ (マカロニ?) のパエッジャってのもあるけど、パエッジャは旅行中の米食なので却下。

ネグロはイカとムール貝と何か、マリスコスはエビとムール貝と何かが入っていた気がします。
バレンシアーナ以外には、ムール貝が漏れなくついてくる、と。


調べてくれてありがとう!
因みに、人形町駅近辺に常駐していたとき (2007 年夏頃、あの御苑へ行く直前)、小伝馬町駅の近くにスペイン料理のお店があるのを発見して行ってみました。
行ったのは一度きりです (笑)。
つまり、日本のスペイン料理店ってのはそーゆーことです。

さらに付け加えておくと、パエッジャはスペインでは "おかず" です。
あくまでも、パンを食べるためのもの。
お好み焼きでご飯を食べる関西人みたいなもの?
てこともあって、日本人以外がパエッジャを食べているところをほとんど見たことがないんよ。(´・ω・`)

そもそも、Rioja ですら納得できるモノを輸入してくれないからね。(´・ω・`)
8 年前に勘違いされたみたいに、オレ自身で輸入業を営むしかない (笑)?!
 

@Leon。

 投稿者:あっきー。  投稿日:2013年11月17日(日)14時23分3秒
  Hola!


マドリードで両親をリリースし、ポルトガルへと進軍を開始しました!
"ポルトガ" と言えば!
王様に会って、"くろこしょう" と引き替えに船をもらうんだ!(`・ω・´)
バラモスを倒したあとなら、"ゆうわくのけん" をもらえるんだ!
ダーマでの転職はまだ良いかな (笑)。

まったく知らない言語圏へ行くってことで、こー見えて緊張しておりますです。
それは、初めてフランスへ行ったとき (8 年前)、初めてイタリアへ行ったとき (3 年前) に似た感じ。
「オブリガード」以外は、スペイン語でゴリ押ししてみる (笑)!(`・ω・´)

両親は日本時間で 11/16 22:10、マドリードのバラハス空港からドバイ経由で帰国の途に就いているハズ。
もしかして、もう日本に着いている?


ポルトガルへの道がねぇ、ないんですよ。(´・ω・`)
マドリードからリスボン行きの夜行列車 (1 便 / 1日) か、ビーゴからポルト行きの快速 (2 便 / 1日) か。※バスは除く。
てことで、ビーゴ経由を選択してレオンにいるワケです。
帰りは、夜行でマドリードへ帰る予定。
順調に行けば、2 日後にはロカ岬に届く?

レオンは 3 年前にもきた、サンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼の道上にある街です。
昨日の夕方、3 年前と同じくベルネスガ川沿いを走っておきました☆(#≧▽≦#)
いやあ、まさか 1 時間走れずちょっとショートしてしまうとは…。(^^;
せめて、手袋があれば良かったなあ。

マドリードの 13 ℃ (昨日)、セゴビアの 10 ℃ (数日前) よりも寒い 5 ℃!
マドリードから来る途中、車窓から見えた風景ががっつりと冠雪しておりました。
強い北風が吹くなか、ウィンド ブレーカーだけで走るのはムリぽよ~。


ポルトガル、何がメンドーって、時差が 9 時間 (GMT と一致) でスペインよりも 1 時間遅いことなんだよね。(´・ω・`)
数日しかいないから、時計を合わせずに通り抜けるつもり。


Hasta luego!
 

こんばんは。

 投稿者:kai  投稿日:2013年11月17日(日)01時08分14秒
  旅も佳境ですかね。

ゴミのスト、ニュース記事でも見たけどいやはや。。
鉄道も不穏な感じで。

若い人とか、都会の人の英語力は結構上がってるらしい。
そもそも、スペイン語と英語は共通ボキャブラリーが結構あるわけだから、その気になれば日本人よりも格段に勉強しやすいはず。

あと、駆け足な行程、お疲れ様です。
マドリード~タリファの行程なんか、ものすごい!
一日でうまく回れるもんだね~。
アンダルシアの主要都市は、ご両親もすでに踏破済みってこと?

日本人の強みかあ、う~む。。
何かつかんだらぜひ教えてください。

Hasta luego~
 

どもども

 投稿者:Passionate Rhythm  投稿日:2013年11月16日(土)10時35分6秒
  なんか、久々に書くので、名前も新しいものにしてみたよ。
名前はElectric Prophetと迷ったけど、まぁ、そんな感じで誰だかわかったでしょう。

無事で何より。
帰国後、もしかすると伝えないといけないことが
あるかもしれんので、無事に帰ってきてね~。
ではでは!
 

バレンシア

 投稿者:kamakura run  投稿日:2013年11月14日(木)21時40分3秒
  バレンシア風パエリアってどんなんだろうと思って調べたら「肉」のパエリアなんだね。
パエリアの発祥の地がバレンシアって事だからこっちが本来で、日本の魚介類のものが後発なんだ…勉強になった!
ちなみに調べてたら東京の門前仲町の「バレ パエージャ」ってお店では、バレンシア風パエリアが食べられるらしいよ。
帰国後チェックしてみては~?
 

返信。

 投稿者:あっきー。  投稿日:2013年11月14日(木)17時05分33秒
  > カイ君

時事ネタ助かりました。
まあ、気をつけようもなかったけど (笑)。

約 10 年前、カイ君と一緒にミラに登ったときにそんな値段しなかったと思うんだよね。
サグラダ・ファミリアがエレベーターつきで 8 ユーロに高い! でもせっかくだから登っておくか、って感じだったと思うので。
バトリョ、グエル邸も入っといて良かった☆(#≧▽≦#)
グエル公園まで入場料を取るのか…。(--;


スペイン人の英語力がめちゃくちゃ上がっていてビックリなんですが…。(--;
「プエデ・アブラール・イングレス?」、「ノ!」なヒトたちが、「スピーキング イングリッシュ?」って訊いてくる。
でもって、普通のスピードで話してくる。オレは日本語で話すほど早くは喋れない。
ヒトによっては、スペイン語なまりもなく喋れる。

ここ数日、日本人の強みって何だろう? ってのを探すのがテーマっすわ。
 

@Tarifa。

 投稿者:あっきー。  投稿日:2013年11月14日(木)16時46分58秒
  Hola!

アフリカ大陸まで 15km、スペイン最南端 (≠ ユーラシア大陸最南端) の街、タリファにいます。
すぐそこがジブラルタル海峡、地中海と大西洋の分かれ目です。

バレンシアを出て以来、1 日中移動して翌早朝出発だから早く寝る、的な生活をしております。
両親がいられる日数が限られているから、どーしても駆け足気味に…。

行程。
一昨日。
バレンシア → マドリード、セゴビア

昨日。
マドリード → ロンダ → アルヘシラス → タリファ。


セゴビアは世界遺産の水道橋が超絶に有名ですが、ディズニー好きならシンデレラ城のモデルとなったらしいアルカサルの方が受けが良いかも。
オレ的には、10 年前のミッシング ピースの回収☆(#≧▽≦#)
回収できていないのはクエンカだけかな。
首締め強盗に遭ったコルドバを除いて (笑)。

前回は行っていないから、8 年振りのアンダルシア。
やっぱり、アンダルシアは良いねぇ!
陽気過ぎるアンダルシー (アンダルシア人)。

ロンダは、断崖絶壁にある街。
数年前、織田裕二主演の映画で使われていたから記憶にあるヒトもいるのでわ?
(オレは映画を観ていないケド (笑))

アルヘシラス → タリファ → カディスはバス移動です。
ジブラルタルのあるラ・リネアは、アルヘシラスから逆方向だったのでタリファに寄ることにしました。
8 年前、マラガから移動したから記憶と実際の位置関係がごっちゃになっていたってゆぅ。(^^;


カイ君から情報があった通り、マドリードは清掃ストがあって最悪な状態です。
スーツケースのキャスターにゴミが絡まりそーなくらい、散乱しています。
オレはバックパックだからキャスターはないけれど、歩きにくい。

鉄道ストと関係あるかわからないけれど、昨日乗ったアルヘシラス行きのアルタリアも遅れに遅れた挙げ句、ロンダ止まりとなりました。
AVE (新幹線) とセルカニアスはちゃんと動いているっぽい。


写真をまとめて。
セゴビア。
水道橋。
セゴビア水道橋
カテドラル。
セゴビアのカテドラル
アルカサル。
セゴビアのアルカサル
水道橋の先端がどうなっているか、気になりませんか?
てことで行ってみた。
セゴビア水道橋の極

マドリードのプエルタ・デル・ソル、クリスマス仕様。
プエルタ・デル・ソル

ロンダのヌエボ橋。
ロンダ橋 1

ジブラルタルをバス車内から。
ジブラルタル

タリファから、アフリカ大陸の灯。
アフリカ大陸


Hasta luego!
 

なるほど~

 投稿者:kai  投稿日:2013年11月14日(木)13時03分16秒
  カタルーニャ祭り、なんだかコンセプトのよくわからん祭りだね。あっきーが言ってた、グラシア通りのもそれと関係あるのかと思ったけど、どうやらサンツの辺だけっぽい。
あと、サグラダファミリアなどの入場料、そこまで高騰していたとは・・
しかも、先月からグエル公園も入場料取り始めたらしいね。ガウディさまさまですな。
あ、ちなみに名前出し、全然OKです。むしろ栄誉と思ってますので(笑)
 

返信。

 投稿者:あっきー。  投稿日:2013年11月11日(月)22時57分57秒
  > カイ君。

あざーっす!
カイ君なら名前を出しても大丈夫かな、と。(^^;
んでもって、早い! そのうち返信があるかな、くらいに思っていたから。

なるほど!
確かに、メトロの駅名は「Sants Estacio」だね。
見慣れたモノほど見落としがち。(^^;

そして、fins って、、、カタランまでは流石に手を伸ばせないなあ。(´・ω・`)

あ、そうそう。
「proxima parada」にあたるフランス語は、「prochain arret (プロシェン・アレ)」っぽい。
RENFE のラヒオナルと SNCF の ter 較べ (笑)。


クリスマスね、その発想はなかった (笑)!(`・ω・´)
あ、「カタルーニャ祭り」的なモノをサンツ駅の近く、泊まったホテルの真ん前でやっていたよ!
観覧車やらジェット コースターやらパイレーツやら、色んなアトラクションが出ていて賑やかでした。
遊園地
 

@Valencia。

 投稿者:あっきー。  投稿日:2013年11月11日(月)22時25分21秒
  Hola!


まずは、両親をバルセロナでキャッチできました。
プラット空港まで迎えに行ったけど (笑)。
個人的にも、久し振りにプラット空港へ行って、pans & OOMPANY があって満足しました (笑)。

バルセロナとバレンシアはとても過ごしやすい気候で良い感じです。
バレンシアでいつものファースト フード店で早速パエッジャ (パエリアとも) をテイク アウトしてホテルの部屋で食べました☆(#≧▽≦#)
う~ん、サイコー!(#≧▽≦#)
やっぱり、パエッジャを食べるならバレンシア風 (バレンシアーナ) に限るね、日本では食べられないけれども (笑)。

ところで、バルセロナ。
ガウディ建築の拝観料が、おっそろしく高騰していてビックリです。
工期が 150 年も短縮ってゆぅ、空前絶後のアヘッドしそーなサクラダ・ファミリア。
中に入るだけで 13 ユーロ、エレベーターつきで 18 ユーロですって?!∑( ̄Д ̄;)

カサ・ミラで 13 ユーロ、グエル邸で 10 ユーロ。/(^O^)\
すべて外観だけ撮影した (笑) から、一部の写真を披露します。


サクラダ・ファミリアの 4 本の尖塔正面。
サクラダ・ファミリア
サクラダ・ファミリアの裏側 (?)。
サクラダ・ファミリア
日中のカサ・バトリョ。
カサ・バトリョ
カサ・ミラ。
カサ・ミラ
グエル邸。
グエル邸
夕陽に染まるカテドラル。
カテドラル


Hasta luego!
 

Hola!

 投稿者:kai  投稿日:2013年11月11日(月)00時20分25秒
  早速スペイン入りなんだね!

あっきー旅行記のファンとしては、自分の名前が出てくるのは、園遊会に呼ばれるぐらい光栄なことで、、って余計な時事ネタはいらないかね(笑)

バルセロナの質問だけど、properaは確かにカタランの「次の」です。
男性形はproperで、スペイン語でよく付いている最後のoはカタランでは取れます。あと、-cionのnも取れたり。
あと、hastaとjusqueって話あったけど、カタランはfinsだからまた全然違う。なんでか知らないけど不思議だよね。

それから、グラシア通りの飾りつけって、多分クリスマスのイルミネーションの準備じゃないかなあ。実際に使うのはまだ若干後な気がするけど、準備だけは早く始めてるのかも。

なんか最近、鉄道とかごみ清掃とかのストが多いらしいから、気を付けて。

ではでは~

 

返信。

 投稿者:あっきー。  投稿日:2013年11月10日(日)18時17分52秒
  > 鎌倉ンナーさん

遅くなりました。
ナゼにローマ字??

閑話休題。
そー言えば、誰からも何もないなあって思っていました (笑)。
書き込みありがとう!

PC とスマホの時間は (設定して直すのがメンドーだから) 日本時間のまんまです (笑)。
だから、右下を見ると日本時間がわかるってゆぅ☆(#≧▽≦#)
腕時計だけ、日本から 8 時間遅れで進んでいます。
時間を間違えると、迷惑メールすることになっちゃうからね。


そー言えば、「ヨーロッパへ行く」って話したときに「大会ですか?」って訊いてきたヒトが、全体の約 2 割 (maybe more?) いました (笑)。(^^;
そんな方に「ただの帰国」って言うと、あっさり納得してくれる不思議。

てことで、大会の予定はないっす。(^^;
ジョギング シューズしかないし、そもそも大会で走れるウェアがないよん。
とは言え、たまたまバッティングして当日参加できるんなら出たいかも♪o(^▽^)o


ライブ情報については、今のところアップデートなしです。(^^;
ご迷惑おかけしますが、もうちょい (ギリ× 2 まで?) お待ちを。m(_ _)m
 

レンタル掲示板
/2