投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


釣行してますね

 投稿者:hirune  投稿日:2017年10月12日(木)06時07分54秒
  ※※釣行してますね
釣行してますね。
釣りに行きて~、今の気持ちです。
もう少しで仕事も終了するので、潮と天気を見て釣行予定ですが、天気予報を見ると雨が増え
てます。残念

「アジ6尾(23~25cm)・マダイ50cm 1尾」、私なら、マダイの50cmが釣れただ
けで大喜びしてまよ、それにアジもサイズが良いです、羨ましい。

なんとかサイズアップをと思っていますが、いかんせん波止専門釣り師の私、むちゃくちゃ釣
り人に叩かれてる場所での釣りなので、サイズアップと言っても、諦める所は諦めるしかない
かと思います。

タタキ漁は私の場合は、他の釣り人なのかな(笑い)
それでも、常夜灯のある波止はアジが集まる場所なので、希望はあります、それになにより釣
りやすいですからね。

※※放流
キジハタ(アコウ)の放流は良く聞きます、マダイの放流も聞きますね、それで、七五三にマ
ダイが釣れたのは、いい話です、私も嬉しくなりました。

と言うのは、毎回最低でも孫の為に、刺身になるアジを釣りたいと思っているからです、だか
ら、20cmが2~3匹釣れたら、安堵します。

※※釣り場所
釣るポイントを探さないとダメかなと、感じています、山口まで行くと、名の知れた場所に行
きますが、そうでなく、自分の釣りに合った場所もあると思うのです、それは呉でも同じで、
良さそうな場所があっても、いつもの場所に行ってしまいます。

反面、釣る場所を変えると、また1からになるのが辛い所です、I島でもH島でも、そしてM
島も、今まで積み重ねたものがありますからね、それを大事にする方が良いのか、坊主覚悟で
新しい場所も開拓すべきなのか、悩みます。

ただ、2週間に一度の釣りなので、坊主覚悟で新しい場所の開拓はハードルが高い。
だから、私は、同じ場所でも仕掛けを工夫してなんとか釣れないかと思うのかもしれません
ね。

それでは「see you」です。
 

釣れていません!

 投稿者:幸坊  投稿日:2017年10月11日(水)17時18分49秒
  10/10~11の釣果です。アジ6尾(23~25cm)・マダイ50cm 1尾。たったの
これだけでした。
 アジはユウマズメのから2時間、マダイは21時に釣りました。その後は当りなく、他は何にも釣れませんでした。地元の情報通りでしたが こんなにも釣れないとは。ポイントは3ヶ所です。

 マダイは漁協が放流(3万尾/毎年)している成果か?ここ2~3年よく釣れる。孫の7・5・3祝い用に、面目が保てた。

 釣れない原因は タタキ漁・タチがいた・沖にはエイが沢山いたから 表層(4mまで)の魚は影響があるようです。カタクチイワシの不漁など・・・・よくは分かりませんが?

 もし H島釣行予定がありましたら先延ばしされることを お薦めします。

次回の釣行予定は闇夜の大潮の時か 潮の流れのいいところを小潮の時か?

 see you
 

仕掛けで遊ぶ

 投稿者:hirune  投稿日:2017年10月 7日(土)13時10分8秒
  ※※アジ情報
アジ情報、嬉しいです。
やっと、シーズンインですかね、しかし、H島の波止ではサイズが伸びません、前のH島のア
ジ釣りでは、サイズが上がった時点で、メバル釣りに移行したのが残念です。

あの時、もう少し続けていればとサイズアップしたかもしれません、しかし、一月に二度の釣
行ペースなので、続けたとしても後二回だったと思います。

その分、メバル釣りは面白かった、プラグの使い方も、自分で言うのも変ですが、上手くなっ
たと思います、その上で、今やってる浮き釣りが、メバル釣りにどのように影響するか(悪く
なるかもしれませんが)、考えただけで、早く釣りたいとウキウキ(浮きだけに)します。

※※イリコ
イリコの無塩とか知りませんでした、私が味噌汁に使ってるイリコを調べてみますね。
いろいろと勉強になります。

それから、黒っぽいのは日本海さんなんですね。
通常、瀬戸内海産を買うようにしてますから大丈夫と思います、それから、面白いのは、アジ
のイリコもあるんですね、トビウオは良く聞きますが、アジですか、フン~ン。

アジのイリコは売り物ではない様なので、私は出汁にできませんね。

※※オモリ
制作中のオモリの加工は終わったので、後はハンダで固定の所まで来ました、このオモリで上
手くいくのか分かりませんが、せっせと作っています、作るの好きです。

今まで、失敗作は沢山あります、しかし、失敗も無駄にはなりません。

※※絡み
浮きの仕掛けで三つ叉サルカンの部分で絡む事もほぼなくなりました、この対策は簡単でし
た、三つ叉サルカンの三カ所にウキゴムをはめただけです、それから、遠投後のサミング(糸
を手で押さえてオモリにブレーキを掛けワームを先頭にする事)もやっています。

ですから、浮き釣りの不安はなくなりました、後はオモリの根掛かりを少しでも減らす事で
す。
そうそう、敷石際はこの仕掛けでなく、他の仕掛けを使おうと思いつきましたから、沖の根掛
かりをなんとかできれば成功です。

なんだか釣果はそっちのけで、仕掛けで遊んでますね。
それでは「see you」です。
 

山口新聞は〇?

 投稿者:幸坊  投稿日:2017年10月 6日(金)20時51分22秒
   イリコは瀬戸内産で作っているところで まとめ買いをしています。前回のメールは 言葉足らずで誤解を与えそうなので記しています。 最近はスーパーの乾物売り場でも無塩のイリコを売っていますが、あまりにも高いのでまとめ買いをしています。
 普通のイリコの製造は海水に塩を添加した海水で煮つめて作られていますが、無塩のイリコはカタクチイワシを水洗してから 水でゆで上げています。だから 鮮度保持が難しいのか 値段は高いのです。?今のイリコは冷凍ものを小出ししながら 在庫調整をしながら販売してるので 買いだめをしなくてもいいのです。

 瀬戸内でも 音戸・上関周りは いいイリコが獲れます。秋こぐちまでに獲れるイリコは最高らしいです。(イリコ生産者曰く)また黄色くなったイリコは脂が回っているから買いませんし、黒っぽいイリコは 日本海産ですからこれも買いません。

 ついでですが 7~8cmのアジで作るイリコは最高です。H島でよく出会う釣り人の お母さんに分けて貰いました。アジは 最高! 「see you」

 追:タイトルのことを忘れていました。すみません、最初に書くべきでした。大島の安下庄で25cmが回ってきているようです。今までは23cmどまりでしたが いい朗報記事を見ました。
もちろん アジです。

  
 

気になりますね

 投稿者:hirune  投稿日:2017年10月 6日(金)08時12分13秒
編集済
  ※※気になる
カタクチイワシが捕れない、または、遅れていると言うのは、気になりますね。
なにせ、アジの餌ですから。

※※優雅な生活
それにしても、話はそれますが、イリコを買うのに電話ですか、優雅な生活ですね、私はスー
パーで、多少黄色くなったイリコを、しょうかないかと思って買っています。
味噌汁にはイリコの出汁が瀬戸内海のアジですよね、私は好きです。

話を戻して、毎年少しずつ釣れなくなってると感じます。
まあしかし、良い年も悪い年もあるので、こればっかりはどうしようもない、釣れない年にこ
そ仕掛けを考えて、他の釣り人と違うやり方で、他の釣り人より沢山釣りたいですね。

※※調整して釣行
今寝る前に仕掛け(オモリ)を作っています、なんだか仕事が増えて、次の釣行までに仕掛け
が作れない。
なもんで、次の大潮、中潮も仕事です。

でも、仕事の合間を見つけて魚釣りに行くのが、一番気持ちが良いので、なんとか調整して釣
行しますよ、「釣れても、釣れないくても、どうでも良い」そんな気持ちでいます。

また、釣果を教えてください、私は次はI島に行きますが、H島にも行きますよ。

南蛮漬け美味そう、それでは「see you」です。

 

気になる 情報

 投稿者:幸坊  投稿日:2017年10月 5日(木)20時52分50秒
   風は収まらず、釣りを中止。味噌つぶし(ミンサーに掛ける)を済ませて イリコの調達で電話。いつもの カタクチイワシが獲れていないとのこと、来月まで 待ってもらうといいのですが、と。 こんなことはなかったのですが、朝市の漁師の「可笑しい」の一言とダブッテ考えてしまう。 アジとメバルが釣れれば 全く問題はないのですが。

 次回の釣行はどうなるのか?

 朝市のデンゴ、南蛮漬けの食べごろで夕餉で食す。「うまい!」「see you」 
 

根掛かり

 投稿者:hirune  投稿日:2017年10月 3日(火)07時50分37秒
  ※※水清ければ魚棲まず
例年より釣れないと私ごときでも思っています。
アジが岸に寄らなくなってると言うのは、あるテスターさんの言葉です。
テスターさんは情報を沢山もっているでしょうから、真実味がありますね。

「海は きれいになったようだが」とは、藻のゴミがなくなってと言う意味でしょうか、それ
とも、海水が綺麗になったと言う意味ですか、もし、後者なら、瀬戸内海の貧栄養化の影響か
もしれません。

「水清ければ魚棲まず」の現象が瀬戸内海で起きてるのかもと、何にも分からない私は思って
います。
まあ!私が考えてもなんの役にも立ちませんから、考えませんが。

市場の情報をみるとさみしい状態ですね。

※※オモリ
オモリの情報はありがたいです、参考にさせていただきます。
言うわれること、ほぼ分かります、実はルアーを初めた頃、浮き釣りと胴付き仕掛けをやりま
した。

そのときも、根掛かりで苦労しましたから、それなりのノウハウはもってるつもりです。
「熱収縮する黒いホース」は収縮チューブですね、そうそう、キャロ仕掛けでも根掛かりでは
苦労しました。
釣り人なら、根掛かりをなんとかしたいと思うのでしょうね。

根掛かりの対策は2つ。
根に掛からない様にする。
根に掛かったらオモリだけ捨てる
ではないでしょうか。

それでは「see you」です。
 

今年は可笑しい?

 投稿者:幸坊  投稿日:2017年10月 2日(月)22時58分11秒
   日曜日 毎月2回開かれる朝市に行って来た。定置網が2つ分の魚を出されていますが、魚種も量も少なく がっかりした。漁師は 生活が懸かっているだけにさぞかし落胆されていることだろうと 聞いてみると、「今年はなんだか 可笑しい!」と言っていた。毎年少なくなっているが 今年は特に悪いようです。来年は どうなるんだろう。 海は きれいになっったようだが 魚がとても少ない、なぜなんだろう。

 店頭に並んだ 魚は デンゴ(6~10cm)---トロ箱4杯・マルアジ15cm---トロ箱3杯・小鯛10~18cm---トロ箱2杯・サザエは大き目なのが 2杯。コショウダイは50cmが1尾いた。たった これだけでした。
 平アジの20~28cmは5尾、デンゴより大きいので別にしてあった。船釣りでは20~24cmは よく釣れているのだが 網には 入らないのかな?
 タイとサザエは 例年とおりだが 他の魚がおらん。

 胴付き仕掛けで3号のナツメ錘はキロ単位で購入していましたが 今でも2キロ分は残っているかな。根かかり対策として 細長い錘に変えてみたり、針金と熱収縮する黒いホースと鉛とで仕掛けを作っていました。また 錘のところは切れやすいように 1号ハリスにかえていました。 これだけでは分り難いでしょうが お試しあれ。[see you]


 

根掛かりしまくり

 投稿者:hirune  投稿日:2017年 9月29日(金)07時43分55秒
  ※※赤いもの
「赤いものが釣れるときは なぜか嬉しいものです」は、完全に同感です。
20cmはあるかと思いきや、19cmでした、できれば30cmは釣りたかった、贅沢ですね。

20cm弱でも赤い魚は嬉しかった、それで、夕まずめの威力なのかもしれませんが、とにかく、
また釣れそうな、近くに居る感じが溜まりません。(また釣るぞ、なんてね)

※※根掛かりしまくり
根掛かりなんですが、実は今回根掛かりしまくりで用意した3個の仕掛けでは足りず、結局6個
の仕掛けをなくしました。

一つにはメインラインが細すぎる事が原因なので、これはやりかえました。
他には、オモリとラインの接続部分をゴムのカバーをすれば、根掛かり減少になるますが、こ
の丁度良いカバーゴムが見つかりません、コンドームでは薄すぎますし(笑い)

それで、ネットを調べると、ナツメオモリが根掛かり回避には良いとか、だから今度は、ナツ
メオモリにステンの棒を固定して(画像の様な感じのもの)を作ろうかと思っています。

買っても良いのですが、作るのも楽しいですから、ただ、仕事の関係で作る時間が取れるか心
配ですが、次回の釣行には間に合わせたいです。

ナツメオモリは、キャロリグとスプリットリグに使用していますが、確かに根掛かりは少ない
ですね、ただ、ナツメオモリ単体で使用すると、根掛かります、そこで、キャロリグのオモリ
は硬質のパイプ(8cm)を入れています、スプリットリグのオモリはステンの棒を(5cmくら
い)を入れています。

それから、考えてもナツメオモリ+ステンの棒+ゴムのカバーで根掛かりは減少する思っていま
す、そう思うとやって見たくて溜まりません、私はそうゆう性格なんでしょうね、まあ!良く
失敗します。

※※ない頭で考えるのは止める
私が英語で分かるのは「see you」まで、長い文章は難しいです。
「If I have a chance next time,I`ll show you the good fishing spot.」を直訳す
ると(グーグル翻訳では)
「次回のチャンスがあれば、私はあなたに良い釣り場を見せてくれるでしょう。」
日本語になっていません。

でも「good fishing spot」でなんとなく分かります。

しかし、これで
「あのポイントは」になるのでしょうか

今度は「あのポイントは」を英語に翻訳すると
「That point is」になるようです。

とにかく、ない頭で考えるのは止めます。
それでは「see you」です。
 

タイは真鯛!

 投稿者:幸坊  投稿日:2017年 9月28日(木)21時44分4秒
   青物を狙っていても 赤いものが釣れるときは なぜか嬉しいものです。綺麗な色とアジにはない手ごたえ(?)がする時がありますから。

 当日は意外にも風が出て 収まらなかったようですね。釣り座の位置にもよりますが 島はどの風でも 当たりやすいからね。しかし 新しい釣り方にチャレンジ いいですね。胴付きの仕掛けで根かかりの多いポイントで使用される 錘を使用とは。 いろいろと チャレンジしてみてください。底には 大物が潜んでいますから。

 あのポイントは。
 If I have a chance next time,I`ll show you the good fishing spot.
   「see you」
 

/93