投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


釣りに行けないかも

 投稿者:hirune  投稿日:2018年 9月24日(月)06時33分53秒
  ※※遊びですから
遊ぶのも疲れますね。
でも、遊びに行って「疲れたは」御法度です、旅行から帰って「やっぱり家がいい」と言うの
と同じですね。

まぁ!遊びですから、チミチミ遊ぶのでは、遊びじゃないです、「このとき」というか「今
だ」というか、満足できる状態にしなくては遊びじゃないですよね。
だから出費も仕方ない、釣りができるのも生きてるときだけですよね。

※※活力
次に釣りに行く為にと思うと、少々の事は苦になりません、頑張る気持ちになれます。
私は仕事をしてるからかもしれません、先輩の生活は分かりませんが、特別することがないな
ら「明日でもいいや」って考えになると思います。

仕事がほとんどないときの私はそうですから、忙しい人ほどいろんな事をやってると聞いた事
がありますが、自分を顧みて、仕事が忙しいときほど、いろんな事をやってる気がします。

ですから、いろんな事をやるために、私の釣りは、日々の活力ですね、釣果なんてどうでもい
いです、その代わり、これで釣ったとか、ここで釣ったが欲しいですよね。

※※ポイント
ご伝授いただいたポイントですが、次は釣行予定でした、ところが、2日前に仕事が入りまし
た、自分で仕事をしていると自由に選択できると思うかもしれませんが、そうはいきません、
こちらの都合などは無視みたいなものです。

てなわけで、一ヶ月は釣りにいけないかもしれません、もっとも、時間が空けば即刻釣りに参
じるつもりではあります。

確か、今年の初めも二ヶ月ほど釣りにいけなかった事がありました、しがない家業ですね。

今はあのポイントの潮の流れなどを、ネットの地図で見たりしてます「こう流れたらこの辺り
がY潮かな」とか考えています。

私はあのポイントに期待してます、アジが回遊する時期はいつなのか、どんな潮なのか、流れ
はどれくらいなのか、4~5回は練習ですね。

一ヶ月後だと11月になりますから、釣れ始める時期かもしれませんね。
また、冬のメバル釣りが楽しみでなりません、プラグで釣るメバルの楽しさは格別です。
それまでに、先輩もルアーをやってみてください。

呉のあの場所はプラグで釣のが理に叶ってる場所です、もっともジグヘットの方がいいことも
ありますし、釣れない事だって考えられますけどね。

※※浮き釣り
浮き釣りを一年やってみてやっと釣り方が分かった感じです。
なにせ、師匠なしで初めるんですから、無謀ですよね。

※※浮き釣りの釣り方
浮き釣りの、浮きの先には0.2gとか0.4gとか、ときには1.0gのジグヘットを着ける事
があります。

1.0gのジグヘットでは1.0gのジグヘットと同じような動かし方でいいんです。
ところが、0.2gのジグヘットのときに1.0gのような動かし方をすると、釣れない事が分
かりました、0.2gのジグヘットでは0.2gの動かし方をしなくてはいけないのです。

あたりまえちゃあたりまえですが、それに気づいたのは、0.6gで表層のアジを釣ったときで
す。

0.6gでは自然と1.0gのジグヘットよりは動かし方が控えめなんです、ならば、0.2gな
らば、なおのこと控えめのはずです、そう思って、やった結果、前回10cmのアジを普通に釣
ったのです。

実は私は、アジが釣れた事以上に、自分で気がついて、それを実行してそれで釣れたという過
程が嬉しくてたまりません。

そういうことは、釣行しなくては分からないし、釣り日和だけ釣っていては分からないので
す。
釣れないから、泣け惜しみで釣れなくてもいいと言ってるのではない事は分かってもらえます
よね。
それでは「see you」です。
 

お疲れ様!

 投稿者:幸坊  投稿日:2018年 9月23日(日)15時09分6秒
   山仲間の一人がテレビを観ていました。天候が悪くて山行を中止して 道具の整理をしていると、讃岐に美味しい「うどんを食べさせる 行列ができる店がある」番組です。無性にうどんを食べたくなり あくる日に一杯のうどんを食べに行き、そのうどんだけを食べての日帰りドライブをしたという話を思い出しました。

 釣りができる幸せ、あの天気でも釣ってみよう あの波止で あのアジを いいことではないですか。今の 今をしっかり楽しんでください。 安全には気を付けて!

 島でのポイントが広がっているようですから、島のことで 分かることは教えられますので ご連絡してください。現地案内が 一番いいのですがね。私も釣り方が変われば ポイントの見方も変えざるをえません、新しい釣り方のチャレンジでもあります。「see you」
 

ポイント

 投稿者:hirune  投稿日:2018年 9月18日(火)10時01分40秒
  ※※急ぐ必要はない
確かにそうです、でも、やって見ないと気が済まない人間、例えば先にしなくてはいけない事
があっても、どうしても気になる事を先にしてしまう人間。

私がそうだと思います、気になると前に進めないのですよね、要領が悪いのです、だから、い
つも遠回りです。

ただ、遠回りをすると他の事も分かります、それにそんな性格の自分の事を、自分で認めなく
ては、誰が構ってくれるでしょう、これを妻に求めてはいけないと思っています、妻は別の人
間ですからね。

ついつい横道にそれました。

※※ポイント
教えてもらったポイントは大体分かります、片方は地図にありますがもう片方はネット上では
分かりませんでした。

でも、分からない場所は一度釣った事があります、なんだか地の釣り人が占領してる感じでし
た、私が先に行っていたにも関わらず、どかされた想い出が有ります。

まあそんな事は良いのです、いろんな事がある一つですからね。
それで、地図にあるポイントは普通車では道幅が狭いと聞いてます、どうなんでしょうか?

IQ(私の車)は長さは3m未満ですが、幅は普通車なのです、山道で落ちたら島の人に迷惑
を掛けます、私が遊びに行って、迷惑を掛けるのは良くないですよね。

どうでもいい話しですが、初めて行ったポイントの帰り道(夜)に道を間違えたのだと思いま
すが、突っ込んだ道は、極端に狭くて、直角に曲がる道で、引っ返すこともできなくて、ヒヤ
リとした事がありました、あんな事は嫌ですよね。

そのときは、車に傷も付けず脱出できて、IQで良かったとホットしたのを覚えています。

※※ブリの片身
ブリの片身の件、面白く読ませてもらいました、前出の狭い道を抜けた話しなど、全体に妻に
は言えません、今初めて話しました。

私も、朝市で買う品物は、帰って料理しなくて良い物になりました、アジの下処理までは手伝
いますが、それ以外は妻の仕事になります、そこに朝市のものまで料理するのは、確かに大変
です。

私は釣りの帰りの朝市ですから、アジ+朝市の品物で負担になりますが、先輩の方は朝市の品
物だけですからね。

それでも沢山有ると大変ですよね、釣りは自衛隊のように自己完結できません、どうしても釣
った魚があります。

アジを釣る上級者では、ほんの数匹持ち帰る、または、全部リリースという釣り人もいます、
私もそうすれば負担を掛けずに済むのですが、やはり釣ったアジは食べたい、アジの為にも食
べる方が良いですよね。
それでは「see you」です。
 

そう急がなくても!

 投稿者:幸坊  投稿日:2018年 9月17日(月)21時00分7秒
   日が落ちるのが早くなってきました。 秋のつるべ落としですから 明るい時に全体をよく見ておくことは大切なことです。島は広いですからポイントを決めて 少しづつ 広げていかれてもいいでしょう、潮のこともありますから。朝便からだと 体力が心配ですが 明るくて 干潮
なら 申し分ないのですが。 ご一緒できれば 分かることはすべて お話はできます。私も 楽しみにしています。

 片身のブリ。急いでいましたから すべて記していませんが 大切なことをかきませんでし
た。それは女房の機嫌でした。 近所のもおすそ分けしましたが、 それでも あれだけのお魚を どうしようか?昼寝から覚めて 夢にまででてきたよ、と頭から 角が?見えました。

 ポイントの件 はじめは西側の近いところから 紹介しましょう。「see you」
 

ワクワクしてます

 投稿者:hirune  投稿日:2018年 9月17日(月)13時46分53秒
  ※※ブリ*ブリ*ブリ
久しブリですね、ひょんな事からブリを買うことになったようですね。
5000円だと、ちと、大変でも半分で2000円なら買っても良いかもですね。

しかし、半分でも90cmですからね、これはもう冷凍庫行きなんじゃないでしょうか。
それにしても捌くのは店の人がやりそうなものですが、事情が有るのでしょうね。

※※パンフレット
パンフレットはもらいました、ここにあります、また会うこともあると思うので車に入れて置
きます。

※※次の釣りで一杯です
私の頭の中は次の釣りで一杯です、次の釣行は月夜になると思うので、いっそ朝の便で行こう
かともくろんでいます。

あの波止は、潮の目ができるので、昼間でも釣れないかと思っています。
それにメタルジグも投げて見たいですし、メタルジグと言えば昼間かな?

とにかく、まだ分からない波止なので、期待が膨らむんですね、ある程度分かればワクワク感
は消えるのでしょうが、今は、ワクワクを楽しんでいます。

※※プクプク
プクなのかプクプクなのか、エアーポンプですが、前回釣ってる途中で止めようかと思ったの
ですが、一度使うと便利なんですよね、とにかく、釣ったらプクの中に入れれば良いですし、
後で座って処理もできます、この環境が良いんですよね。

プクは重いし海水を入れたバケツも重いのが難点です、しかし、締めるときにアジが生きてな
くては困りますのでプクは必要です。

でも、死ぬアジもいるんですよね、釣った後に地面に落ちたアジとかです、これはもう仕方な
い範囲でしょうね。

※※血抜き
前回は血抜きに失敗しました、脳締めの穴を大きくすれば、そこから血抜きができるかと思っ
たら、失敗でした。

次回はカッコ悪いけど上からハサミで切る方法に戻します、ハサミで上から切る方法だと神経
抜きも楽にできます。

その、神経抜きは慣れですね、案外分かるようになってきてます。
「習うより慣れろ」じゃないでしょうか、私のアホでもできます。
ただ、アジが小さい(20cm)ので、確か5mmの神経棒(形状記憶合金)だから神経締めがで
きるのかも知れませんね。

前はステンの棒の6mmと8mmでやっていましたがステン棒だと曲がって入って行くのに難があ
るようでした。

売ってるものは、良く考えて有りますね、でもこの神経棒は何年も前に買ったものです、どう
して買っても使わなかったのかと言うと、なかなか自分が作ったものでは上手く神経に通せな
くて、とうとう買ったが、そのときには、神経締めを諦めていた、そんなところでしょう。

次は朝から釣行するかどうかは分かりませんが、月夜で潮も小さいので、さて、釣れるんだろ
うかと心配も有ります。

でも、釣れないと言うのもデーターですから重要ですよね。
それでは「see you」です。
 

ブリを買いました!

 投稿者:幸坊  投稿日:2018年 9月16日(日)21時28分55秒
   LEDライトはいいのでしょう。カメヤの店員さんはハロゲンライトを使用すると言ってましたが 根拠は不明です。多くの照明を必要とする漁船はLEDに順次変更していると聞いています。今話題のサンマ漁船や集魚灯を沢山付けているイカ・マグロ漁船などもそうですから。

 あの島の外灯の無い波止での釣りは集魚用のライトを2つ持参して使用しています。外灯が無いとアジングやメバリングの釣り人は皆無で 使用制限なくどこにでも投げて釣りができますあら。少しの撒き餌をしながらアジングもしてみようと思います。

 朝市情報は気が引けます。鱗が飛び散るほどの新鮮な情報を読みながら 魚を買った話を記そうとするからです。マーァ  おゆるしを!
 今は水温が一番高い状態で魚は浅い所には少ないから 定置網にもあまり入りません。3ヶ所の定置網ともに悪いようです。デンゴ・イワシ・とヤズ・メジ・ブリとタコ・サザエなどしかいません。
 ブリのなかでも一番大きいのを持ってきました。90cmはある丸々とした立派なものでした。私が こんなに大きなブリは誰が買うのですか?と云ったら 責任者があんたが買いなさいネ!あまりにも大きいので誉めるだけにしようとしていたら、隣のよく購入する人が 半分分けで買おうじゃないですか、あんたが捌けば骨がついてないほうを貰いますからと 直ぐに決まり。大きな出刃とまな板は 倉庫にあるだろうからとすぐに捌く話はトントン拍子に決まり 私が捌いて片身ずつ分けることになりました。

 準備はすぐに整い ブリを捌くことになりました。包丁の出刃は無いが切れそうな三徳包丁があり 人前で包丁さばきを披露することになりました。汗をかきながら捌き終えたころには 15人ぐらいの人だかり、その包丁で切れるか・できるのか 滑るぞなどヤジはいっぱい。さばき終えると あんた 巧いの 日頃からよくヤッチョルのと 誉め言葉に変わり安堵した。
 ブリの頭と内臓と片身ずつを4人でわけました。¥5000のブリは¥4000に負けてもらい ¥2000/尾カマ付きで購入しました。

 あの島に行かれたら 島のパンフレット貰っておいてください。島全体の簡単な地図がありますから。もしなければ切符売り場の人に分けてもらって下さい。島のご案内時に役立ちますから。「see you」


 

また釣れなくても行きますよ

 投稿者:hirune  投稿日:2018年 9月16日(日)08時46分26秒
  ※※LEDとハロゲン
ネットで見ると車関係の内容がほとんどなので、私の乏しい知識を書きますね。
正しいかどうかは分かりませんよ。

LEDの歴史は短く最近照明ができるようになりました、それまではハロゲンなどしかなく車
のライトはハロゲンなど使用していました。

車の話は釣りには関係ないのですが、ハロゲンランプを車で使用できるのは、車にはバッテリ
ーが有るからです、夜釣りにハロゲンなり水銀灯で釣りをする人は、車のバッテリを使ってい
るようです。

一方でLEDは改良が進み、明るく、遠くまで照らす事ができるようになりました。

※※ハロゲンとLEDの違い
ハロゲンは電源を確保できればかなり全体を明るく照らす、水銀灯が球場に使われるのはその
ため。

LEDは所詮、半導体の素子なので、光量を上げるとなれば数を増やす事になる、最近はLE
Dでも高輝度のLEDがでましたから、釣りで使うヘッドライトなどは1個のLED素子で明
るく照らすようになりました。

この高輝度の素子を沢山並べれば明るいのですが、電源が必要で、つまりバッテリーが必要に
なります。

集魚灯で使うのに、携帯することを考えると、LEDしかないと思います、その際は、妥協が
必要ですね、明るさと電源の妥協です

私は以下の商品を持っています、でも一度釣りに使用して、後は仕事で使用してます。

サンワサプライ 800-LED009

私の場合は波止専門ですから、波止には外灯が有ります、だから使う事は少ないのです。
なにせライトは電池を食いますからどうしても重いです、できれば持って行きたくないです
ね。

上記のLEDライトは
720ルーメンで3h
420ルーメンで5h
210ルーメンで10h
70ルーメンで30h

途中でバッテリーが切れたら電池交換はできませんからアウトですね。
720ルーメンだとまぶしくて直視できません。

上記製品は例として書いたので、これが良いと言ってませんよ。

※※新しいポイントは知りたいですね
新しいポイントは知りたいですね。是非お願いします。

H島は片方で釣れて片方では釣れないって面白いですね、でも、時期が替われば逆になるのも
面白いです。

※※アジのファイト
前回釣行で釣ったアジのファイトが半端なくて楽しかったです、表層ではなく中層か低層にア
ジはいるようで、小魚がベイトだとYouTubeで見ましたがほんとですね。

ではなぜ小魚なのでしょうか、それは潮の目だと思います、上手いことに波止際に潮の目がで
きます、そこに小魚が集まるのだと思います。

ファイトが半端ないの話しですが、まるでサバを釣ったときのように左右に動きます、いや、
楽しかったです。

※※車で釣行
車で釣行できたのは、車の長さが3m未満で料金が安いからです、とても普通車料金では貧乏
な私では無理です。

車で釣行できる利点は、移動も有りますが、それよりも、天候の悪化に対処が容易な事です、
最悪は寝れば良いのですからね。

ですから、釣行の決断がし易いです。M島でもこのパターンなので、何度もM島で寝た事があ
ります。

とにかく釣りに行かなくては、釣れる魚も釣れません、釣りをしなければ上達できません、そ
れに、釣りができる期間(年ですから)も少ないですからね。

※※アジ釣りにはエステルの0.3号辺り
アジを釣りにはエステルの0.3号辺りが良いですよ、PEだとどうしても風に煽られる、風
に煽られると、重いオモリを着ける、するとアタリが分からない。

ジグヘットも1.0g辺りが良いです、でも初めてだと1.0gじゃ何をしてるか分からないで
しょうね、その辺は慣れですね。それからアジを釣るのに大事なのは、竿です、竿は手の延長
ですからね、ラインもジグヘットの重さも竿も、兼ね合いと言うか妥協と言うか、政治と同じ
です(なんじゃそりゃ)。

それで0.3号のエステルではスズキが掛かるともうアウトです、アジ専用ですね。
例えば、メバルだったら、エステルの0.6号辺りを使います、なにせメバルは引きますから
ね、でもアジだと潜りませんし、細い体型なのでエステル0.3号でも大丈夫。

とはいえ、失敗してなんぼだと思います、失敗のない釣りでは成長できないと思いますね、私
はアホなので失敗ばかりです。
それでは「see you」です。
 

御疲れ様!

 投稿者:幸坊  投稿日:2018年 9月15日(土)22時26分14秒
   お天気予報は 今でも あまり充てにはできませんね!スマホーが あってもですが 気象予報士も自信が持てない時は 一時・時々・ところによりの表現をするようになるようです。そんな天気ほど直前の天気は当ててほしいのですが、当たらない時は予報士を恨んでしまいます。
 あの水道を超えると 天気は急変することがあることも 覚えておいてください(島の漁師いわく)。

 いいアジを釣りましたネ! ご立派です。拍手・拍手。画像を観ると1cmの違いがはっきりと判ります。今度私が釣ったら ウエイトの違いをチェックしておきましょう。

 また 車での釣行 ポイントは増えますが、島の大きさの割にポイントは少なく、限られてきます。釣行のタイミングが合致すれば 新しいポイントをご案内できます。

 気温は下がり釣行しやすい季節になりましたが、雨は降るのか降らないのか 前線が近くにあれば 雨・気温・風 を読みがたく今回は釣行していません。こんな時は図書館・かめやで本をアサリ、とりあえず古いリールにPEラインを巻きました。カタカナ用語が少し分かりはじめました。ヒルネさんの画像やシマノ・レオン・藤原氏などを参考にして 実釣してみましょう。

 いつも お疲れのところ 画像付きデーターをありがとうごじます。親切・丁寧でわかりやすい 解説もあり、早く新しい釣りしてみたい!と思わせます。 有難うございます、感謝。
 「see you」  (組合長が変わり・タコの出荷制限の張り紙あり)

 海面を照らすライトはLEDより ハロゲンがいいと聞きましたが その根拠は?分れば教えてください。

 
 

ルアーのアワセ方

 投稿者:hirune  投稿日:2018年 9月10日(月)09時45分55秒
  ※※ご指導だなんて
思った事を書いただけです、先輩に指導なんてしてませんよ。
20%くらいと言うのは、私の書き方にも全部ではないでしょうが問題がると思っています、
ものを書くのは難しいとつくづく思っています。

※※ルアーのアワセ
アワセに関して書かれてたいましたね、中でもルアーで使うワームでのアワセについてです。

これは餌と同じです、餌とは違うだろうと思っていませんか。
でも同じなんです。

アジは生餌だろうがワームだろうが同じように吸い込みます、嘘つけと思うかも知れませんが
そうなんです。

ではなぜ、餌の方が良く吸い込むのでしょうか、それは、鉤と餌だけの仕掛けで軽量だからで
す、吸い込みの弱いアジが吸っても吸い込めるのです。

それから生餌用の鉤は、口に掛かり易い様に作られています、アジ専用の鉤がある位ですか
ら、釣り人は先人の知恵に助けてもらっているのです。

それに竿も柔らかいですね、これも吸い込み易い要因です。

※※生餌とワームの違い
ところでワームは生餌と違いまがい物です、だからアジが目で見て見切ってしまうのです、そ
のために匂いを付けたり、形状を工夫しています。
なんだやはりワームは生餌とは違うじゃんと思っていませんか。

生餌と同じと書いたのは、アジがワームを見切る事ができず餌だと思ったときは、生餌と同じ
ように吸い込むので、生餌と同じなんです。

でなければ、メタルジグでアジを釣る事など不可能でしょう、アジはメタルジグを餌だと思っ
て吸い込んでいるんです。

問題は、餌と思わせて吸い込ませる事です、だから竿を動かしてワームをアクションさせるの
です、もちろんワームをアクションさせない方が釣れる事もあります、それは、ワーム自体が
勝手にアクションするからです。

ここまで理解するには、実際に釣って経験しなくてはなかなか「そうだ」とは言えないこと
を、私はよく分かります、でもそうなんです。

※※ルアーのアワセは磯竿とは違う
アワセは「ルアーで使う竿」と「磯で使う竿」が違う様と同じく、アワセも違います。

浮きの動きに関しては分かりませんが、たぶん天秤などの動きが浮きに現れるのだと思いま
す。

天秤はキス釣りでは自動鉤アワセ装置のようなものですよね、針金の反発で鉤がキスの口に掛
かる、やっぱり先人の釣り人は凄いです。

アジの吸い込みで、磯竿のアタリの出方としては、竿先がゆっくり曲がるときに掛ける事でし
ょうね、でも、竿先は夜には見えませんよね。

コツとか感じときは、アジが吐き出しに失敗して嗚咽しているとき言うわれてます。

それからラインがワームまで直線でないと、竿先の曲がりは少ないですよね、この点ジグヘッ
トは直線になりやすいです、だって鉤とオモリが同じところにありますからね。

管理釣り場のニジマスなどは昼間釣りますよね、彼らは何を見てアワセを入れるか知ってます
か、ライン(糸)が張ったらアワセるのです、手にコンとかグーとか関係ないんです。

管理釣り場では、ラインは弛ませた状態でスプーンを引いてきて、そのラインが張るとアワセ
を入れるんです。

ルアーではどうかと言うと、ラインも竿先も見えません、だから、アジが吸い込んでラインが
引かれ、竿先に重さが乗る、それを感じて合わせるのです。

ラインがPE、エステル、フロロ、ナイロン、それから竿の穂先がチューブラがソリッドでも
感じ方は替わります。

繊細と言えば繊細ですが、竿先の重さの変化でアワセる瞬間は堪りません。

長々書いてすいません。でももう少しだけ。

磯竿とジグヘットにワームの組あわせは、私の考えでは理にあいません。

磯竿は、生餌と鉤の軽い仕掛け、それから専用の鉤で釣るから釣れるのです。
ルアーは、ワームとジグヘットで釣りますよね。

ルアーに砂虫とジグヘットで釣ると、一瞬で砂虫だけ持っていかれます(経験済みです)。
だからワーム方が良いです、一瞬ではハズレませんから(ワームの利点はそれだけではないで
すが)。

じゃあなぜジグへットを使うのか、それは当たるがダイレクトの伝わるからです。
私は中通し仕掛け(キャロリグ)にアジ鉤を使い、ワームまたは砂虫で釣っていました、これ
はまるっきり磯竿での仕掛けですよね。

上記の釣り方で釣れない事はないです、しかし、ジグヘットの方がはるかに釣れます。
ジグヘットの釣りの方はアワセを入れ易い、アワセのタイミングが分かりやすい事もあります
が、ワームにアクションを付けやすい事も釣れる理由です。

ジグヘットがアワセを入れやすいのは、オモリと鉤が同じところでラインが直線になると言う
のは前に書きましたね。アクションを入れやすいのも同じ理由です。

その際、問題なのは、ジグへットの重さです、重くなるとアジが吸い込み難いからです。
でもジグヘットを軽くすると遠くに飛びません。

先人が考えて試した結果1g前後ならば問題ないと見つけました。
ルアーでアジを釣る歴史は15年、長くて25年ではないでしょうか、ラインやジグヘットリ
ールに竿と開発され続けてます、意外と私はルアーでアジを釣る歴史の最初頃から知っていま
す。

その点餌釣りの歴史は縄文時代からです。

まとめると
ワームでも生餌でもアジが見切らない限りは同じように吸い込む(砂虫でも死んで真っ直ぐに
なると喰いませんよねアジは餌とは思えないのです)だからアワセは同じ。

磯竿とルアー竿で竿が違えばアワセも違う。て言うかアワセる感じ方自体が違うかな

まとめると簡単ですね。

※※次の釣行先
次の釣行先はI島と思っていましたが、ひょんな事から変更しました、やはりH島です、でも
反対側のH島です。

さて、私に釣れるかどうか分かりませんが、行ってみようと思います。
それでは「see you」です。
 

ご指導 有難うございます!

 投稿者:幸坊  投稿日:2018年 9月 9日(日)16時52分39秒
   早いご返事 ありがとうございます。記されている内容は 20%ぐらいしか理解はできませんが、楽しい釣りを積極的に楽しめそうです。 攻めの釣り?かな。

 メバル釣りのブッコミ仕掛け釣りで疑似餌の当たりの感覚は分かりますが、その仕掛けにアジが食ってくると 合わせが難しく、コツ・コ の微妙な変化はメバルとは全然違いました。また フカセ釣りはウキの変化で当りを知りますが、アジはウキが大きく変化する前ぐらいに合わせを入れた方がいいようでした。鉤掛かりも上側の骨に掛かりやすく バラシも少なかったようです。だから 棒ウキを使用し アジの当たりは ウキが沈み始めるか 左右に振れて沈む前の前当たりで 合すようにしていました。だから当りは小さな変化を見逃さないことでした。
もちろん 食いあがりで ウキが上に上がるときも合わせを入れます、反対にウキが十分沈んだ時は 合わせが遅かったこともよくありました。チヌとクロの合わせとは違いますから ワームでの合わせは 繊細な変化を確実に捉えなければならないのでしょう。

 シマノの動画に あの島での取材が出ていました。東と西の波止でワームとメタルを使用して、ウルトラシュートでの遠投など 見逃していた動画を2回も見てしまいました。

 西の波止。一番広いところの沖は海底にシモリあり。建網を入れがたく タタキ漁も攻めにくいところです。潮の潮位が高い時は いいポイントになります。また 今はありませんが岸に沿って300m沖には 以前は定置網があり 魚の回遊コースになっていたようです。

 モブシは説明不足でした、済みません。カンダイまたはコブダイです。40cmもあれば 引きは強いものがあります。

 夜半を過ぎると ウトウトする私には向かない釣り方かもしれませんが チャレンジしてみましょう。ご指摘の様に 撒き餌をしながらの アジングをしてみましょう。ありがとうございました。「see you」



 

/109