新着順:107/1283 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

都内めぐり

 投稿者:とんぺい  投稿日:2019年 8月15日(木)00時27分58秒
  通報
  とんぺいです。
所要のついでに、そこの近く(都内)を周ってきました。
2日とも、時々の雨のおかげで?自分としては特別に暑くはなく、それでいて、そこそこ
晴れていてよかったです。

浅草辺りでは、隅田川越しに、定番のスカイツリー(建造中から、よく撮影していますが、
混雑がきらいなので、実はまだ登ったことがない…)、ビールジョッキをイメージしたという
アサヒビールビルが見える風景、そして、色々な遊覧船に混じって、「ヒミコ」型遊覧船も
見えました(あの、松本零士さんデザインの同型船はいつのまにか3隻にもなっていました)。
船はいいですね~(昔は、冬でも遊覧船のオープンデッキで景色を眺めていました)

浅草寺は、何故か、夏によく行くのですが、人は多く、中でも当たり前になった、外国人客が
とても多く、50%以上が外国人といって間違いないでしょう。
中国(台湾も)、西アジア(タイ、マレーシア、フィリピンとか?)の人が多かったですが、
今回は、近ヨーロッパ(例えば、トルコ、アフガニスタン、バルトとか?)、そしてロシア系
の人が増えたような…(浅草には、わりとよく行っているので分かります)
あそこに来ている人々は、面白く、楽しく思って(仲見世の玩具や、小物、文具の店は人気)、
そして好感を抱いて来てくれているのでしょうからよいですよね。
おもちゃの刀や忍者グッズを手に取って振り回している人なんかみかけるとこちらも嬉しいし、
一見怖いくらいの真っ黒日焼けの大男や、白くCuteなロシア系?の女の子なんかがそんなで
戯れているのを見かけて、特に微笑ましかったですね。

あとは、代々木の「代々木会館」。
そこは、今、上映中の『天気の子』の、屋上に小さな神社がある老朽ビルとして描かれている
ところ(映画で見たビルはもっと高くて、かなり違っていたような…?)で、もう一つ、
昔観て好きだったショーケン・水谷豊のTVドラマ『傷だらけの天使』の拠点にもなっていて、
あのドラマが終わったあとに、中を観に行ったことがあります(ず~っとむかしのこと)。
そのビルのすぐ近くの代々木ゼミナールに浪人生として通っていたので、当時、気楽に
行けました。

もう代々木会館は、取り壊し工事開始後で、中には入れません。じきに消滅しますし、
長らく行っていない間に、代々木ゼミナール(周り)もすっかり変わっていました…
まあ、代々木自体は、自分にとっては、ずっとむかしの「代々木ゼミナール」以外に、何かが
あるところでもないのですが。

代々木会館周りには、「聖地」見学で、いろいろ撮影している人は多かったです(自分みたいな
年配はいなかったけれど)。まあ、でも面白かったです。
因みに、映画は、一緒に『アルキメデスの大戦』も観たのですが、あちらで「聖地」的な
ものを求めるなら、広島方面ですね。
映画は好きな方なので、どこかへ行くと、あれこれ探そうとしますが、結構いいものです。
邦画だと、尾道辺りに行ったとき、『時をかける少女』(原田知世版)の現場を探したことが
あります。見つけたところで、ど~でもいいのだけれど、結構楽しかったです。
行き先目的がはっきりした、宝探し的散策といった?
 
》記事一覧表示

新着順:107/1283 《前のページ | 次のページ》
/1283