新着順:91/1284 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

アニメ映画とか(Re:松島に行ってきました)

 投稿者:とんぺい  投稿日:2019年 9月 8日(日)22時00分54秒
  通報
  1つ前の書き込み、かなり長く書いてしまいました…。

F-4とか、コブラとか、日本になくともB-52など、計画から、あるいは初飛行から、を含めると、
存在期間 50年以上なんて多いですね。
そんなに厚くはないアルミ合金主体の構造で、そんなに長く使えるってスゴいです。
一見、長寿命そうな艦船、自衛隊の護衛艦などは案外短いです。

「日経サイエンス」は「別冊」の特集号しか読んでいません。
また金の話で恥ずかしいですが、薄いのにスゴく高い雑誌です(笑。
電子書籍はまったくダメで(やっている人を割とみかけますがスマホサイズでは読めないw)、
全て紙本で買うのと、捨て切れない人ゆえ邪魔になって困るので、それでいて高価なので、
最近、購入を抑えています…

「天気の子」の特集ですか(「天候」の特集なんでしょうかね)。今度見てみます。
はい、書かれている件もわかります。

今日、アニメのことで人と話したのですが、先ず、新海誠さんは、以前、村上春樹さん
(私も割と読みますが)に触れて、確か、影響を受けていると書かれていました。
なかなか文芸系だなあ、と思った「秒速5センチメートル」や、「雲のむこう、約束の場所」
などでしょうか(その2作がどこで直接影響を受けているのかは、よく分かりませんでしたが
いい意味で「文芸系」と呼ぶのは差支えないのでしょうね)。

氏の、割と初期の「雲のむこう、約束の場所」でファンになってしまいました。
割と地味な(描き込まれてもいない)キャラたちだったりですが、それが、
あのわりと簡単だけれど寂しい感じのサントラとよく相まって、
作品の、不思議さ、純粋さや、切なさをよく伝えていて、とてもよかったですね~。
「秒速~」もよかったですね。

他にジブリチックな作や、何かに似てると思えた作(キャラデザインが一定でないことも
それを想起させる?)がありますが、そのジブリチックな「星を追う子ども」では、
氏は積極的に肯定していて、よいですね。

「君の名は。」そして「天気の子」は、よかったのですが、「雲のむこう、約束の場所」
に対して自分的にはなあ(?)。「雲のむこう…」がとてもよかったということです。

で、何気に映画館サイトを眺めていて、
「ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝」(京アニ)が、実はそんなお話は全く
知らなかったのですが、絵もしっかりしていて、全く未観のテレビシリーズが元らしいけれど、
単独で観ても大丈夫、だそうで、観ようかなと検討中。
「ワンス・アポン・ア・イン・ハリウッド」と、「アド・アストラ」が観に行くこと決まり
なので楽しみです。
 
》記事一覧表示

新着順:91/1284 《前のページ | 次のページ》
/1284