新着順:4/1263 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

新作映画

 投稿者:とんぺい  投稿日:2020年 6月 5日(金)23時40分47秒
  通報
  ここ数カ月、映画館に行けないし、新作上映も控えていたようですから、何が新作かも
分かりません。で、先日みかけた「ミッドウェイ」。

監督のローランド・エメリッヒは、「インデペンデンス・デイ」ほかの大作系監督ですね。
(とはいえ、はずれも多い)ですね。写真の金剛級戦艦の艦橋やら期待が持てます。
しかし、「ミッドウェー」というと、ずっと昔の、恋愛モノ要素も入った作品やら印象が悪い。
けれど、とにかく、参加主力空母全没やら、観るに耐えないのですよね。
本で読む際も、あまりの惨状ゆえ、要部は飛ばしてしまいたくなります。
みたくない。よく知っているからです。

3隻が没した後、「飛龍」が活躍した…とかクローズアップでもされていればよいですが、
それがなければ救いがなさ過ぎで、観るのは苦痛です。
9月からみたいですが、けれど、何やかや言っても観に行くかなあ。映像期待で。

太平洋戦争映画の海戦系は「トラ!トラ!トラ!」がイチバンです!
その後の「パールハーバー」「ミッドウェー」(昔の)は恋愛話を絡めていたけれど、どうも
その辺が感情移入できない類で印象は悪かったです。
「パールハーバー」は観ようによっては苦笑、コミカルな、米国の?監督の?日本蔑視も
あって、ビミョーだったりもします。

「連合艦隊」もそんな男女の云々が入っていたようで、その出来もあってイマイチでした。
海戦モノともチョット違うけれど、案外「真夏のオリオン」は好印象でした(潜水艦モノ)。
北川景子が出ていたけれど、恋愛話という程ではなかったのが丁度よかったかも。丁度ね。

さらに海系では、「終戦のローレライ」「亡国のイージス」は行けてなくて(恋愛話以前に、
映画館で観たのだけれどあまり印象がない…)、同じ作家さんに「戦国自衛隊1549」が
あって、やはり映画館で観たけれど、ラストが「あんまりだぁ!」でしたw。

なんてで、王道「トラ!トラ!トラ!」が観たくなってきましたよ。あれ、長いのですがね。

あと、まったく海戦ではないですが、beforeコロナ頃にチェックしていた
「Captive State」=「囚われた国家」。
写真の、実写リアル・ガンキャノンみたいなのが並んでいて(戦闘用巨大ロボットの基地?)、
その画に感動して「絶対観る!」だったのですが、しばらく映画館全閉だったので、
チェックを止めていて、さっきチェックしたら4月からやっていたそうです。

終わってしまった??だったのですが、一館(一系列)でやっていました。
う~ん、明日か明後日にでも観に行くかなあ。

しかし、どこも多くは昔の映画だらけ(いいのもやっていますが)。
「アキラ」や「きみの膵臓を食べたい」(ホラーではないですからw)
しかし、せっかく明けたのだから、新作をキチンとやってくれないかなあ!
 
》記事一覧表示

新着順:4/1263 《前のページ | 次のページ》
/1263