<思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


Re:観艦式

 投稿者:かま  投稿日:2019年10月 8日(火)23時37分37秒
  こんばんは。
今週末に迫った観艦式ですが、12・13日の体験航海は台風のため、中止が決定となってしまいました。
14日の本番は前日に決まるとの事です。
台風が過ぎ去ったとしても波は高いでしょうからね。
https://twitter.com/JMSDF_PAO/status/1181539938770112512?s=20
 

Re:×10.5 海って いいよねー

 投稿者:かま  投稿日:2019年10月 7日(月)05時13分4秒
  こんにちは。


>> 湯治場でのんびり…とか憧れますが、お手軽に行ける所は激混みですからねえ。
>それが、去年は、変わった休みで、平日中心にまとめて行ったのですよ。
>だから、空いていたし(さびれていたというのが合っていたし、それが心地よくて…)、

やはり旅行はオフシーズンの平日に限りますよね。
私も沖縄に行っていた時は、梅雨明けと台風シーズンの隙間の平日でしたし。

>> 風光明媚な所はインスタグラマーであふれているでしょうし。(苦笑)
>スマホの写真だけで騒いでいる輩なんて皆無でした。

インスタな人達も、ライトな層からガチ勢まで色々といますから。(笑)
カメラメーカーは、スマホに飽き足らなくなった人向けにもミラーレス一眼を推している気がします。


>「写ルンです」写真とか、いくらか残っていますが、まあ、あれで楽しかったですね。
>(さすが、富士フィルム!)
>VHSと、フルHDや4Kとの差よりはまともかな?(似たようなものですか…)

“ナニで撮るか”も必要ですが“ナニを撮るか”が本来の在り方ですからね。
バブル期にダイビングをしていた時、フルマニュアルの水中カメラよりも
防水ケースに入った 写ルンです の方が失敗率が低かったのは、屈辱的な事実です(苦笑)


>日本も、いよいよ、目立って、「分極化」してきました。
>最近ウワサの、上級/下級みたいに(笑。

ふっふっふ、すでに下級市民である私は売り場に近づく事すらありません。


ではでは~。
 

Re:×10 海って いいよねー

 投稿者:かま  投稿日:2019年10月 4日(金)06時45分38秒
  こんにちは。

>観艦式は、「3年に1度」というところが痛いです。毎年だったら、まあ、よいのですが…

私はキャンセル待ちも外れましたが、とんぺいさんはいかがでしたか?

> よく晴れた、波穏やかな日。遠くに富士を眺めつつ、甲板で涼しき風を受け…
>そんなです。行きたいなあ!

今年は大型の台風がちょくちょく来てますね…天気晴朗なれど波高し。(苦笑)

横浜の大桟橋では10月5日に“いずも”、6日には併せて“むらさめ”が公開されるそうですので、
こちらもぜひ。
去年いずもに乗りましたが、ヘリ用エレベータで見学者をまとめて移動させるのは、
周りの人のリアクションもあって楽しいです。

なお入港状況は“大さん橋WEBカメラ”があるのですが、
https://osanbashi.jp/floor/arrival.php
これを書いている現在「台風の影響によりWEBカメラに不具合が発生しています」だそうです。(残念)


>しかし、前にも書いたかもですが、4Kもですが、8Kなんて区別できそうにもないです。
>100インチくらいのモニタを観れば分かるかな?それも視力1.0以上相当でね。

まぁ私も8Kは家庭用ではなく、さらに大型の画面向けだと思います。
映画好きな人でしたら劇場のスクリーンだと、それなりの違いは判ると思います。
NHKの放送博物館にある“8Kシアター”では、私でもシーンの切替時のレンズの解像感の違いが判りました。


>それから、ハイレゾも「?」です。前に、ある国研究所の体験コーナーで、12kHz以上が
>聴こえなかったです(ずっとむかしに、僅かに20kHzが楽に聴こえたのに…)。

私も法定の健康診断では、数年前から左耳の4kHzが聴こえません。
家でヘッドホンをかけてスマホアプリで試したところ、
ボリュームを上げれば12kHzまではなんとか聴こえました。、

>歳が上れば、そんなものですが、そういう世代が、スゴく高いハイレゾプレーヤ
>+高周波対応イヤホンを聴いているのって、よく分かりません(正直、可笑しいです)。

私の持論としては「ピコピコ音などの矩形波を録音・再生するのには何kHzまでの帯域が必要か?
アナログ楽器でも倍音成分を考えると、サンプリング周波数は高いに越したことはない。
そして大音量を録音・再生するためにはダイナミックレンジも必要である」です。(笑)

どちらかというとイヤホンよりもスピーカーで求められる話ですし、
アナログ楽器の場合は録音マイクの性能の方が必要ですね。

…正直言ってまだ私には違いが判りませんが、違いがあるはずなのです。
ただ、コストの兼ね合いが非常に悪いだけで。(苦笑)

ではでは~。
 

Re:×4 横田友好祭2019

 投稿者:かま  投稿日:2019年10月 4日(金)05時06分28秒
  おはようございます。

>> 初動が遅れてA-10の飛行が見られたのは駅からの道中でした。
>A-10、当日も移動やらしているのですね。韓国情勢で慌ただしいとか?

いえ、今年は二機で来たうちの一機は地上展示でオサワリ自由で
もう一機が離陸して、グルグル旋回して着陸という外来機によるプログラム外の行動でした。

>写真を拝見して、やはり見慣れないユニークな形状、よいです!

F-117やB-2のようなステルス機もユニークですが、A-10は正反対の武骨さがいいですね♪


>> それが500mlとかになるとカフェイン240mgとか。
>「このくらいのカフェインなら、このくらいパッチリする」といった関係を知りたいです。

…個人差(耐性)があります。(笑)
今でも販売している(はずの)“モカ錠”を飲んだ事はありますが、
あまり効き目は感じませんでした。…若かったからかな?
加齢に加齢を重ねた今は、コンビニで売っている“レッドブル”でも数時間は効きます。
ただ、ドーピングの効果が切れるとフラフラと倒れます。(苦笑)


>確かに、古い機体でも、レーダーシステム、迎撃システムを全部交換する、とかで
>飛行機一機の価値は、全然変わるみたいですね。最近読んだMig-25の電装交換とか。

新規作成ではなく現有機の部品交換による性能向上は、空自のF-4EJ改や
F-15J近代化改修でも頑張っていますね。

>ただ、空戦性能などはあまり変えようにないでしょうが。

逆に機体の寿命を延ばすために、無理な機動飛行をしなくなったりして。(笑)

>> 機体そのものは大丈夫だけれども、定期交換部品が無いとかなんとか。(噂ですよ 苦笑)
>それは飛行機に限らず、とても多いことのようです。特に電子部品など。

工場などでの制御用に、当時の日本標準パソコンであるNECのPC-9801シリーズとか使用していた
会社も多かったでしょうね。
“トラ技”の広告欄でも、PC-9801向けの周辺機器を開発・販売していた企業もありましたし。
…もっとも、手間をかければワンチップマイコンで置き換えられますけど。(苦笑)


>劇場版「ガルパン」
>もう少し「ガタガタ」的に揺れ動かして、
>それが4DXの振動に伝われば、オタクアニメとして完璧です!

それなりにガタガタしていた気がします。
その動きが、とんぺいさんの許容範囲に入るかどうかは劇場で確認してください。(笑)


では。
 

Re:Re:×8 海って いいよねー

 投稿者:とんぺい  投稿日:2019年 9月26日(木)23時17分17秒
  こんばんは。

観艦式は、「3年に1度」というところが痛いです。毎年だったら、まあ、よいのですが…
 よく晴れた、波穏やかな日。遠くに富士を眺めつつ、甲板で涼しき風を受け…
そんなです。行きたいなあ!
(富士山は、ボンヤリ程度なら、大抵観られて、艦と一緒に撮影できます)


> 湯治場でのんびり…とか憧れますが、お手軽に行ける所は激混みですからねえ。
> 風光明媚な所はインスタグラマーであふれているでしょうし。(苦笑)

それが、去年は、変わった休みで、平日中心にまとめて行ったのですよ。
だから、空いていたし(さびれていたというのが合っていたし、それが心地よくて…)、
スマホの写真だけで騒いでいる輩なんて皆無でした。
青森の酸ヶ湯温泉や、恐山の寺に、そういう連中はいかにもいそうにないです(笑。

このHPに載せた、上記旅行の写真は、1インチ撮像素子コンデジによりますが、
私的には、精細度、フォーカス、露出/色合い、カメラ内画像処理(jpeg出力です)など、
「完璧」でした(ホームページ掲載用はだいぶ画質を落としていますが、それでもよいです)。

「写ルンです」写真とか、いくらか残っていますが、まあ、あれで楽しかったですね。
(さすが、富士フィルム!)
VHSと、フルHDや4Kとの差よりはまともかな?(似たようなものですか…)

しかし、前にも書いたかもですが、4Kもですが、8Kなんて区別できそうにもないです。
100インチくらいのモニタを観れば分かるかな?それも視力1.0以上相当でね。
それから、ハイレゾも「?」です。前に、ある国研究所の体験コーナーで、12kHz以上が
聴こえなかったです(ずっとむかしに、僅かに20kHzが楽に聴こえたのに…)。

歳が上れば、そんなものですが、そういう世代が、スゴく高いハイレゾプレーヤ
+高周波対応イヤホンを聴いているのって、よく分かりません(正直、可笑しいです)。

ついでに、最近、ヨドバシ、ヤマダに行ったら、何でもスゴく高くてビックリ!
そんな製品の割合が増えつつあるのも、そこそこ売れているからなのもあるでしょう。
中心価格帯30万円の洗濯機(マジ!)、10万円超えの高機能レンジ、
10万円に迫る掃除機、扇風機。
それと悲しいのはカメラで、ミラーレス騒ぎ以後、ボディだけ相当で20万円超えが激増…。

日本も、いよいよ、目立って、「分極化」してきました。
最近ウワサの、上級/下級みたいに(笑。
 

Re:×8 海って いいよねー

 投稿者:かま  投稿日:2019年 9月25日(水)06時00分25秒
  こんにちは。

…そういえば、観艦式の抽選は予想通りに落選でした。
キャンセル待ちもしてはいますが期待はしていません。(苦笑)

10月5日には横須賀か大桟橋に行ってみようと思ってます。
艦これプレイヤーとしてはコラボしている横須賀に興味はありますが、
とても混みそうですし、当日が雨だったりしたら行列してまで行かなくてもいいかなーとか。


>1週間以上ぼーっとするのは、昨年の「北東北一人旅」がよかったので、
>今年もやりたいところですが…
>ぬるめの(必須)温泉、静かで妙に近代化されていない…
>国内でも、本土内でもいろいろできるはずなのですが、確かに難しい…。

湯治場でのんびり…とか憧れますが、お手軽に行ける所は激混みですからねえ。
風光明媚な所はインスタグラマーであふれているでしょうし。(苦笑)


>私の場合、スマホ(iPhoneではないですが)カメラとかサブコンデジ(SONY-HX90V)
>の同じ大きさのプリントをするとやや劣る感じもします。

さすがにレンズ~撮像素子~画像作成LSI・ソフトウェアの差は大きすぎます。
撮像素子の画素数が多くてもメモ帳代わりにはなりますが、作品を作れるかと言うと今一つ。

それでも昔は「“写ルンです”が売れていた」のですから、画質・持ち運び・使い勝手の
落としどころをどこに持っていくか?…なのでしょうね。


ではでは。
 

八戸航空基地に行ってきました

 投稿者:mori  投稿日:2019年 9月22日(日)16時30分7秒
  八戸には海上自衛隊の対潜哨戒機基地があります。9/21(土)にそこでイベントがありましたので行ってきました。
松島や三沢を見た後では、かなりささやかなイベントでしたが、逆に全然混雑していませんし、一日あればすべての展示機と展示車両と資料館までじっくり見学できますし、基地入口のすぐ前にバス停がありますし、かえってこういうイベントのほうが急いだり疲れたりしなくて良いかもしれません。
 

Re:Re:Re:横田友好祭2019

 投稿者:とんぺい  投稿日:2019年 9月22日(日)07時23分17秒
  こんにちは。

> 続々と新型が出来ていますし、

確かに、古い機体でも、レーダーシステム、迎撃システムを全部交換する、とかで
飛行機一機の価値は、全然変わるみたいですね。最近読んだMig-25の電装交換とか。
ただ、空戦性能などはあまり変えようにないでしょうが。
防空系のミサイルなんて、その「block」ナンタラで評価は大きく変わっても、見た目は同じ。
「スタンダードミサイル」なんて稼働初期と今は完全に別モノ。

> 機体そのものは大丈夫だけれども、定期交換部品が無いとかなんとか。(噂ですよ 苦笑)

それは飛行機に限らず、とても多いことのようです。特に電子部品など。
ある件では、制御用に流れ品のマイコンやセンサを使っていて、さすがに開始後何十年も経つと
それら部品は生産中止で、利用装置は造れなくなります。
維持のため高額(マイコンの、ユーザからの依頼による生産継続なんて巨額そう)を払うか、
機械部品等はやはり金をかけてでも無理に作れば何とかなるにしても…。
あと、「アパッチ」なんかもいずれ同じような運命(共食い存続?)とかだし、
未だ稼働車があるというT-34/85なんて、まさにそんなようで。

「ガルパン」(従来)は、戦車の走行時は、CGでやっているようで、それゆえ、離れた視点
から見て、動きが(流れるように)滑らかすぎなのは、観た目にすぐ分かりました。
すぐに慣れるので、まあ、よいのですが、その辺を、もう少し「ガタガタ」的に揺れ動かして、
それが4DXの振動に伝われば、オタクアニメとして完璧です!
(どうもこだわり強くて、「ファースト・マン」でも「ここがもう少し?」とかなってですね)

> 初動が遅れてA-10の飛行が見られたのは駅からの道中でした。

A-10、当日も移動やらしているのですね。韓国情勢で慌ただしいとか?
写真を拝見して、やはり見慣れないユニークな形状、よいです!

> それが500mlとかになるとカフェイン240mgとか。

それがどういう量なのか分かりませんが、一度、
「このくらいのカフェインなら、このくらいパッチリする」といった関係を知りたいです。
今も、ぼーっとしていることが多いので(笑)、コーラやらをガブ飲みしたりしますが、
また「カフェインゼロ」の軟弱なお茶類は避けていますが、そんな類で効いた感はないです。
前に、(今は発禁な?)カフェイン錠が売られていて、効くよ、と言っていた人がいましたが、
どうなのでしょう??
恐ろしく濃い(10倍とか)コーヒー辺りがお手軽かもですね(徹夜明けに「数倍」のコーヒー
を(数杯)飲んだことはあります。特に効果はなかったかなあ?)

では。
 

Re:Re:横田友好祭2019

 投稿者:かま  投稿日:2019年 9月21日(土)20時04分56秒
  続いてこちらにも返信
二日目も横田に行きましたが、初動が遅れてA-10の飛行が見られたのは駅からの道中でした。
音が聞こえて通過しているのを確認したら、こりゃイカンと行列から離脱してコンビニの駐車場でカメラを取り出してセッティング。
コンビニでは交通整理か何か用の警察バスが駐車しており、他の一般車はいなくて撮影にはいい場所だったのですが、警察車両の目の前でリュックを下ろして望遠レンズ付きのカメラを振り回して機体を探していたら、
バス内を撮影しているように見えたのでしょうか、警官がバスから降りてきました。(笑)
…いや、ホントに偶然だしバス内には興味ないので「ちわ~」と軽い挨拶をしたら、向こうも会釈をして通り過ぎて行ってくれました。(苦笑)

おかげでシャッターは何回か押せましたが、やはり遠かったです。
なんとか形が判る物を超トリミングしたのを貼り付けます。
…画素数の多いカメラは“デジタルズーム”ができていいねぇ(苦笑)


>ゲータレード(米軍基地で売っているような)は、昔より健康を気にするようになってから、
>毒々しさが不気味で遠慮しています(笑。

中身は普通のスポーツドリンクですから。色なんて、まさに飾りですよ。(笑)

>モンスターにカフェイン特盛(とかそういう系)あるのですね。

中身の割合は同じなのでしょうが、それが500mlとかになるとカフェイン240mgとか。
一日で合計したら緑茶やコーヒー数杯分なのでしょうけど、冷えた炭酸飲料だと、どうしても飲むスピードは速くなりカフェイン中毒へまっしぐら。

ではでは♪
 

Re:Re:Re:アニメ映画とか

 投稿者:かま  投稿日:2019年 9月21日(土)19時24分33秒
  こんにちは。

>2次戦前後なんて、発展途上でしたから、航空機でも頻繁に更新されていましたよね。
>今は、暗黙の軍縮が施行されているようなかも。

F-16も設計は古くなってしまいましたが、“Block 72”とか、続々と新型が出来ていますし、
F-35も外見は大きく変わらなくてもレーダーやら各種ソフトウェアを更新しながら製造しているようですから、
表現はアレですが「戦争が技術を発展させる」のは昔と変わっていないのでしょう。(苦笑)

更新の止まったYS-11は、横田で展示していた空自機が保守部品の都合という“噂”で10月で退役だそうです。
機体そのものは大丈夫だけれども、定期交換部品が無いとかなんとか。(噂ですよ 苦笑)


>4DX
>「ガルパンの4DX」は噂に聞きましたが、発砲時や、クローラで(固い路上を)ガタガタ
>走るとか、その他重々しい振動に合わせてできているのでしょうね。

劇場版ガルパンでは、制作陣は車種ごとに音や動きを変えていたとかだそうですけど、私には違いが判りませんでした。

>ガルパン自体は観ましたが、よかったですね。1つ違和感があったので、映像で流れがよすぎる
>ところかな。滑らかすぎて、つかかったり、ガタガタするといった
>実際のメカの完成度の低さ」感はなかったかも。まあ、実車経験があるわけでもないですが。

エンタメですから。(笑)
…それに、戦車道の車両は安全を保障された最高の技術で造られているのですから。(汗)


そして“天気の子”も4DX上映が予定されていますが、どんな出来になるのでしょうね。
超リアルだったら、序盤で船酔いして退出しちゃうかも。(笑)

ではでは~。
 

Re:横田友好祭2019

 投稿者:とんぺい  投稿日:2019年 9月15日(日)12時22分16秒
  こんにちは。

1つ前の書き込みでも書きましたが、航空機は息が長いですね。
もともと「見たことがなかったA-10が見られる!」が横田の魅力でした。
たとえば、あの機の訓練を受けて、どこかの砂漠上空でもいいから飛んで、無難な標的を
30mmガトリング砲で撃ちまくる!とかやってみたいですね~!
「丸」にはロシアの演習場でのT-55の射撃体験、Migの後部座席試乗といったツアーが
ときどき掲載されていますね。

私は、戦艦の40cm前後級の巨砲、巡洋艦の砲とかにとても興味がありましたが、
小火器とかには関心がありませんでした(なので、拳銃とかライフルはよく分かりません)。
ただ、小火器ではないですが、ガトリング砲、バルカン砲といった類は好きですね~!
映画「エイリアン2」では、迫力の女兵士がかかえた小口径ガトリング砲や、
グレネードランチャー装着ライフル… その辺はいっぱいありますね。
膝先が機銃になっている女闘士なんかも…。

横田でも、厚木でも、冬の横須賀でも、白煙をもうもうと上げ、近くに寄ればジュージューと
聴こえ、マックのなんかよりずっと厚いパテのバーガーがいいですね!
マックほかみたいに、ケチャップやらピクルスやら、野菜なんかを(おせっかいくらいに)
はさむことなく、「肉」がそのものが食べられてよいですね~!

ゲータレード(米軍基地で売っているような)は、昔より健康を気にするようになってから、
毒々しさが不気味で遠慮しています(笑。
モンスターにカフェイン特盛(とかそういう系)あるのですね。
昔、ホントに徹夜が2連荘した後、3千円級のユンケルをもらい、何も考えずに飲んだら
すぐに、信じられない感じで、シャッキリしたのを覚えています(ものスゴク効いた!)。
ただ、耐性でもあるかのように、すぐに効かなくなり、何より、仕事のために1本何千円も
払っているのか!? とあって止めました。
そして、すぐ後、入院しましたっけ。だいぶ昔のこと…
 

Re:Re:アニメ映画とか

 投稿者:とんぺい  投稿日:2019年 9月15日(日)11時51分55秒
  こんにちは。

> 一方、艦船は海水に浸かりながら波の力を受けていますから、劣化は早いのではないで
しょうか?

きっと、装備自体の固有の理由ではないのでしょうか。費用とか(今は、航空機やら高すぎ)、
適用技術のサチり具合(昔はまだまだだったから、とか?)なのでしょうか。
2次戦前後なんて、発展途上でしたから、航空機でも頻繁に更新されていましたよね。
今は、暗黙の軍縮が施行されているようなかも。

「ガルパンの4DX」は噂に聞きましたが、発砲時や、クローラで(固い路上を)ガタガタ
走るとか、その他重々しい振動に合わせてできているのでしょうね。
ガルパン自体は観ましたが、よかったですね。1つ違和感があったので、映像で流れがよすぎる
ところかな。滑らかすぎて、つかかったり、ガタガタするといった
「実際のメカの完成度の低さ」感はなかったかも。まあ、実車経験があるわけでもないですが。
(よかった「ファースト・マン」でのX-15や宇宙船の船内描写でも、同じようなことが)

「ヴァイオレット~」は、「アド・アストラ」と連荘にして、やっているうちに観ます。
 

Re:×7 海って いいよねー

 投稿者:とんぺい  投稿日:2019年 9月15日(日)11時34分23秒
  こんにちは。

SR-71は甲板上展示なんですね。実物は確かに見てみたいですね。飛んでいるところを
とも思いますが、実力発揮中ではまともに撮れませんね。
実は、ついでのことでスミソニアンには行っていますが(確かに1995秋)、時間が少なく
各展示に行ってささっと撮るだけでした。エノラ・ゲイも展示されていました。
改めて、とても行きたいのですが…

先日、「世界の傑作機」の「XB-70 ヴァルキリー」が書店にあった(復刻版?)ので、
サッと買ってしまいました。
XB-70、SR-71、Mig-25/31といったマッハ3級の航空機、惹かれます。

ぜいたくな話ですが、ミュンヘンのドイツ博物館、ロンドンの大英博物館にも行ったのですが、
どれも半日足らず回って、ぜんぜん観たりなかったです(それぞれ最低でも丸2日欲しい)。
上野の科学博物館も大きいですが、あちらはずっと大規模です。
ついでですが、大英博物館は、「これどこから?(と特に気になる件)」とか、
「掘り出してこの晒しはあんまりだ!」(ミイラ展示)とか、複雑な心境になる場面も
多かったです。

1週間以上ぼーっとするのは、昨年の「北東北一人旅」がよかったので、
今年もやりたいところですが…
ぬるめの(必須)温泉、静かで妙に近代化されていない…
国内でも、本土内でもいろいろできるはずなのですが、確かに難しい…。
若い頃、安きっぷで、やはり東北ローカル線なんかを周遊したので、そういうのは身に沁みて
好きです。これからいい季節!

その際に、ここでよく触れる、1インチ撮像素子のCanonのG7XmkIIを持参し、
腰ベルトに掛けたポーチに収めて、邪魔な感じなしに、いろいろ撮りました。
何かの行事で、プリント(私はハガキサイズにして、フォルダに保管します)して、
撮影プリントを人にあげると、すこぶる好評です、自分でもとても満足だから分かります。
RAW撮影はしません。たまに、トリミングや傾き、画質をPhotoshopで小修正するくらいです。
昔はコンデジ側の処理がよくなくてPhotoshopフル登場でしたが、最近のカメラでは
そういう修正はあまり行いません。

私の場合、スマホ(iPhoneではないですが)カメラとかサブコンデジ(SONY-HX90V)
の同じ大きさのプリントをするとやや劣る感じもします。
そういえば、親戚とかで若い人にプリントをあげると、予想以上に喜ばれますが、
みんなスマホ撮りなので、手持ちプリントは殆どないみたいです。
特に保管しなければ、スマホ内写真は、多くの場合失われるようでもありますが…。
 

Re:青森県民のカメラの選択

 投稿者:とんぺい  投稿日:2019年 9月15日(日)10時48分29秒
  こんにちは。

カメラメーカについては悩ましいところで、現状、1眼レフで見れば、Canon優勢と
思っています。それとCanon製品には、何となくよき時代のSONY製品に準じた雰囲気
を感じます。
先日、ヨドバシに行ったとき、クラス別では、ミラーレスが結構多く、特に、APS-Cの
一眼レフは影が薄い感じがしました。
カメラ重点のヨドバシでのことで、他の量販店ではミラーレス重点はより顕著と思います。

因みに、流行りのミラーレスは、いくらかのメリットは認めても、「光学ファインダ」への
憧れ(中学生の頃に初めて店で接してものすごく感動した)も強く、コンデジに
はるかに優るはずの光学装置機体用としては、まだまだオモチャに見えてしまいます。

ただ、各社、レンズがまだ揃っていないのはともかく、主流がフルサイズで、ボディだけで
何十万円もする… とあって、まったく買う気がしないのです。
さらに、当初、ミラーレスは一眼レフより扱いやすく、女子や、いままでにない客層に訴える、
なんてよく言われていました。
しかし、結局、大型、高価格製品が主力のようで、ひどく矛盾していると思えるのですが…。

で、ヨドバシで、Nikonのウェアを着た応援の店員さんがいたので、
「今度EOS90Dが出るけれど、Nikonは対抗機出さないの?D7500だと、80D
 にも負けそうだったし、D500はスゴすぎで髙すぎだったから…」
と聞いたら、
「今は、ミラーレスに力点を置いているし、D7500の後継は不明です。ただ、
 D7500が負けているとは全く思いませんし、D500は圧倒的ですよ」
といった感じ。
  私はD500よりEOS7DmkIIが総合的に見れば欲しいし、D7500は、
  やはり80Dにさえ負けていると思うし、今度の90Dには遥かに敵いませんよ。
と言いたかったけれど、自社製品に自信をお持ちの(多分)社員さんにそう言っても悪いから
それは言いませんでした(セールストークでなくて、本当に自信をお持ちならとても
よいことです)。

まあ、そういうAPS-Cやフルの範囲ではそんなところですが、メーカのミラーレス狂騒を
傍目に、旅行撮影やらに力点を置きつつある私には、
先に書いた、1インチ以上級のハイスペックコンデジ?が興味津々です。
SONYのRX100-7、CanonのG5XmkII、G7XmkIII。
ファインダ付き(ミラーレス的)もあり、上述のミラーレスに興味がないことに一見矛盾して
いますが、一種のコンデジ機であり(だから小型軽量で、簡単で、動画はむしろ扱いやすい…)
構わないのです。
ただ、そんなコンデジですが、最近、10万円ないし、15万円超えも…

最近、世の中には金がない、低所得云々、金の流通が減った… と騒がれますが、
・一体型洗濯機(量販店でも30万円が中心価格帯? ありえね~!)
・掃除機、扇風機(5万円超えは多くて、10万円に迫る。ありえな~!)
・テレビ、オーディオも高価(4K・8K、ハイレゾは私には正直、効果が識別できない。
 買いたい人はご勝手に、だったけれど、連られて高価格化されると腹が立つ!)
・5G(ついでながら。国内メーカ等の技術維持にはアリですが、主張する高性能は、私には
    全く要りません!(値上げにならなければよいですが、それはあり得ないし))

コンデジもそこそこ級でも十分使えていたようなCASIOも撤退して、1~3万円級なんて
あまり見かけなくなり、ハイスペックコンデジもちょっと高価すぎだよなあ、と思えます。
まあ、実は、興味があっても、ハイスペックコンデジでさえ、ウチにはG7XmkII
(買値は7万円していなかった…)があって活躍していますから、どうしたものでしょう。
 

横田友好祭2019

 投稿者:かま  投稿日:2019年 9月14日(土)23時47分38秒
  こんばんは
今年もノンビリふらりと行ってきました。
いつものパターンですと、飛行展示は横田基地所属のC-130・UH-1・CV-22 が飛ぶ事は想定内だったのですが、
今回は外来のA-10とF-16そしてRQ-4(グローバルホーク)が登場。
知っていれば、もう少し早く現着していたのに…A-10は見たかったです。(悔)
グローバルホークの方は夕方に滑走路まで出たのですが、トラブルを起こしたらしくそのまま戻ったようで。
(日の入り後で、まるで判りませんでした)

地上展示の方は、A-10に規制ロープが張られてなくて触り放題でした。
空自はRF-4Eの青迷彩とF-2の記念塗装機ほか色々来てました。
個人的には米海兵隊のCH-53があったのがうれしかったです。意外と海自・米軍あわせてもH-53シリーズを間近で見た事がなかったもので。

カメラのテストを兼ねてふらふらとさまよっていたのもあり、肉を食べる食欲はありませんでした。
過去に本場のモンスターエナジー(カフェイン特盛)を飲んでクラクラした事もあったので、今回はひたすらゲータレードのみでした。(苦笑)

日曜もA-10が飛ぶ事を願って足を運んでみます♪
ではでは。
 

Re:アニメ映画とか

 投稿者:かま  投稿日:2019年 9月13日(金)07時44分43秒
  おはようございます。
週末は程々に曇って、少しは涼しそうですね。横田びよりでしょうか?(笑)


>F-4とか、コブラとか、日本になくともB-52など、計画から、あるいは初飛行から、を含めると、
>存在期間 50年以上なんて多いですね。
>そんなに厚くはないアルミ合金主体の構造で、そんなに長く使えるってスゴいです。

飛行機は艦船に比べると小型ですからね。他の機体からの部品取りが容易ですから、
主要な部分の経年劣化や高Gによる金属疲労などが無い限り、ニコイチ・ツギハギで。(苦笑)

…もっとも陸自のヘリは、OH-1とAH-64D共にマトモに飛んでくれていませんが。


一方、艦船は海水に浸かりながら波の力を受けていますから、劣化は早いのではないでしょうか?


>電子書籍
私も書籍に限らず“捨て切れない人”なので、泣く泣く(?)Kindleの手先となっております。
4インチ画面のスマホで読むのは論外なので、8インチの中華タブレットを使用しています。


>アニメ映画
相変わらず私は映画館に行くことは少ないのですが、「ガルパン最終章(の一部)」が4DXで上映とのことで、
こちらは足を運んでみようと思っています。多分酔わないし。(苦笑)

新海作品は「君の名は。」で売れるエンタメ路線に舵を切りましたからね。
そう簡単に自分の趣味丸出しの世界には戻らさせてもらえないかと。

「ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝」は、テレビ放送時は見ていましたが、
外伝の方は、まだなんとも。
…京アニの収益を上げるためにも、見に行かねばと思ってはいるのですが…

ではでは。
 

Re:×6 海って いいよねー

 投稿者:かま  投稿日:2019年 9月13日(金)06時13分59秒
  こんにちは。


>SR-71
イントレピッド博物館のほうは、googleとwikipedia“イントレピッド海上航空宇宙博物館”でしか
情報を得ていませんが、航空機は甲板上だけのようです。
なおグーグルマップのストリートビューで甲板上の展示物が見られます。(笑)

スミソニアン博物館のほうはwikipediaによると、2003年に出来た“博物館別館”にて展示のようです。
…とんぺいさんが行かれたのは1995年のようで、その時はまだ飛んでいたのかもしれませんね。(苦笑)


>離島は、確かに「することがなさすぎ」(それがよいのでしょうが)もあるでしょうが、
>いずれにせよ勤め人には難しい「一カ所に1週間(以上)のんびり滞在」ができたら

そうですね。私も那覇空港に降り立った時は、船やらコミューター機の出発時間の隙間ぐらいしか
観光(土産物屋巡り)はしていなかった気がしますので、日本のサラリーマンが本当にのんびりするのは
性分として難しいのかもしれません。


>カメラ
>イケているのは、CanonやSONYほかの、「ハイスペックコンデジ」ではないか?
>と思っています。そんなでその辺ばかりチェックしています。

私も飛行機を撮り始めたのは当時のハイスペックコンデジ(CAMEDIA E-100RS)でしたので、
コンデジの便利さは承知しております。
…現在使っているのがパナソニック(LUMIX FZ150)でして、今回のカメラ購入の際も同等以上の
コンデジも候補に入れていたのですが、撮像素子1インチクラスの本体は私の手には大きすぎて、
パスしました。(苦笑)

お手軽な記録写真はスマホで十分…と言いますか、パノラマ撮影とか撮影後の水平の修正の
手軽さはiPhoneのほうが上かと思ってます。

では。
 

青森県民のカメラの選択

 投稿者:mori  投稿日:2019年 9月 8日(日)22時30分35秒
  とんぺいさんがカメラの話をなさっているので便乗。
神戸にいたときには、一眼レフを使っている人はほとんどがキヤノンを選択しているように思いました。岩国に行ったときも、周囲の一眼レフのうち、6割がキヤノン、3割がニコン、1割がソニーやペンタックスといった感じで、「みんなが使っているもののほうが安心だろう」と考え、僕も観音教徒に入信(EOS 7D MarkⅡを購入)しました。
しかし、三沢で周囲の一眼レフを見ると、キヤノンとニコンがほぼ拮抗している様子です。東北人はニコン好きが多いのかもしれません。宮城にはニコンの工場もありますからね。
もしも、「一眼レフカメラを買おう」と決心したのが青森に引っ越した後だったら、キヤノンではなくニコンを選んでいたかもしれないなあ、と航空祭からの帰り道で思いました。
あと、航空祭のキヤノンユーザーは100-400mmを使っている割合がかなり高く、僕もこれが欲しくなってしまいました。これが「レンズ沼」への第一歩というやつか。
 

三沢航空祭に行ってきました

 投稿者:mori  投稿日:2019年 9月 8日(日)22時05分35秒
  東北最大のミリタリーイベント「三沢基地航空祭」に行ってきました。
青空にブルーインパルスのスモークが良く映えるいい天気で、綺麗な写真がたくさん撮れました。ここは観客席が滑走路の南側にあるので、逆光にならないのがありがたいですね。
その代償として、腕や首筋や顔がちょっと痛くなりましたけど。一応日焼け止めは塗ったんですがね。
地上展示機も、もうすぐ引退するファントムをはじめ、日米両国のいろいろな機体がありました。飛行展示の時間の間に見ようとしても、駆け足で回らないと1日ではすべて見ることができないくらいでした。
室屋義秀さんのアクロバット飛行も、地上に爆薬を設置した爆撃展示もありませんでしたから、規模という点で言えば岩国に及びませんが、十分以上に楽しめるイベントでした。
 

アニメ映画とか(Re:松島に行ってきました)

 投稿者:とんぺい  投稿日:2019年 9月 8日(日)22時00分54秒
  1つ前の書き込み、かなり長く書いてしまいました…。

F-4とか、コブラとか、日本になくともB-52など、計画から、あるいは初飛行から、を含めると、
存在期間 50年以上なんて多いですね。
そんなに厚くはないアルミ合金主体の構造で、そんなに長く使えるってスゴいです。
一見、長寿命そうな艦船、自衛隊の護衛艦などは案外短いです。

「日経サイエンス」は「別冊」の特集号しか読んでいません。
また金の話で恥ずかしいですが、薄いのにスゴく高い雑誌です(笑。
電子書籍はまったくダメで(やっている人を割とみかけますがスマホサイズでは読めないw)、
全て紙本で買うのと、捨て切れない人ゆえ邪魔になって困るので、それでいて高価なので、
最近、購入を抑えています…

「天気の子」の特集ですか(「天候」の特集なんでしょうかね)。今度見てみます。
はい、書かれている件もわかります。

今日、アニメのことで人と話したのですが、先ず、新海誠さんは、以前、村上春樹さん
(私も割と読みますが)に触れて、確か、影響を受けていると書かれていました。
なかなか文芸系だなあ、と思った「秒速5センチメートル」や、「雲のむこう、約束の場所」
などでしょうか(その2作がどこで直接影響を受けているのかは、よく分かりませんでしたが
いい意味で「文芸系」と呼ぶのは差支えないのでしょうね)。

氏の、割と初期の「雲のむこう、約束の場所」でファンになってしまいました。
割と地味な(描き込まれてもいない)キャラたちだったりですが、それが、
あのわりと簡単だけれど寂しい感じのサントラとよく相まって、
作品の、不思議さ、純粋さや、切なさをよく伝えていて、とてもよかったですね~。
「秒速~」もよかったですね。

他にジブリチックな作や、何かに似てると思えた作(キャラデザインが一定でないことも
それを想起させる?)がありますが、そのジブリチックな「星を追う子ども」では、
氏は積極的に肯定していて、よいですね。

「君の名は。」そして「天気の子」は、よかったのですが、「雲のむこう、約束の場所」
に対して自分的にはなあ(?)。「雲のむこう…」がとてもよかったということです。

で、何気に映画館サイトを眺めていて、
「ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝」(京アニ)が、実はそんなお話は全く
知らなかったのですが、絵もしっかりしていて、全く未観のテレビシリーズが元らしいけれど、
単独で観ても大丈夫、だそうで、観ようかなと検討中。
「ワンス・アポン・ア・イン・ハリウッド」と、「アド・アストラ」が観に行くこと決まり
なので楽しみです。
 

Re:Re:Re:Re:Re:海って いいよねー

 投稿者:とんぺい  投稿日:2019年 9月 8日(日)20時55分35秒
  こんばんは。

ニュースグループは、実名を出していたのですが、所属は書いていなかったですね。
2000年頃の古きよき時代でした。

SR-71(やMig-25/31)はマッハ3級、A-10は30mmガトリング砲と様々な重防御構造、
F-14は精緻な可変翼… と、とても惹かれます。実はスミソニアンはだいぶ前に行っていて、
http://tompei1.la.coocan.jp/WorldMuseum1.htm

X-15(映画「ファースト・マン」の冒頭で登場)は観ましたが、SR-71は保存時期だったのか
未観です(残念!)。 空母(の格納庫内)で展示というのは、確かに興味津々です。

「ズムウォルト」級はカッコよさ面ではあまり惹かれませんが、どんなSF映画に登場させても
全く違和感なさそうで、実用として「オール電化」(推進のみならずレールガン、レーザー砲
などの駆動まで)であれば、SFの「電磁シールド」や、電磁/電界的兵器/防御装置といった
新概念の装備まで期待できそうで、勝手に感心してしまいます。

離島は、確かに「することがなさすぎ」(それがよいのでしょうが)もあるでしょうが、
いずれにせよ勤め人には難しい「一カ所に1週間(以上)のんびり滞在」ができたら
いいですね~。高原でもどこでもいいわけです。

カメラは、自分が求めるスペックを満たしていれば、どこのだってよさそうですし、
ペンタックス(機種は忘れましたが昔欲しかった型があります)はよいですよね。
ニコン、Canonはレンズはすごくたくさんあって、カタログを眺めていると楽しいですが、
結局、今は、標準系ズーム×1と、望遠系ズーム×1の2本しか買っていません。
より焦点距離が長い望遠(ズーム)などは、本当に欲しいものは数十万円以上だし、
とても大きくて重いから、やや軟派な「趣味者」の私にはきついです。

ずーっとむかし(フィルム時代)、オリンパスがカメラボディ、レンズともとても小さくした
シリーズを出していて欲しかったです。フォーサース等の統一規格以前のもので、レンズが揃う
前に中止になってしまいました。小型化にまだまだ余地があった気もするし、価格も1眼レフ
と比べてあまり安くなかったようなで買いませんでしたが。

CanonのEOS-7Dの新型が出る前に、某誌が「大胆予想」で、
「ほぼ同じスペックでとても小さくなる」と書いていて、
「それが当たったら、価格が2倍でも買う!」と待っていたのですが。
ミラーレス(光学ファインダでないとねぇ…)が主導的になったのも、原理的にいくらか
小型軽量されたこともあるのではないかと思います。女子への普及はなおさらそうですね。

レンズ交換しない一眼では、多くのメーカが、とても高倍率な、「格好は一眼レフ」を
割と多く出していますよね。何であんなに高倍率のズームが?とも思いますが。
けれど「望遠鏡みたいなレンズを使ってみたい」という欲求は結構多いみたいですね。

ハイスピードカメラとして、一時期4K動画に力を入れていたパナソニック等のデジカメで、
動画で追っかけて、あとで静止画に切り出しする、というのも考えていました。
フルHD(2K-60p)でそれをやっても、小さな引き伸ばし用であれば、結構使えました。
74式の砲焔がうまく撮れなくて、それを使って、このHP掲載用としたこともあります。

スマホ撮りでデジカメの売り上げが2008年の10分の1に迄落ち込んだそうで、
4K動画から取り出して使う、なんて面倒で中途半端なことは全く流行らなかったようで、
最近はパナソニックもそれを主張していないような(気の毒… いい案なのに)。
因みにCASIOも別のセールスポイントが全く外れ、それもあってか撤退…(最後の
洒落たパンフは保存しています)
実は、Nikonも一時、別事業の業績状況を知って、大丈夫かなあ?と不安視していました。
それに、酷く高額なミラーレスをさらに拡大みたいで…

で、最近の結論として、
イケているのは、CanonやSONYほかの、「ハイスペックコンデジ」ではないか?
と思っています。そんなでその辺ばかりチェックしています。
倍率を抑えた明るいズーム、何より1インチ以上級の撮像素子。
いいですよ~(格納式ファインダ(精細度もだいぶよくなった)付きも増えました)

最近は3年近く前に買ったG7XmkIIが、my主力化しています(旅行やスナップ用と
しては「完璧」でしょうか。売れているのか、mkIIIや同傾向新型も出ました)。
ただし、この辺も割高感はあります。それでも一式でたいていは10万円以下。

以上、やたら10万円だの数十万円の「壁」に触れましたが、セコくていけないかな?(笑。

では。
 

Re:Re:松島に行ってきました

 投稿者:かま  投稿日:2019年 9月 7日(土)21時13分24秒
  横から失礼します。

迷彩色が特徴のRF-4(偵察部隊)は今年度、戦闘機部隊も来年度で終わる事が決定していますので、
飛んでいる・稼働状態で展示している所を見られるのもあとわずかです。
ラストファントムのスケジュールのURLを貼り付けておきます。


>日経サイエンス
とんぺいさんは定期購読者なのでしょうか?
今号で特集されている“天気の子”、感想をFacebookに書きますと
気象監修の人が喜ぶと思いますので、ぜひとも。(笑)
ではでは。

https://www.mod.go.jp/asdf/hyakuri/2019phantomtour.html

 

Re:Re:Re:Re:海って いいよねー

 投稿者:かま  投稿日:2019年 9月 7日(土)20時52分32秒
  雑多に返信など。

ニュースグループは気軽ですが、書き込みのフッタに所属やフルネームを書いているのが
ハードルが高かったですね。

SR-71が展示されているのは、お約束のスミソニアンがありますが、
とんぺいさん的には、元 米空母イントレピッドを博物館化したアッチの方に前身のA-12とか
スペースシャトルやコンコルドとか展示しているそうなので、血沸き肉躍るかもですね。
…私はグーグルアースでしか見たことありませんが。(苦笑)

ズムウォルト級、ゲームで出ていればこそ実際に見ても「作り物でしょ?」とか思ったりして。(笑)


>「水」絡み、沖縄の離島も一度でも行きたいですね。ただ、せっかく国内であそこまで遠くへ
>行くなら、1カ所に3泊はして、どへーっとしたいです…。
>前に本島に行ったときは3月でしたが、離島でそれは天邪鬼ですかね~?

離島ならではですよ。特にダイビングですと水中にいられる時間が限られますし、
観光名所なんてそんなに無いから、後はダラダラゴロゴロと。(苦笑)

小笠原なんて、そもそも定期船が週に一本ですから如何に時間を潰すかがメインになるかもです。
まぁ釣りとかする人には飽きの来ない場所であろうと思います。


>一眼レフ
Nikon党はやきもきですか。(苦笑)
そんな中、私は8月にペンタックスのK-70とかいうのを購入してしまいました。
…家のエアコンは壊れたままなのに…(呆)
自分の性格上、収入を上回るレンズ沼にハマることは火を見るよりも明らかなので、
それならば最初から選択の余地が少ない“マイナーレーベル”でと。
 オリンパスの CAMEDIA E-20 も、当時はメーカーでゴミ取りの技術が確立できていなかったから
 開き直って(?)レンズ交換できない一眼レフを発売したとかしなかったとか。
…なお、まだ全然使っていません。とりあえずボタンの位置を覚えなければ。

>一眼レフ光学ファインダで、瞬時の砲焔がバッチリ見えてしまったことがどういうことなのか…
>帰って、そんなに撮れていなかったことを確認するや、D7500(秒8コマ)のカタログを
>見て検討しても、結局、砲焔撮影のために買い替えはねえ~(貧乏性の小心者…)

もう、いっその事ハイスピードビデオカメラで。(他人事 笑)

ではでは。
 

総火演2019

 投稿者:とんぺい  投稿日:2019年 9月 6日(金)22時41分14秒
  こんばんは。

今年も、ありがたいお誘いで、『総火演』(富士総合火力演習。ただし、8月25日(日)の
本演習の前日の最終予行に。違いは特に意識しません)に行きました。

昨年は、行けたのはよかったですが、荒天気味で、撮影場所もあまりよくはなく(よい席と
されていたのですが、撮影命の者にはそうでもなくて)、荒天のため、撮影成果は全くダメで、
ガッカリしたのを覚えています。

その点、今年(8月24日)はよかったです。
但し、せっけく実飛行してくれたF2が見えなかったのと、恒例の「富士山」の上部が、
隠れて完成形が見えなかったことが残念でしたか。

で、撮影の第一目標の「砲焔」撮影が期待でしたが、やはり連写秒6コマのD7000では
きつかったです。
一眼レフ光学ファインダで、瞬時の砲焔がバッチリ見えてしまったことがどういうことなのか…
帰って、そんなに撮れていなかったことを確認するや、D7500(秒8コマ)のカタログを
見て検討しても、結局、砲焔撮影のために買い替えはねえ~(貧乏性の小心者…)

もし、来年また行けそうになったら、その時は直前に「対応カメラ」買っちゃうかも。
そんな総火演での比較的良好な写真。最後のロボットは、IHI製のEOD(危険物処理/視察
ロボット)です。製造番号は最終桁が「5」まであったようです。
 

Re:三沢航空科学館に行ってきました

 投稿者:とんぺい  投稿日:2019年 9月 1日(日)07時54分13秒
  こんにちは。

三沢というところは行ったことがないのですが、いろいろあるもののようですね。
退役機やらの地上展示がある3枚目の左の、新幹線の駅のような外見の大きな建物が
科学館本建屋なのでしょうか?(1日飽きない、ともあり、そうであればスゴいなあ!)

昨年の秋に、北東北の温泉宿を巡り、青森県にも久々に泊まりました。晩秋の北東北はとても
よかったです。梅雨時期にもあの辺へ行ったことがありますが(今は無い、あるJRの安切符
の関係で)、夏に行ったことはないです。海峡側や日本海側辺りとか、なかなかよさそうです。

十和田湖からの引き揚げ、という辺り、国内でも近海まで含めれば、いろいろあるようですね。
小艦艇、航空機(海没処分以外に墜落分も含めれば結構ある?)、そして噂にもあった
4式中戦車など。
航空系の博物館/展示館では、所沢航空発祥、かがみはら航空宇宙科学博物館、航空自衛隊浜松
広報館に行きましたが、三沢もそれらクラスのものみたいでいいですね。

飛行機の屋外展示では、最近は、茨城空港のF4(2機の屋外地上展示)、実機ではないもの
(実大新作レプリカ)ですが、霞ヶ浦の零戦がダミー格納庫付きであります。霞ヶ浦のそこは、
隣接する土浦駐屯地・武器学校内の、走行可能な89式中戦車(走っているところ見ました。
最近の乗用車用エンジンに換装しているとのこと)、3式中戦車(これは走行等不可)、
現代までの戦闘車両のおもに試作車ほか多数、同様に戦前からの火砲(武器)、そして、
予科練記念館「雄翔館」(山本五十六元帥の像も)も観られてお得でした。
但し、最近行ったときは、事前予約がないので、ということで、入場できませんでした。

最近は、久々に大和ミュージアムに行ってみたいし、最近、ドキュメンタリーやドラマの舞台
にもよくなった呉、そして、ずっと昔に行った、やはり映画やらの舞台になった尾道、
そして広島市辺り。そんな「広島圏周回」がしたいのですが、なかなか難しいですね…

では。
 

Re:Re:Re:海って いいよねー

 投稿者:とんぺい  投稿日:2019年 9月 1日(日)00時54分28秒
  こんばんは。

「ニュースグループ」も使われていたのですね。
2000年ちょい過ぎ?まででしたか、動画はもちろん、写真掲載も見た覚えもないのですが、
映画やミリタリで、よく読み書きしていました。
そのプロバイダに入っていれば、最近のSNSやらで多いような【不必要な】電話番号や
位置情報とかの登録などなくて(あり得なくて)気が楽でした。
参加者も今ほどは多くなかったのでしょう。今でも、正直言って、twitterや、face bookより
性に合っていた感じですが…
また、アスキーなんたら、とかMSXも機材を買ってやってみたかったですね~。
そういうものもやられていたようで、いいですね~!

航空機は先に書いたA10みたいな重量級・重武装機はかなり見たくて、SR-71が確実に撮れるなら
かなり遠方でも行きたいです。SR-71、Mig-25/31なんて最高に好きな(興味ある)方です。
「ズムウォルト」は、似たデザインが、セガサターンのゲーム内のCG(往時ですから、精細度等
は低いです)か何かにあったような気がします。ズムウォルトの写真を初めて見た時、既視感も
ありましたし。

因みに、セガサターン、PS1/2とも稼働機を有していて、たまに、当時のお気に入りゲーム
で遊んでいます。それで得た知見?に、シューティング系高速ゲームでは、第一は高速度で、
そして流れがよければ、精細度は案外低くてもよい、というのがあります。

「いずも」型は、書店の雑誌や写真集で、今も大騒ぎ・大人気ですね。私もこの3カ月で
同型絡みの雑誌、ムックを2冊買っています。現代艦船は、実は更新が速く、規模も大きいから
戦闘車両(数は多いけれど実は殆ど同型で、各々は小さい…)、より多くて高密度な感じです。

「水」絡み、沖縄の離島も一度でも行きたいですね。ただ、せっかく国内であそこまで遠くへ
行くなら、1カ所に3泊はして、どへーっとしたいです…。
前に本島に行ったときは3月でしたが、離島でそれは天邪鬼ですかね~?

今日はCanonの、EOS90Dという新型1眼レフの9月発売記事を見て、
「Canonもまだ中級1眼レフ出す」と判り、Nikonもそうだろう、とやや期待。
いつのまにかNikon党で、「ミラーレス」には元々、そして高価格ゆえ、興味は全くなく、
さらにNikonのD500はいろいろでダメで、80Dと同級のD7500の次を
待望していました。 で、来年、総火演ほかに行けたら、是非に…!と期待しているのです。

あれこれ書いてしまいました。では。
 

三沢航空科学館に行ってきました

 投稿者:mori  投稿日:2019年 8月31日(土)23時33分42秒
  来週は三沢航空祭ですので、その前に飛行機について勉強しようと思い、青森県立三沢航空科学館という、とんぺいさんが好きそうな場所を見学しました。
三沢から出発して世界初の太平洋無着陸横断飛行を成し遂げたミス・ビードル号の復元機、十和田湖から引き揚げられたキ54練習機、そして屋外に展示された日米両国のいろいろな飛行機と、1日中いても飽きない場所でした。
ここに展示されている機体は、機内に入ったり操縦席に座ったりできるものが多いので楽しいですね。なお、機内に「部品を持ち去らないでください」という注意があり、やっぱりそういうことをするたちの悪いマニアがいるのだなあ、とおかしいやら悲しいやら。
 

Re:Re:海って いいよねー

 投稿者:かま  投稿日:2019年 8月31日(土)07時16分45秒
  とんぺいさん こんにちは。

ニュースグループは、私が加入しているプロバイダ(DTI)が対応していた時は、
fj.rec.のコミックスとかアニメ関係を見るだけでした。

 私はパソコン通信も“アスキーネットMSX”がメインでしたし、
 どうも主流から少し離れた所を好んでいるようです。(苦笑)

>船が「空中に」浮いているかのようで、海面上から「飛んで」海中を俯瞰しているような
>写真があるわあるわ!
>そんなまで透明だと、きっと、(水はなくて)落下して死にそう!と、最初は焦りますね。

たぶん船からですと水面がベタ凪でもない限りは、水を感じる事ができるはずです。
ご安心ください。(笑)
八丈島で潜った時に“青くは無いけど透明だった”事がありました。
偶然のコンディションでしたが、このような事があるとやみつきになりますね。
…潜っていたのは30年程前でしたが、沖縄に行っても離島へまっすぐ。
今にして思えば、嘉手納基地に行ってSR-71とか見てみたかったですね。

アメリカのステルス艦、特にズムウォルト級なんて20世紀に見せても
信じてもらえないでしょうね。(笑)


さて、観艦式に先立ち10月の5・6日に海自のイベントがあります。
横浜大桟橋では“いずも”の公開、横須賀でも護衛艦・潜水艦等の公開があるそうです。
別リンクのPDFを参照して下さい。
…なお、横須賀では“艦これコラボ”がありますが、DDH-184の“かが”が
来るのかどうかは私には判りません。(笑)
ではでは。

https://www.mod.go.jp/pco/kanagawa/kouho/event/10-5-6kankan.PDF

 

Re:松島に行ってきました

 投稿者:とんぺい  投稿日:2019年 8月28日(水)05時26分15秒
  こんにちは。

航空機撮影は、やっぱり、飛んでいるところがいいですね!
それも1枚目のような、十分なアップで撮りたいです。とても!
(それには、やはり、明るい超望遠(400mm~)レンズ、高速連写カメラが必須でしょうね)

かつて横田に行くきっかけにもなった、何故か大好きなA10の飛行中が撮れたら最高!
(A10って、飛ぶ割に、とても「メカ」「機械」的でいいです。プレステのゲームなどでも、
 低速でも、重防御で落とされにくく、圧倒的な対地攻撃力も超魅力で、よく遊んでいました)

とは言っても、3枚目のカラーリングのF4も、地上状態とはいえ、いいですね。
横田で、緑色系や、水色系の迷彩機体を見た時も惹かれました。
そんなで、割と重量級の航空機が好きなようです。
ミリタリへの興味は、戦艦(重巡)→戦車→航空機と来たタイプなので。

戦艦に代表される重量級艦船が、どうにも役に立たないことを悟っても、仮に、生きる時代が
戦艦活躍時なら、絶対、日本帝国海軍海軍艦政本部にて、戦艦~重巡の名艦を設計すべく、
平賀 譲海軍技術中将を目指して、東京帝国大学工科大学造船学科へ!なんて、中高時代は
よく夢想しました。
(けれど、さらに、あの方は、首席だったそうですね。それも含め、到底無理だけど)

でも、太平洋戦争において、軍として、国として、勝つために本当に有益な軍艦の一種類には、
きっと「大鳳」の改型的(簡単に爆沈しない等の意味で)な空母やらがあったのでしょう。
(けれど「大鳳」って、最高に「惜しい!」モノですね。その最後話を読むと残念で残念で!)
それに準じる「信濃」や「翔鶴」の最後なんて!明らかに当時の海軍は呪われていた!?)

話が完全に逸れてしまいましたが、そんなで、最近は、雑誌では、「世界の艦船」を買う
ことがとても多くなりました。写真もよいですが、読む部分もしっかりあって(量的にも)。
「PANZER」は、最近、写真が同じように見えてくるのと(MBT主体で見ればネタは限られる?)、
読む部分があっさり少ない気がしてしまって…(申し訳ないのですが、案外、立ち読みで
修得できてしまう?)
あとは、たまに(特集がよほど読みたい場合は)、「丸」や「軍事研究」。廃盤になっている
昔の「世界の傑作機」にも欲しいのがありますが。

いずれにせよ、2千円(~3千円)級の雑誌、雑誌タイプ写真集が多いですから、
そう簡単には買えませんよね~。
電子系雑誌「インターフェース」も、特集号(AIモノとか)なんか、やはり2千円級ですし、
「日経サイエンス」も特集号ですと、やはりそんなです。
とても困りますネ。
 

松島に行ってきました

 投稿者:mori  投稿日:2019年 8月25日(日)23時24分27秒
  今日は松島の航空自衛隊に行ってきました。
F-2、F-16、ブルーインパルス(3機だけでしたが)の飛行展示を見て、ずらりと並んだF-2Bをはじめとする地上展示機をいろいろ見て、すっかり日焼けしてしまいました。矢本駅から歩いて基地に行って、基地の中をあちこち歩いて、さらに歩いて矢本駅まで戻ったので、だいぶ足が鍛えられたような気がします。
米軍が一緒にいる岩国に比べれば小規模な基地ですが、イベントとしてはこれくらいがちょうどいいです。岩国は、飛行展示と地上展示をすべて見ようとすればとても一日では足りませんから。
しかし、同じ東北地方とはいえ、さすがに青森から松島は遠いです。始発に乗っても基地に到着できるのが11時ごろになってしまいますので。前日に移動して宿泊するくらいのことをしないと、午前中の飛行展示を見学するのは無理そうですね。
 

Re:海って いいよねー(Rep:観艦式)

 投稿者:とんぺい  投稿日:2019年 8月25日(日)22時56分30秒
  こんばんは。

この掲示板は、20年とか、かなり古い時から殆ど形式が変わらないものみたいで、
ビジターさんは、最初、困るかもとも思います。慣れるとよいのでしょうが。
私は、昔あった「ニュースグループ」という掲示板的なもの(例えば「映画」とかの趣味系の
集まり等ごとにありました)の扱いが性に合っていて、よく参加していました。
とても古いものでしたが。

海はかなり行かれているようですが、富士山は稀な存在なのですね。
でも、山頂に行かれているならいいですよ。
私は「2番目」の北岳:3,192mには登ったのですが(夏近くでしたが、きつかった…)、
富士山頂は登れていません。
5合目(2,500mくらい?)までバイクで行ったことがありますが、その辺では明らかに
エンジンパワーが落ちました。なので山頂(3,700m越え)は大変でしょう。

海については、よく見る写真を、「海 透明 船」で検索してみたら、
船が「空中に」浮いているかのようで、海面上から「飛んで」海中を俯瞰しているような
写真があるわあるわ!
そんなまで透明だと、きっと、(水はなくて)落下して死にそう!と、最初は焦りますね。

潜水艦はステルスにしても、概形は変わらないでしょうが、水上艦艇はいろいろ。
日本の護衛艦は、変わらなすぎ?(梯子状、ラチス形式マストとか…)のようですが、
欧米の最新型ステルス艦なんて、ものすごく奇妙な形のものが現実化していますね。
やっぱり、中高生時代に憧れた、2次戦前~戦中の軍艦、それも特に日本の軍艦が
カッコよくて好きです!
 

海って いいよねー(Rep:観艦式)

 投稿者:かま  投稿日:2019年 8月25日(日)18時48分30秒
  とんぺいさん こんにちは。
どうもツリーになっていないタイプの掲示板書き込みは少し苦手です。(言い訳)

富士山は若き頃に一度行きました。
新宿から高速バスで五合目までダイレクト、そして途中の山小屋で一泊して頂上まで。
…途中、高山病のような症状になりましたが予定通りに一泊したら治ってました。

海中の風景は、グラスボートという 船底にガラスが張ってあって海中が見られる
観光舟がありますが、個人的には潜水器材をつけて漂っていたり潜ってたいですね。
それこそ鳥瞰というよりも俯瞰ショットが見られます。(笑)

潜ると言えば潜水艦。
近頃の艦はステルス性能を上げるために船体に色々貼りつけているために派手な急速浮上は
しないだとかナンとかだそうですが、観艦式などのお披露目の日は古めの艦でザッパーンと
やって欲しいですね♪
 

R:eRe:Re:チャレンジ!? 観艦式:

 投稿者:とんぺい  投稿日:2019年 8月18日(日)12時55分30秒
  こんにちは。

観艦式のチケット、当たるといいですね。
富士山は確かに一生に一度は、と思います(未登頂です)。
因みに、「北岳」(3192m?)は登ったことがあるのですが、超きつかったです!
登りだけでなく、下りも案外厳しかった…。
でも、山頂やや下で、テントに泊まった翌早朝の御来光は最高でしたね~!

沖縄の海、浅いところから、もっと深い20mのところを「上から鳥瞰するみたい」に眺めるの
って、とても素敵な光景そうでよいですね~!(体感してみたい!)
南洋の海の写真で、海上に浮かぶ小舟を横から上手く眺めると、光線などの具合もあって、
「海水が透明過ぎて見えない」ため、小舟が空中に浮いているように見えることがあるようで。
あれなど、実際に観たら感動でしょうね。

行けていないし、今後も無理そうな地は、無数にありそうですが、そんな気持ちから、
行きまくる「探検家」も多いのでしょうか…
 

Re:Re:チャレンジ!? 観艦式

 投稿者:かま  投稿日:2019年 8月18日(日)00時52分13秒
  とんぺいさん おはようございます。
搭乗の申し込みは休日の申請の都合で10/12のみにしました。

さて、バンジージャンプですが、富士登山と同様に(?)一生に一回は やってみたいと思いまして。(笑)
あれに比べたらスキューバダイビングはキレイな海で潜る分には、とてもロマン溢れる光景です。

沖縄の珊瑚礁では、ほんの1m程の所でも色とりどりの魚達、または漁船で沖の方に行って海面から下を覗くと20mぐらいの海底を散策しているダイバー達が見えたりと、陸上からでは想像もつかないモノが見られます。
…常に海がベストコンディションである訳は無いのですが、そこはまぁ。(苦笑)
 

Re:チャレンジ!? 観艦式

 投稿者:とんぺい  投稿日:2019年 8月16日(金)00時54分0秒
  こんばんは。

バンジージャンプをやったというのはスゴいですね!
よみうりランドは以前、何度か行きました。
ディズニー系より、よみうりランドの、激しい、高Gモノの方が好きです。
(なので、ディズニーでの「迫力系」は物足りなくて、自分にはまったく行けていません)

けれど、バンジージャンプは絶対無理です。死ぬんじゃないかという気さえして(笑。
(だいたい、元はどこか海外の奥地の原住民の成人儀式ですよね?)
それで酔うというのは、短時間でも、あの大きな上下の揺れも、さぞやきついのでしょうね。

観艦式では、きつい航走はしません。天候が悪いなどあった場合の、ゆっくりした揺れなどが
どうなのでしょうか?(正直言って、その辺はよく分からないです…)
日程もどうなのか分からないですが(まあ、天候第一でしょうから)、出港地は一応、チェック
でしょうか。例えば、木更津は、当選倍率はやや低いかもですが、間に合わないとダメですし。
予行、本番の違いも、どちらにも同じ予定が入ったパンフレットが配られているようで、基本、
違いはないのでしょう(意識したことはなく、実際、本番に行ったことも殆どないです)。

潜水艦は、パンフレットで、どの辺りに浮上するか見当つけておけば、ビックリの急速浮上が
観られてナカナカですよ。
前々回(2012年)の際のまとめです ↓↓↓。どんなものが観られるかは分かります。
http://tompei1.la.coocan.jp/Kankanshiki121008-Opening.htm

動画はないですが、好天で最高でした。
好天の広大な海(相模湾内辺りですが)を、艦隊航行する艦上で、撮影したりのんびりしたり…
いいですよ~! 券、当たるといいですね!
 

チャレンジ!? 観艦式

 投稿者:かま  投稿日:2019年 8月15日(木)21時57分46秒
  こんばんは。
さて、乗り物酔いは三半規管の働きの個人差が大きいそうですね。
体内の加速度センサが敏感なのか、身体の動きを無視して暴走しているのかは知りたくもないですが。(苦笑)

去年、とある用事(笑)で1人で よみうりランド に行ってバンジージャンプをしたのですが、
落下の最中は大したことなかったのですが、落ち終わってからロープがビヨンビヨンと弾んでいる最中に酔いました。
…何も食べていなかったのが不幸中の幸いでした…が、その後はカツカレーも食べられずに飲み物だけで過ごしました。

まぁ普通の船なら、そんな動揺も無いでしょうから酔い止めの薬を飲めば大丈夫でしょう♪
…という訳で観艦式の抽選にチャレンジしてみます。
ただ、私はシフト勤務の都合上で予行日・本番すべてに休みを抑えておくのは難しく、オススメの日程があればお教えください。
内容は本番も予行も同じですよね?海の状況が同じでしたら本番だけ派手な操艦とかは多分無いですよね?
個人的には実際に動いている潜水艦は見たこと無いので、ぜひ見たいトコロです…って、双眼鏡やデジカメで探すと船酔いしちゃうのでしょうね。(苦笑)
ではでは♪
 

都内めぐり

 投稿者:とんぺい  投稿日:2019年 8月15日(木)00時27分58秒
  とんぺいです。
所要のついでに、そこの近く(都内)を周ってきました。
2日とも、時々の雨のおかげで?自分としては特別に暑くはなく、それでいて、そこそこ
晴れていてよかったです。

浅草辺りでは、隅田川越しに、定番のスカイツリー(建造中から、よく撮影していますが、
混雑がきらいなので、実はまだ登ったことがない…)、ビールジョッキをイメージしたという
アサヒビールビルが見える風景、そして、色々な遊覧船に混じって、「ヒミコ」型遊覧船も
見えました(あの、松本零士さんデザインの同型船はいつのまにか3隻にもなっていました)。
船はいいですね~(昔は、冬でも遊覧船のオープンデッキで景色を眺めていました)

浅草寺は、何故か、夏によく行くのですが、人は多く、中でも当たり前になった、外国人客が
とても多く、50%以上が外国人といって間違いないでしょう。
中国(台湾も)、西アジア(タイ、マレーシア、フィリピンとか?)の人が多かったですが、
今回は、近ヨーロッパ(例えば、トルコ、アフガニスタン、バルトとか?)、そしてロシア系
の人が増えたような…(浅草には、わりとよく行っているので分かります)
あそこに来ている人々は、面白く、楽しく思って(仲見世の玩具や、小物、文具の店は人気)、
そして好感を抱いて来てくれているのでしょうからよいですよね。
おもちゃの刀や忍者グッズを手に取って振り回している人なんかみかけるとこちらも嬉しいし、
一見怖いくらいの真っ黒日焼けの大男や、白くCuteなロシア系?の女の子なんかがそんなで
戯れているのを見かけて、特に微笑ましかったですね。

あとは、代々木の「代々木会館」。
そこは、今、上映中の『天気の子』の、屋上に小さな神社がある老朽ビルとして描かれている
ところ(映画で見たビルはもっと高くて、かなり違っていたような…?)で、もう一つ、
昔観て好きだったショーケン・水谷豊のTVドラマ『傷だらけの天使』の拠点にもなっていて、
あのドラマが終わったあとに、中を観に行ったことがあります(ず~っとむかしのこと)。
そのビルのすぐ近くの代々木ゼミナールに浪人生として通っていたので、当時、気楽に
行けました。

もう代々木会館は、取り壊し工事開始後で、中には入れません。じきに消滅しますし、
長らく行っていない間に、代々木ゼミナール(周り)もすっかり変わっていました…
まあ、代々木自体は、自分にとっては、ずっとむかしの「代々木ゼミナール」以外に、何かが
あるところでもないのですが。

代々木会館周りには、「聖地」見学で、いろいろ撮影している人は多かったです(自分みたいな
年配はいなかったけれど)。まあ、でも面白かったです。
因みに、映画は、一緒に『アルキメデスの大戦』も観たのですが、あちらで「聖地」的な
ものを求めるなら、広島方面ですね。
映画は好きな方なので、どこかへ行くと、あれこれ探そうとしますが、結構いいものです。
邦画だと、尾道辺りに行ったとき、『時をかける少女』(原田知世版)の現場を探したことが
あります。見つけたところで、ど~でもいいのだけれど、結構楽しかったです。
行き先目的がはっきりした、宝探し的散策といった?
 

Re:Re:Re:観艦式

 投稿者:とんぺい  投稿日:2019年 8月14日(水)23時27分49秒
  こんばんは。

暑いのでしょうが、昨日、今日は時々ザーッとなっているようで、都内に少し
でかけたのですが、暑さもいくらかマシな感じもしました。
ここでも晴れ男か?時々の雷雨やらの被害は受けませんでした(笑。

乗り物酔いはあっても、スキューバで怖くないのはよいですね。やったことはないのですが
海で顔をつけて海中を覗くと、チョットした恐怖感があります。
-吸い込まれて溺れないか?-

乗り物酔いは、何で、あったり/なかったり(私の場合)するのか分かりません…。
酒類に酔いやすい/酔いにくい、みたいなものでしょうか?(ただ、あれは、ガンガン飲んで
いれば応じて慣れて強くなっていく、みたいなものとも思っています)

観艦式行きたいですよね~(実際、私は、風を受けつつ雄大な海上を、威風堂々と進む艦船に
乗って体感できる観艦式が圧倒的に好き!)と言っても乗り物酔いきついですか?
 

Re:遠くなる観艦式

 投稿者:とんぺい  投稿日:2019年 8月14日(水)23時12分0秒
  こんばんは。
そうですか、「ミニ観艦式」は最近は行われていないのですね。
参加したことはないのですが、呉の行事の話などはよく耳にしました。

ホント、自衛隊行事のチケットとかは入手できなくなりましたね。
かつては、うらやましがられそうですが、観艦式、総火演、海保観閲式、と同じ年に
行ったこともありますが、海モノは、中止含めてとても難しいです。

観艦式は先日、顔写真登録もありながら、抽選申し込みしましたが、厳しそう…
前回の観艦式(2015)は、直前に、某所からお誘い的なものがあって、
本音、ぜひぜひ!でしたがどうにも都合がつかず諦めました…。
まだ「いずも」級やら、多くの新鋭艦をリアルで観ていないのでね~。

前の書き込みで触れたように、飛行機の飛行中写真がどうにも上手く撮れなかったのですが
(根性ナシで諦めています)、観艦式では、シーン選定、タイミング、そして運もあれば、
満足できる写真が結構撮れるのも嬉しいですね。
さあ、どうなるやら…
 

Re:昔の千歳航空祭

 投稿者:とんぺい  投稿日:2019年 8月14日(水)22時58分15秒
  こんばんは。

3枚の写真、いいですね~。
1枚目のような、航空機の、飛行中の動的写真が撮りたいなあ、と長く思っていましたが、
おもに適当なレンズがなくて?また、カメラ自体も厳しく、まったく撮れませんでした。
最近は、まあ、いいか。と諦めてしまいました。
機材のせいにしていますが、機材は重要で、それに不足があればやはり厳しいですね。

ですが、戦闘機などの飛行中のアップとかいいよなあ、と思います。
2枚目は、今は無き?747の機体にF15が写っていてこれまたいいし、3枚目もきれいな
整列でいいですね(昔の、ゼロ戦や九七式戦車を大増量した写真なんかを連想しますね)

まあ、その辺は、結局は被写体への愛着、愛情みたいなものによるのでしょう。
いいですよね。

ちなみに、747は、国際線で初めてでかけたとき、ある妙な幸運で、2階席に座ることが
できました。その際の2階への通路が「らせん階段」であったことがとても楽しい印象を
残しています。飛行機の中にらせん階段、というのがおかしくて、とてもよかったのです
(多分、その時の自分は何回も意味もなく往復したでしょう)。
そういうの好きですね~
 

Re:Re:観艦式

 投稿者:かま  投稿日:2019年 8月10日(土)23時15分9秒
  とんぺい さま、ごぶさたでございます。
去年に比べたら数字上は涼しいはずですが、猛暑ですね。

乗り物酔いは船と車に弱く、電車と飛行機は大丈夫です。
…ヘリコプターは乗った事無いので分かりません(笑)

スキューバダイビングしていた時は、漁船のへさきで風を受けている間は余裕なのですが、
水面でユラユラただよっているとダメです。
客船だと船室でゆっくりと揺られているだけで無理です。(苦笑)
まぁ強い酔い止めの薬は飲んでいますが。

各基地の友好祭・航空祭も、こんな気候だと水分を補給していても熱中症になりますね。
目標は人間多目の入間基地航空祭(11/3)あたりでしょうか?
ではまた。
 

遠くなる観艦式

 投稿者:はるな  投稿日:2019年 8月10日(土)00時45分29秒
  とんぺい 殿 観艦式の話題が出ていましたので

写真は今年三月の江田島練習艦隊出航

旗艦かしま、錨故障により出航できない為、次席指揮官の乗る護衛艦いなづま、が旗艦を
置いて出航する様子です。時間厳守の自衛隊は間に合わないと司令官も置いて往くのです


観艦式、年々競争率が高くなりますが特に募集難の進展、少子高齢化と隊員終身雇用制度の
見直しにより、厳しくなっていまして、志願してくれそうな若者の囲いこみ激化が影響して
いる、という。同時に観艦式の行われない年度に実施されていた地方隊展示訓練は2014年を
最後に実施されておらず、これは海賊対処や南西諸島警備と友好国プレゼンスオペレーショ
ンに弾道ミサイル監視任務、部隊が忙しく成り過ぎている事との相乗、という

現在、手堅く艦隊行動を視る事が出来るのは毎年三月の幹部候補生学校卒業に伴う練習艦隊
出航で、4~5隻の護衛艦と練習艦、そして航空機が10~15機程度参加し、これは陸上
から見送る事が出来ます、乗せる艦の削減と見せたい対象の絞り込み、観艦式は遠くなって
しまいました

http://blog.goo.ne.jp/harunakurama

 

昔の千歳航空祭

 投稿者:はるな  投稿日:2019年 8月10日(土)00時29分47秒
  とんぺい 殿 こんばんは

ちょっと前の千歳航空祭、懐かしの政府専用機写真とともに

747は迫力があって好きです

政府専用機、仰る通り747の印象が強かったのですが、最盛期に106機も運行していた日本
航空が経営再建時に全部廃止してしまい、欧州や北米と東南アジアやアフリカと南米に基
地を持たない自衛隊は日本航空を通じて現地整備支援を依頼していた事情がありまして、
整備支援を暫定的に747を数機維持している日本貨物航空に依頼したものの根本的な解決と
成らず、新型機になった、という寂しい事情が…

ボーイング787や777、エアバスA-350が候補とされたようですが、航続距離の観点から777
になった、とも。個人的に思うのはKC-767やE-767にC-2とB-747はエンジンの共通性があり
ますので、日本航空や全日空の中古機と併せ、整備支援設備の無い遠隔地へも器材を空輸
できる基盤を政府専用機の増勢というかたちで実現し、要人輸送よりも長距離輸送機とし
て複数機を活用できなかったかな、とは、思ったりします

http://blog.goo.ne.jp/harunakurama

 

Re:千歳航空祭のコンデジ写真

 投稿者:とんぺい  投稿日:2019年 8月 7日(水)23時00分51秒
  こんばんは、はるな殿。
千歳で写真のような展示・デモがあるのですね。最近は北海道も暑く(熱く)なるみたいで
チョットきつかったとか?

政府専用機は、B747のイメージが強かったですが、民間での退役に合わせて、代替わり
ですか(ホント、アメリカ相手によく金を使うね!)。
中の一般公開はなかったのですね。
観艦式の艦内公開、その他、何でも内部の構造や、広さ、生活しやすさとかを見るのがとても
好きです。
下で書いた、(やや古めで居住性イマイチの)潜水艦艦内と、1年くらいも?「暮らす」
南極観測用「しらせ」の艦内など、比較する(写真など見つつも)のは結構楽しいです。
(それにしても、どんな艦でも、長期居住は大変でしょう…)

ミリタリ系行事は1眼レフ(D7000)中心ですが、最近は、連泊するような旅行比率が高いので、
こちらも軽快なコンデジばかりとなっています(但し、1インチ素子とかのきれいに写る機)。
最近のミラーレスには全く興味ないのですが(光学ファインダに憧れてカメラを始めたような
ところさえある身として…)、一眼レフは重いです…
相変わらずSONYのRX100-Ⅵ(月末にマイナーチェンジのⅦが発売)が欲しいのですが高くて!

まあ、一眼を使う行事にも行きたいですが、観艦式もあまり超望遠要らないかな?とか。
ではでは。
 

Re:観艦式:乗艦応募が始まりました

 投稿者:とんぺい  投稿日:2019年 8月 7日(水)22時40分42秒
  こんばんは。
「“かま”こと かまだ」さま。ご無沙汰しております。

こちらも猛暑で、外を移動する際は、短区間であっても、まいりますね。
子供の頃に観た「光速エスパー」(実写版)で、日射が強烈すぎて、殆ど外にはいられない
(まともに日射を浴びると死んでしまう?)、ある星が舞台となった話がありましたが、
それを思い出してしまいます(笑。
エアコンのあるところに逃げていたいですが。

観艦式は、私も先週末に申し込んでみて、顔写真ファイルのアップには驚きました。
正直言って、観艦式のチケットであれば、もし仮に、好天と分かっているとすれば、
「かなり高価でも欲しい」ものです。

こう言って失礼しますが、乗り物酔いしたことがない者として、どんな艦にしても、
やや揺れる艦橋前の甲板辺りで、風に当たりながら(航走しているから常に強い風を受ける)、
海や空を眺めたり、最高ですね~!

ずっと外にいるのがきつければ、艦内巡回もよいです。
昔は入ることができた、艦橋内や、機関(の操縦・指令室)も中はメカメカしくてよいし、
食堂や、医務室なんかも見ればとても生活感が感じられて興味深いです。
観艦式でではないですが、「しらせ」の広い各船室に比べ、護衛艦のそれらは狭いです。
ちなみに呉の「鉄のくじら館」の「あきしお」実物の艦内とかはひどく狭く見えて、それも
とても生活感がしていました。

ま、抽選でとなると、かなりの倍率のようで(数十倍?…?)、あまり期待せずに待ちますが、
けれど、観艦式には何とか行きたいですね~!

で、横田基地なんですが、イマイチ不調で、炎天猛暑の中を巡回するのもきつい感じです。
(以前の、撮影と本HPの写真掲載やら、我ながら、よくやるわ、と感心してしまいます…)。
何かサプライズ機(前に、B2の、幻の噂がありました)が来るとかあればとも思いますが。
で、お会いする方は、その後の別行事でもいいですね。
ということで、観艦式とか行けたらよいです。季節もいいし(写真は2012年観艦式での撮影)。
ではでは。
 

千歳航空祭のコンデジ写真

 投稿者:はるな  投稿日:2019年 8月 5日(月)21時50分46秒
  とんぺい 殿 こんばんは

日曜日にちょっと冒険へ千歳航空祭へ行ってきました、Mori様の岩国写真を観まして、ひとつ
こちらも撮りに行こう、と。写真はコンデジ、そのなかでも望遠に強みのあるG3Xで撮影しまし
た、EOS-7Dと連結して撮影しまして。新型の政府専用機が好い面持の航空祭でした

http://blog.goo.ne.jp/harunakurama

 

観艦式:乗艦応募が始まりました

 投稿者:かま  投稿日:2019年 8月 3日(土)02時58分36秒
  こちらでは初めまして。Facebookでお世話になっております“かま”こと かまだ です。
この猛暑な日々、いかがお過ごしでしょうか? 私はヘロヘロです。(苦笑)

さてタイトルですが、観艦式の乗艦券申し込みが8/1から始まりましたが、
今回は転売防止のため顔写真添付というのも何か物々しいですね。
私は船酔いが激しい体質なので、横浜の大桟橋に大型のDDHが寄港するならば
事前に見に行ってみようかなと言う程度です。

…話は変わって横田基地の友好祭ですが、9月の14・15日だそうです。
相変わらず私は小食ですが、肉煙を浴びに(?)行きませんか?
ではでは。

https://kankanshiki2019koubo.jp/

 

Re:三沢アメリカンデーに行ってきました

 投稿者:とんぺい  投稿日:2019年 6月30日(日)15時25分15秒
  こんにちは。

最近、兵器的なものも、一層高度化してきて、ステルスや、電子化も理解しにくいくらいの
謎化、ミサイルも超高速化、そして艦載では、レールガン、レーザーなどが増えそうですね。

レーザーなんて子供の頃、兵器であっても妙に憧れみたいなものを抱いたり、何年か前にも、
このHPにも載せた、レーザー搭載ミサイル迎撃機とか、スペックを妄想してみたりと…

けれど、そんなのが当たり前化しつつある今、自分としては、なんか冷めてきています…。
異常に金がかかるし(自分だって、結構払うことが実感できるくらいに…)、
それが、運用の意味やらも説明不十分で、政的に爆買いさせられたりで…(何とアホらし!)

で、そんなことだけが理由でもなく、そういう「交流会」的な行事に惹かれたりします。
よく言えば、文化交流ですし。

横田や、横須賀の、兵器展示エリアとは別の「後方支援的」催しはいいですね。
大きく分厚い、肉パテを、煙をあげながらジュージュー焼いて、それをはさんだ
ハンバーガーなんか、今、思い出しても食べたくなります。いつ行っても食べたいです!
よく売られている、ゲータレードは、色鮮やか:毒々しすぎて、飲んだことないですが(笑。
厚木でみかけた、茶道部?の発表会では、きれいな白人のご婦人が、綺麗に和服で正装して
お茶をつくっていて、よくできた「セット」とも、感動的でした。

写真のロボットは、今見れば、古いですが、知る限り、1990代初頭に、サブクローラ
(フリッパ)を初めて的に搭載した、米国産の「ANDROS」というシリーズのもので、
後に、WESTING HOUSEに移管され、その後、Rockheed Martinかどこかに移されたものです。

今、日本で、原発探査や、廃炉用に、いろいろなロボットが試作されていますが、
それらに搭載のサブクローラやらは、既に、30年近く前に搭載されていたものでした。
(私だって、名案がなくて、似たものを作ったりしたので、バツが悪いです)

ぜんぜん進歩していない、「古い」のは、今の最新物かもですね。
日本のロボットはどうなるのでしょうねぇ?(工場内などのいわゆる産業用は除いて)
 

三沢アメリカンデーに行ってきました

 投稿者:mori  投稿日:2019年 6月23日(日)21時53分56秒
  三沢市で「アメリカンデー」というイベントが開催されました。あいにく霧雨の降るイベントには不向きな天気でしたけど。
ミリタリーイベントというわけではなく「お祭り」なので、軍用機のフライトデモや地上展示はありませんでしたが、米軍の消防車や除雪車などの作業用車両が基地の中で展示されたり、基地の前の道路を行進したりと、後方支援用装備をいろいろ見ることができました。
個人的に面白いと思ったのが爆弾処理用ロボット。カッコ良さ、スマートさとは無縁の、いかにも「手作り」という感じがするメカです。なんだか大学時代に作ったロボットを思い出しますね。
 

観艦式

 投稿者:とんぺい  投稿日:2019年 6月21日(金)22時41分37秒
  こんばんは。

観艦式のホームページを何気にのぞいてみたら、乗艦券の申し込み、抽選は「夏頃から」
だそうで。もう夏ともいえるし、7月から?でしょうか、何とか行きたいですね~
平成24年度はバッチリ行けて、天気も上々でしたが、平成27年は、お誘いは受けたのですが
諸事情で行けませんでした。その後書店で売っていた、観艦式特集記事のある雑誌が
恨めしかったです…(やっぱり、自分で行って撮影したい!)

今週、周りでオリンピックの抽選入場券のことをいろいろ聞きましたが、みな1人数万円~で
驚きです。10万円!級の券を狙っていた人もいました。
IOCやらJOCやら(それ、集金団体ですか??)、そしてきっと都さえ大儲けのはず。
国民の税金数兆円以上を浪費投入しておいて、そんな高値で販売って驚きですね~

私は、観ないことはないですが、エアコンを効かせたウチのテレビで十分OKです。
何で8月頭にやるんでしょう?それは結果的には、みな米国視聴者様、スポンサー様、
特に他国際スポーツ関係協会様のためですねぇ!
「集金是第一」の大会ですから!(苦笑。(1964のときはきっと違ったのでしょうね)

そして観艦式とか、ちゃんと暴利なんか全く取らないで還元してやってくれる。
外れたってまあ、納得ですよね。
とはいえ、外れないで、何にしても今回、
『令和元年観艦式』いい天気でぜひ乗艦して臨みたいですよ!!
写真も、バッチリ撮りたいです。う~ん、行きたい!
 

/26