<思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


謹賀新年二〇二〇

 投稿者:はるな  投稿日:2020年 1月 2日(木)15時53分55秒
  とんぺい 殿 あけましておめでとうございます

http://blog.goo.ne.jp/harunakurama

 

Re:コンデジ高騰

 投稿者:とんぺい  投稿日:2019年12月 5日(木)23時23分47秒
  こんばんは。

今日はいろいろあって、量販店にも寄りました。
よく行きますが、それでも何年か前と比べると、だいぶ、様相が変わってきました。

> いやあの価格はちょっと、と思いつつ、

デジカメや、カメラ雑誌コンテンツも、「何で、こうも急に、激しく!?」と思えるほどの
「ミラーレス」攻勢… あれって、多くがメチャ高価格路線ですよね?

中学生以前に、カッコいい一眼レフのファインダに魅入った(レチクルやら入った戦闘装置の
照準器なんかに惹かれたように。刷り込まれた?)者として、
ミラーレスは、すみません、言っちゃ悪いですが、私にはただの大きな高級コンデジにしか
見えないのです… そして、その中心価格帯?がボディだけでも数十万円!? Incredible!!

> 動画機能ばかりが強調

秒20コマとか、30コマとか言っていて、一見、「スゴい!!」ですが、よく調べると、
それが数秒間しか撮れない!某社のはたった1秒間!!それでどう使えるのでしょうね。
→ハッキリ言って要らない!
なので、画素数は落ちますが、4K動画(秒30コマ~)から切り出す、一時、パナソニックが
大宣伝して、結果、気の毒にも理解されなかった方法の方がずっと使えます。

あと、ついでに、どこの量販店でも、
5万円以上から10万円もする「掃除機」に、「扇風機」、そして「加湿器」まで!
そして、一時、真に驚いたのは、一体型ドラム式の洗濯機。眺めると中心価格帯は
25~30万円!中には40万円とかも並び、もうビックリでした(1年前のこと)。
Incredible!! (今は20万円以下の中級品も増えているそうですが)

チョット前には、「非正規」の人々、パートタイマーの労働人口比率が大いに高まって、
それらの人々は賃金が低いから云々と、議論が見られましたが、そういうシロモノ家電を
見ていると、考えさせられますね。う~ん。

洗濯機とか、数年前なら、「洗濯機本体+上置き乾燥機」の一式がよかったです。
因みに、その一式ですと、何と!「2ステージパイプライン処理」ができるのですヨ(笑。
そんなたくさんの処理能力は自分には要りませんでしたが。

で、そんな一式は、当時、10万チョイで買えました。しかし、上記のような高価格品の
シェアが急増してか、安いものはどんどん駆逐されてしまいました。困ります(涙)。
結局は、その構図が大問題なのです!
正直、10万円もするスマホなんて最悪ですが、一部の格安機をのぞけば、そういうのが
圧倒的メジャーになれば、安いのは駆逐され、「超高価品」を買わざるを得なくなる…(怒)

まあ、カメラは多分に趣向品ですし、高級コンデジが10万円でもいいのですが、貧乏性で?
私には10万円の、普通型の掃除機なんてゼッタイ買えない!

と、思っていたら、買えないで、抑え込んでいた、SONYの憧れのスーパーコンデジ
「RX100Ⅶ」が、再び「買うべし!買うべし!」と迫ってきました。
(因みに今日の価格は、ほぼ15万円でした…)。
3年前に、その半額未満で買ったG7XmkⅡが好調で、何台も要らないですから、
多分買わないです。で、その後、またくすぶる自分(笑。

では。
 

コンデジ高騰

 投稿者:はるな  投稿日:2019年12月 1日(日)22時51分20秒
  とんぺい 殿 こんばんは

今度は仁和寺の五重塔写真です、良い具合に椛の狭間を見つけましてちょっと気取った構図
としてみました

>デジカメをみると、欲しいようなものは価格がどんどん高騰

ご指摘の通りで、PowershotG7XmarkⅡが出たのでカメラ店へ行ってみますと、いやあの価格
はちょっと、と思いつつ、映像センサーの改良以外はUSB給電くらいしか目新しいところが
無く、しかも写真を撮る身の上では使い道のない動画機能ばかりが強調されまして。いっそ
動画機能を持つPowershotG7XmarkⅡplusと分けて欲しいなあ、と思ったりもしました

高性能というよりも、カメラとして使いやすい形状の、例えばフジフィルムX-20みたいな、
カメラ好きが手で触れば感覚で写真を記録できる形状の古くからの愛好家を考えた形状では
もう開発する気は無いのかなあ、一種カメラの形状をしたスマートフォンならば、ちょっと
購入欲を動かせないぞ、そんか感覚で新製品を観てます

http://blog.goo.ne.jp/harunakurama

 

Re:紅葉の清水寺

 投稿者:とんぺい  投稿日:2019年12月 1日(日)18時15分29秒
  こんばんは。

実際に行って撮影されたのは土曜夜なのでしょう。確かに書かれているように混んでいそう。
ピーク時期でなくとも、京都の夜とか寒そうですね(大寒:1月20日頃とかスゴそう!)。

ずっと前に正月年越しで行きましたが、小雨まで降って、寒くてたいへんでした。
そういうときに、あの辺の湯豆腐でも食べたかったのですが、あれが恐ろしく高価で、
店には入りませんでした(笑)。
小さい土鍋に湯豆腐半丁と、お盆には、添え物が並び、1人前二千円以上だったかな?

でも、UPの写真は素晴らしいですね!そういうの、一度、撮りたいものです。
照明のきれいな光芒、それも青色。そして紅葉がちょうどよい真赤で写っています。
どちらもリアルなよい色でバランスしています。どちらか一方の色だけの絵なら、
Photoshop等で簡単に誤魔化せますが、そうではなく。
そんな写真、頑張ってください。

最近は、ミリタリ写真もやらなくなってきていて(レンズ器材が不備だし、高くて買えないし、
また重そう)、実際は根性がなくなってきています(笑)。

量販店でデジカメをみると、欲しいようなものは価格がどんどん高騰していて困ります。
けれど、今の手持ちでも十分なので、それらで頑張ります。
では。
 

紅葉の清水寺

 投稿者:はるな  投稿日:2019年12月 1日(日)15時43分30秒
  とんぺい 殿 こんにちは

いよいよ師走になりまして、ちょっと師走を前に昨夜、清水寺に行って参りました。実は
週末の夜なんて観光客満員で終末の夜の如く大混雑を覚悟したのですが、思い出したのが
夜の特別拝観が今日までという事で、最終日よりは大丈夫だろう、と

夜の清水寺、しかし、拍子抜けしましたのは平成の大修理が続く中で清水の舞台が足場で
覆われている為でしょうか、混雑はそれほどではなく拝観券も、・・・夜九時近かった為
という理由もありそうですが、待ち時間なしでした。それでも紅葉は素晴らしく、いって
良かったです

http://blog.goo.ne.jp/harunakurama

 

Re:Re:Re:Re: Re:観音崎ツアー情報

 投稿者:とんぺい  投稿日:2019年11月28日(木)05時27分12秒
  こんにちは。


> キャノンG9X-mk2を買いましたんで、暗い場所には滅法強くなりましたね。

私も同時期、同社の、1インチ撮像素子機(その点は同じ)を持っていますが、いくらかでも
暗くなると、もう1台の1/2.3 インチ素子機に比べ、格段にきれいに、高い精細感を
維持したまま撮れて、その差は時に圧倒的です。たまに、いくらか色合いやらが悪化しても、
Photoshopのわずかな操作で完全復活できるレベルです。

それまでのコンデジ(一眼でも)では、プリントしたり掲載する場合、それら原版の多くで、
ワンクリック操作で簡単にではあっても、Photoshop補正を施していました。
けれど、上記機(G7XmkII)になってから、それら後処理が殆ど不要(レベル補正や
コントラスト補正を施しても、もはや違いが出ないくらいに)なりました。中々です!

で、今後はそういうものが続いてあるなら、ずっとその線かもです。
そして、そういうことにユーザー、そしてメーカーも、はっきり気付いたのか、
最近、その線は、ひどく高価格化(10万円超え)してきました(困るなあ)。


> 千代ヶ崎や猿島の方が

私はどれも未踏ですから、行ってみたいものです。
ゼイタク言うなら、さびれた遺構がよいので、人気の混雑地帯であるなら(何かの記事の
写真ではけっこう人が多かったです)、人が少ない平日がいいのですかね。
費用についてはまったく同意です。1万円は高い!(格安日帰り食事付温泉バスツアーなみ?)


> 『鬼戦車T-34』

先に紹介した方のT-34を知った「PANZER」の記事(監督インタビュー)によれば、
「鬼戦車T-34」(ナンて邦題だ!w)は、今回のT-34が爽快なエンディングであったのに対し、
悲しい?寂しい?モノのようです。けれどわりと有名なので、観てみたいものです。

けれど、実戦車が登場する映画、というなら、T-34を使ったものがけっこうあるようですね。
上記「T-34~」でも独軍のIII号やパンターが何台か登場しましたが、それもT-34ベースの
ようでした。中々の出来でしたが。
「もう1回観るぞ!」と意気込んでいましたが、どこのシネコンでも「アナ雪2」の
「異常」なばかりの上映回数/日(ある館ではある日に21上映/日!ビョーキだ!)で、
まともな時刻には観られなくなってしまい諦めました。酷いものです!

「プライベート・ライアン」のティーガーも多分、T-34ベースのハリボテでした。
ず~っと昔に、きれいではない、小さなブラウン管テレビで観ても驚きだった
「ヨーロッパの開放」というソ連(当時)映画に、JS-3(実車)の部隊が登場していて、
慌てて三脚を据えて、カメラ(フィルム)でバシャバシャ撮ったのを覚えています
(当時、JS-3の、しかもカラー写真はあまりなくて)。
今、思い出したので、改めて、きれいに観てみたいです。

設置双眼鏡のは、いい感じで撮れていますね。
観音崎では、同じように沖を、ゆっくり?航行する大型船を、あとでプリントするあても
ないのに、よく撮影していました。1枚目の写真のような大型コンテナ船が多かった印象です。
ときどき護衛艦が混じっていると喜んだり。

添付写真は、観艦式の際の艦からの写った観音崎(電波灯台?ですよね?)。
ちなみに逆光で、原版では艦はほぼ真っ黒につぶれていて、水平線は1°くらい傾いていて
(1°の傾きでも人の目には困るくらいに認識されますね。人の目ってスゴい、といつも
思います)、簡単な操作でもこんなレベルにはできるので救いです。
昔のフィルム時代に自分の暗室(特にプリントのために)がとても欲しくて、できなかった
のが、今はそれ以上の高機能が得られて、とてもよいです。

ではでは。
 

Re:Re:Re: Re:観音崎ツアー情報

 投稿者:峠の虎  投稿日:2019年11月25日(月)20時44分18秒
編集済
  >遺構写真イイですね。

この時のために(違う)キャノンG9X-mk2を買いましたんで、暗い場所には滅法強くなりましたね。
ただ、1/60秒でも10%くらい手ブレNG写真にしてくれるという困ったちゃんです。
ピンボケは3%くらいで済んでますが、ここぞという瞬間の撮影では30%くらいピンボケしますね。
ピントOKを擬装するのはやめて欲しいです。


「ナバロンの要塞」感は、千代ヶ崎や猿島の方がありますね。

>ちなみに、海堡と猿島のツアー(だっけ?)っていくらくらいなんですか?

ほぼ1万円コースですね。
猿島抜きで5000円くらいなら考えてもいいかな?という感じですが。
下がるまでは待ちますね。

T-34と言えば、昔『鬼戦車T-34』というのがありましたね。
DVD持ってますが、内容は忘れました。

写真は展望園地の無料双眼鏡越しに。
軸線から1ミリずれると何も映らないというシビアさでしたが。
遺構は海自前の水中聴音所です。
 

RE:Re:×15 海って いいよねー

 投稿者:とんぺい  投稿日:2019年11月23日(土)20時03分5秒
  こんばんは。

じっくり電子工作したいですね、ホントに。
学生の頃は、「毎月買う」トラ技が本棚にずらっとあって、それらを参考にしたりしつつ、様々な
電子回路を創っていました。
当時はパソコンは黎明期だったし(だから高価すぎて、自分には手が出せなかった)、
マイコン単品だって、とても高価だったから殆ど使わなかったです。
なので、中核は、4000、4500シリーズというC-MOSロジックICシリーズ、
まれにTTLの74シリーズを使っていました(当時は、雑誌などでは74シリーズ優位でしたが、
私はC-MOSの方がずっと使いやすく思え、C-MOSこそが優れている、と確信していました)。

ただ、ああいうのは、私の場合、いったん始めると、いいところでSTOPして、頭を切換えて、
就寝したり、外に出かけたりするのがきつかったです…。
むかし、プラモを多く作っていたころも同じです。プラモは先の予定がだいたい読めますが。
だから、徹夜が間に入ってもよいから、連続で作業して、早く早くまとめたいです。
そういうせっかち性が、困りもので、結果的に、体にもとても悪いですね(笑。

> “発想”を組み合わせる事で実現できるモジュール化は

とても便利な物なのでしょうね。

> そうですね。なんだか基礎を抜きにして応用問題を解いているような気です。

そうですよね。それらが、いわゆるブラックボックスであっても、一応完結したモジュール
であることによる多大なメリットはとてもよく分かります。
ただ、どうもそれらの内部や、機能であっても詳細に知っておきたいタチなんです。
それと、一番は、他の、とてもスゴく扱える人々の開発においても、そういうブラックボックス自体が、
時々、謎の不具合を起こしたりするのをいくらか見てきて、まだまだ取っ付けない状況でした。
(結果的に、それら不具合は到底、自分には直せないレベルの難しいものでしたし)
まあ、そんなにビクついていないでそろそろ始めなきゃ。いくらか揃えてはいます(笑。

> 私個人の感想としては、周辺音が少なくなれば再生の音量は上げなくても十分なので
> 耳にやさしいと思います。

このご説明、とてもよいですね!確かに当たり前的でも、私はそんな風には思っていませんでした。
これで、買うのもありかな、っていう気になりました。
耳の聴覚器の蝸牛管の中の、検知器でもある部分の、聴細胞?とでもいうところが、あまり大音量で
聴いていると、それら細胞が少しずつでも、確実に再生不能で死んで行くと聞きました。
だから、総音量を減らす、その目的はとても健康で、よいですね。

> まぁ、そこらへんは使い方次第ですね。

SNSのうち、Twitterは、今は、ほぼ停止してしまっています。
「並の人」なのか「小市民」なのか、どうも「いいね」が付くことを、少なくともいくらかは
気にしていました。
ただ、Facebookをみても、概ね、フォロワー数にかなり依りますよね。

気が向けば、おいおいです。電子工作や、ソフト開発なども速く始めたいです。
先ず、とにかく早く始めよう。

ではでは。
 

Re:Re:Re:いずもを見に行ってきました

 投稿者:とんぺい  投稿日:2019年11月23日(土)18時58分18秒
  こんばんは。

明日とか、久々に遠出しようかと思っていましたが、雨のようです。
「晴れ男」と称していましたが、今年はどうもイケません。で、明日は籠っています。

> さしずめ とんぺいさんは“乗り艦”でしょうか?

そうですね。やはり前甲板で風を受けて…とかを体験してしまうと。いいですよ、あれは。
それとHPの方にも上げていますが、停泊艦には一通り乗ったのと、船体内は、案外
どの艦も似ているし、第一、船体内にいると、どの艦に乗っているか全く分からないし。

あと、例えば10年前は入れてくれた、艦橋内、機関室(機関指令室?ジョイスティックとか
で操縦手が指示に従って動かす、あの船体内の部屋)は入れなくなりましたよね。
ともにカッコいいエリアなんですよね。CICには入れなくてもあそこに入れれば
十分だったり。
前に、ガスタービン艦に乗って、あそこにいたら、出港に合わせて、ジェット機のエンジン音と
似ているけれどやや違う「キ~ンン・・・」みたいな音が、大きく響き、SF的でさえあって、
感動しました。

あとは、艦の大小にかかわらず、食堂、医務室(食堂のゆったり具合で艦の新旧雰囲気が
伝わるし、大きな艦だと、手術室やレントゲン装置があったりして、いろいろ想像します。
武装艦ではないですが、「しらせ」が艦内奥も全く違っていて、ゆったりしていて、いいなぁ、
と思いました。まあ、乗員はずっと長く連続で乗艦するのですからね。。。

でも、「いずも」型には一度乗ってみたいですね(「空母のエレベーター」は「ひゅうが」や
「ジョージ・ワシントン」で体験していますが)。

先月、このHPに空母関係の記載を追加して、中に、お気に入りだけど、あっけなく沈んで
しまった「大鳳」もコメント付きで加えました。
マリアナ沖海戦で、たった1発の魚雷の衝撃で、エレベーターが壊れ、ガソリンがタンクから
漏れ出し… そして発火、大爆発、あっという間に沈没… ということから、
「いずも」型(そのうち固定翼機空母となる)、そして「ひゅうが」型は大丈夫かな?
と、余計なことを考えてしまいました(笑。

> なる動画が上がってます。
動画は観ました。ダイジェスト版もあるといいですね。
リアル観艦式、行きたいですね!!
 

Re:×14 海って いいよねー

 投稿者:かま  投稿日:2019年11月23日(土)00時04分44秒
  引き続いて、こんばんは。

>電子工作
>オープン、フリーでモジュール化されるようになって、先に書いたように、すべてが
>「組み合わせ工作」にみえてきてしまって、やらなくなりました。
>「作る」~特に「創る」感が失われてですね。

>今時の、中身が不明なモジュールの組み合わせでは、なんか、「自分で作ったぞ!」という
>実感が湧きません…

そうですね。なんだか基礎を抜きにして応用問題を解いているような気です。
でも極々一部の天才にとっては“発想”を組み合わせる事で実現できるモジュール化は
とても便利な物なのでしょうね。


>ハイレゾは、どうにも私には不要ですが、ノイズキャンセルとかってどうなんでしょう。

安いイヤホン型のを結構使っていますが、個人的にはとても便利です。
普通に装着しているだけだと、圧迫されるような違和感やホワイトノイズがありますが、
地下鉄ですと車内音がかなり静まります。

>技術的に興味津々なのですが、ほかの、周辺の音とかが聴こえなくなるのも逆に怖い?

とんぺいさんは心配性でいけませんね。(苦笑)
市販品で周りの音が聴こえなくなるのは、耳栓と呼びますし、
大音量で音楽を聴いているほうが周りの音が聞こえません。(笑)

>あるいは、屋外で音楽を聴いているようなカジュアルな状況で、そこまで周りの音が邪魔と
>いうこともないような気もしますが。

私個人の感想としては、周辺音が少なくなれば再生の音量は上げなくても十分なので
耳にやさしいと思います。


>TwitterやFacebookは、どうしても、いくらかでも変に気を遣って?忖度して?書いていたり
>する自分が見えて、面倒だなあ、とか思えるようになって遠ざかって行ったような…。

まぁ、そこらへんは使い方次第ですね。
私は空気を読むのが苦手なので、思いつくままつらつらとロクでもない事を書いてます。(苦笑)


>「最下のリンク」の件は、ありがとうございます、やっておきますね。

お手数かけました~

ではでは♪
 

Re:Re:いずもを見に行ってきました

 投稿者:かま  投稿日:2019年11月22日(金)21時27分19秒
  こんばんは

>実は「いずも」型は全く未見なのです。
>観艦式や体験航海には何度か参加しているので、停泊艦には何かイマイチ惹かれない
>のですよね~。ゼイタクですかね。

鉄道ファンにも“乗り鉄”や“撮り鉄”など居りますからね。
さしずめ とんぺいさんは“乗り艦”でしょうか?

停泊中でしたら横須賀基地の開放日や、6月の横浜開港祭で大桟橋に色々な艦が来ますね。
去年は いずも が来たので、初めて大型のDDHに乗りました。
今年は ゆうぎり が来ていたそうです。

なお、YouTubeでは海自の公式で
「もうひとつの観艦式 ~The 2019 Virtual Fleet Review~」なる動画が上がってます。
https://www.youtube.com/watch?v=zUuGSGSmDyI
長さは1時間36分、私はまだ全編に亘っては見ていません。(苦笑)

ではでは。
 

アタリの映画2作連荘!

 投稿者:とんぺい  投稿日:2019年11月19日(火)22時55分43秒
  こんばんは、Tompeiです。

『T-34レジェンド・オブ・ウォー』そして『ターミネーター・ニューフェイト』を観ました。
実はターミネーターへの期待は低目だったのですが、結果、とてもよかったです!
どの台詞にも十分な意味があって、後できちんと活きる、みたいなところ。当たり前のことなの
ですが、最近はその辺がいい加減な作品が多い中で。
中でも女戦士「グレース」がいい役どころで、彼女の格闘戦がメチャかっこイイ!
モデル風に長身で、役づくりのショートカットもいかしていて、萌え萌えでした(笑)
(実は強い女子が好き??)。T-800(シュワ)はイマイチでしたねぇ…。
あと、敵キャラが強すぎで、最後はおかしな撃破法になるな…と予想できてしまうほど。
キャメロン製作だからか、「エイリアン2」(最高!のパワードスーツや、オスプレイみたいな
輸送機?他斬新メカ満載の傑作)の秀逸メカを彷彿とさせる未来型輸送機?他の戦闘ロボット類
もNice!!

『T-34 ~』の方は、タイトルから、戦車マニア向けと思われたら残念ですよ。
T-34が出ない作品としても中々な傑作です。戦車が登場する比較的新しい映画『フューリー』、
『プライベート・ライアン』(ともに実物、改造模造の戦車が登場)よりかなりいい!
という印象。
お話もプロットがしっかりしていて、特に、パンフ掲載のスチル等は、絵的に素敵で
(構図、画風等)、動画のカメラワークも迫力満点。ドローンを使ったと思われる上からの
撮影で、観客に全容をパッと解らせるのも今風でよいです。
高速の弾丸がスゴくゆっくり表わされ、命中挙動がじっくり見える、『マトリックス』で
用いられたカッコいい表現もいっぱい。
主役がとてもよく、宿敵のSS将校も怪演。そして、ヒロイン「アーニャ」は終盤スゴく素敵!
(最初と終盤では別人??)だからって、「そんな時にそんなところでそんなことしてちゃ
イカん!?」と、『スターリングラード』でのような「こと」もありました(笑)。
ほかに、よくできたドイツⅢ号戦車、パンター等も、最低限の台数は登場して、転輪部が違う、
防楯形状が違う、なんて突っ込みは特には気にならないです(多分、殆どがT-34です(笑))。

ともにIMAX(2D)で観て最高でした♪オススメです!
 

Re:Re: Re:観音崎ツアー情報

 投稿者:とんぺい  投稿日:2019年11月13日(水)21時47分29秒
  こんばんは。

遺構写真イイですね。
ず~っとむかしのことですが、観音崎には探検気分も抱きつつ、よく行きました。
2枚目については、斜面上方のもの含めて、当時、何となく見たような光景です。
1枚目のところも入ったことがあるかもしれません。むかしの方が放置されていて?
入りやすかったのかもしれません。荒れていたのでしょうが。

1枚目の砲台跡は、いくらか時代は古いですし、違うと言えばかなり違いそうですが、
大きな砲が置かれていたという点で、「ナバロンの要塞」を思い起こされました。
巨砲発砲時に、多くの操作員が、専用服を着て、両手の掌で両耳を塞いでいるところなんて、
ここでも似た光景があったかもしれません。
まあ、ナバロンの要塞のドイツ式建造物と、写真の明治時代建造とでは大分違うかな?

第二海堡の件は、長崎「軍艦島」みたいなものかもしれません。
先に、普通は入れない、アパートの中の、「遺されし過去」といったノスタルジー満載の
各部屋(古いテレビや家電が静かに眠っている...)をテレビ等で見たあと、公式ツアーで
行くと「え?これだけ?」でしたもの。
軍艦島公式ツアーでは「内部」見学はありませんでした。

京急ホテルについては、いわゆるリゾートホテル的に、カレーライス(美味しかった!)や
スパゲッティが2,000円級といった感じです。

でも、天気がよければ一面巨大ガラスからの穏やかな広い海や、ゆっくり航走する大きな
船やらが眺められ、その場はたいてい空いているのでいいんですよ~
まあ、交通費3,000円、餃子の王将の会計に比べたらねえ… まあ、たまにはいいのですよ。
ちなみに、海堡と猿島のツアー(だっけ?)っていくらくらいなんですか?
 

Re: Re:観音崎ツアー情報

 投稿者:峠の虎  投稿日:2019年11月13日(水)19時54分32秒
  遅まきながら、先にツイッターに上げた画像をアップします。

走水低砲台は個別にガイドを申し込めば平日でも見られるそうで。
三軒家砲台は地下が封鎖されているので見られず。
観音崎公園の山中の道は倒木の被害で半分くらいが未だ通行止でした。

現地情報によると、第二海堡のツアーは(値段の割に)見られる場所が限られ、「つまらない」そうです。

「観音崎京急ホテル」のランチは、次回あれば狙ってみます。
当日の晩は「うみかぜ公園」の第三海堡の兵舎を見てからノジマモールの餃子の王将で1000円でお釣りが来たレベルなので、金銭感覚を切り替えないといけないですね。
交通費3000円とも釣り合いませんが(笑)。
 

Re:観音崎ツアー情報

 投稿者:とんぺい  投稿日:2019年11月 7日(木)23時17分59秒
  こんばんは。

観音崎は、むかしから適度にさびれていて、とても好きなところです。
それは、鎌倉とか、その他三浦半島の名所を知る以前、学生の頃のドライブ辺りからの
とても居心地のいいところです。大きな街に、自分は似合わなかったのかも。

とにかく、いつも(自分が行った時は)空いていて、ユーミンの歌にも出てきますが、
それより、「海をみていた午後」(?)(「山手のドルフィン」が出てくる歌)の方の感じ
なんかが、「観音崎京急ホテル」でのけだるいランチ時みたいで素敵だったり。

で、お伝えした通り、改めてですが、未上陸の「猿島」や、難はあっても、映画の舞台にも
なった?海堡やらも面白そうですね。
長崎「軍艦島」も、公式ツアーでなく、密かに上陸して、ふつう見られないところを周りたい!
と思っていたくらいで(そういう上陸はしていませんが)、「過去に戻っての日常」が見て
みたいというのはあります。遺跡、遺構、そんなものもですか。

ではでは。
 

Re:×13.5 海って いいよねー

 投稿者:とんぺい  投稿日:2019年11月 7日(木)22時39分23秒
  こんばんは。

電子工作は、むかしは何やかややっていましたが、安いマイコン全盛になって、そのソフトが
オープン、フリーでモジュール化されるようになって、先に書いたように、すべてが
「組み合わせ工作」にみえてきてしまって、やらなくなりました。
「作る」~特に「創る」感が失われてですね。

AIだって、現状、「大手」のフリーモジュールやらを組合わせて、それに
ちょこっとくっつけてナンボです。自分で、コアのニューラルからつくって、
なんて現実的ではないですから。ただ、「殆どソフト」が現状のAI開発ならそれでも
やりたくはありますね。

昔は材料からメカを作り出して、アナログオペアンプやデジタルロジックICを組合わせ、
その上位に簡単なマイコンを置いて動かす、なんてやっていたような自分なので、
今時の、中身が不明なモジュールの組み合わせでは、なんか、「自分で作ったぞ!」という
実感が湧きません…

ハイレゾは、どうにも私には不要ですが、ノイズキャンセルとかってどうなんでしょう。
技術的に興味津々なのですが、ほかの、周辺の音とかが聴こえなくなるのも逆に怖い?
あるいは、屋外で音楽を聴いているようなカジュアルな状況で、そこまで周りの音が邪魔と
いうこともないような気もしますが。

写真は、昔からの「主要趣味」なので、機材は揃えて頑張っていますが、最近はそんな作を
Twitterやらに上げることもしなくなりました。Instagramはやっていないし。LINEもですし。
Facebookにはまれに上げますが、高画質カメラの大きいサイズファイルを圧縮せずに、
たくさん上げられるのはスゴイですね。

ここ(この掲示板)は、(今現在は)実際に会った方だけですが、今時はそうでないと、
なかなか気楽に、本音も交えて、ときに突っ込んで、書くことは難しいですね。
TwitterやFacebookは、どうしても、いくらかでも変に気を遣って?忖度して?書いていたり
する自分が見えて、面倒だなあ、とか思えるようになって遠ざかって行ったような…。

「最下のリンク」の件は、ありがとうございます、やっておきますね。
 

Re:いずもを見に行ってきました

 投稿者:とんぺい  投稿日:2019年11月 7日(木)21時23分45秒
  こんばんは。

実は「いずも」型は全く未見なのです。
今年度の観艦式(結局、完全中止でしたが)に行けたらそこで観ようと思っていました。
(ダブルで甘かった…)
観艦式や体験航海には何度か参加しているので、停泊艦には何かイマイチ惹かれない
のですよね~。ゼイタクですかね。
大抵晴れている日に、安定に航走する前甲板で、風に吹かれながら広い前方を眺めていると
無心になれたりして最高です。わりと富士山も眺められたりします。
今年、3日ともの完全中止だったので、来年辺りにやってくれないですかね~。

なんて、海上の艦に乗りたくてしかたないですが、実は海で泳ぐとかハ割と怖くて
あまりやりませんが。けれどやっぱり観艦式はいいものです。
 

観音崎ツアー情報

 投稿者:峠の虎  投稿日:2019年11月 1日(金)13時02分15秒
  ご無沙汰してます。
今年もあと2か月。早いですねぇ。

ツイッターに10日(日)の観音崎方面のツアー情報が上がってるので、
定員20ですが、まだ埋まってないようです。
https://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/4115/ecotour/houdai_kanonzaki.html
通常は入れない海自敷地の走水低砲台跡と三軒家砲台の地下道や弾薬庫が見られる程度ですが。
11月7日(木曜日)締め切りです。
行く人いれば、メールでもください(まだ決めてませんが)
京急馬堀海岸集合、09:17発か09:29発のバスで。
 

Re:×12.5 海って いいよねー

 投稿者:かま  投稿日:2019年10月30日(水)23時37分7秒
  今度の日曜日は入間基地航空祭です。月日の経つのは早いものですね。

>インスタって無縁ですが、スマホカメラとの相互関係もあったのでしょうか。

私はアカウントはありますが、やってはいません。
“インスタグラム”は、あくまでもプラットホームに過ぎず、
スマホで自撮り・食事撮りをした日記方面で使う人もいれば、
高級一眼レフで技巧の限りを尽くして、とてつもない写真を撮る人もいます。

日記系の人にとっては写真を撮ったその場で公開(アップロード)できるのは、
カメラと通信端末が一体化したスマホならではと思います。
…これはインスタに限らず、Twitter・Facebookでも同じでしょう。住み分けが違うだけで。

実名メインで知り合いに伝えるFacebook、
匿名性があって写真がメインのInstagramか、何でもアリのTwitter。
承認欲求の捌け口と言ってしまえばそれまでですが、そこはそれで。(苦笑)

…んで、日記系の人にとってはスマホカメラよりも色々と性能のいいカメラで撮って
無線で自分の通信端末に飛ばして加工してアップロード。
他人の作品よりも目を惹いてもらうには、金と手間を惜しんじゃいけないのでしょう。

詰まる所は、
>なので、今のうちに楽しく行きましょう!今のうちですね~
…なのですよね。上級も下級もそれなりに。(苦笑)

ではでは♪
p.s.この掲示板の一番下にある“ホームページ”のリンクが古いままになっております。
    こちらも修正していただけると、個人的にはスマホなどで見る場合に便利です。
 

Re:×12.0 海って いいよねー

 投稿者:かま  投稿日:2019年10月30日(水)23時02分33秒
  こんにちは

>最近、このホームページのコンテンツをかなり改修していてアタフタしていました。

チラ見しました。新たにAIにハマってますか、さすがですね。

>で、かまさんは「トラ技」とか読まれる電子通でしたか?

トラ技は広告が2/3を占めていた頃はよく読んでいましたが“電子通”には程遠く、
毎年4月号あたりの「新人のための○○回路入門」で知識をリフレッシュさせていました。(苦笑)

>電子工作の世界が、
>「直接作る」ではなくなって、「組合わせる」になってしまって、離れていますが、

私はPICマイコンが流行った時に時代の波に乗り損ねて、そのまま加齢で眼も霞みだして
各種工作からはフェードアウトしました。


>台風やらで、そういうときは戦闘機やらどれだけ飛べるのかと思いました。
>前に触れられていた改修機体であっても、どうにも無理そうですが、
>大好きなA-10あたりは結構飛べるのかも。

基本的には向かい風なら離着陸は可能でしょうけど、強い横風の中での着陸はリスクしかなさそうな気がします。
攻撃に来る航空機・ミサイルなども目的地に正確に辿りつく事は難しいでしょう。(笑)

…余談ですが、大型爆撃機のB-52は脚の角度が調整出来て、少々斜め向きで滑走できるそうです。

>台風の夜に、海岸(日本海側?)に上陸があった場合なんて、どうにもできそうにないです。

そもそも敵側も10mの波を越えて上陸だなんて、かなりのリスクがありますからね。
飽和攻撃的に上陸作戦を行われたら、台風だろうと凪の時だろうと負けますし。(苦笑)


>観艦式は荒れてもやった場合、私は大丈夫でしょうが、船酔いやらで艦内はたいへんでしょう。
>降りることもできないでしょうから、酔う人はぞっとするかも。

…ゾッとしますね。(苦笑)
そもそも総理・防衛大臣などの本当のVIPはヘリで移動ですよね?
揺れの大きさによっては着艦できなかったりとか?

>昔(だいぶ昔)は、総火演、自衛隊観閲式、観艦式、それに海上保安庁観閲式も
>かなり確実に行けたのですが、今後は、もう絶望的に難しそうですね。

最後の(?)望みとしては、将来の自衛官候補者の付き添いとして地連経由でしょうね。
…その後の自衛官勧誘に関してはノーコメントで。


>ハイレゾはその是非はともかく

そうですねー。趣味の世界という事で。(苦笑)
私が現在使用しているヘッドホンはSONYのMDR-MA900というヤツなのですが、
https://www.sony.jp/headphone/products/MDR-MA900/
完全な開放型で外の音がそのまま聞こえますし、
逆に音漏れとかいうレベルではなく外に音が出ていきます。(笑)
…その代わりに かけ心地がとても良くて音の定位感も良く、
個人的には12時間ぐらいかけていても気になりません。
スペック的にはハイレゾクラスなのですが、私が選んだ理由にハイレゾは不要でした。

長いので、ここらへんで(笑)
 

恥ずかしい誤記をしていまいました

 投稿者:mori  投稿日:2019年10月28日(月)20時14分29秒
  すいません、昨日の僕の投稿の「いなづま」は「いかづち」に訂正してください。
2日連続で護衛艦を見に行って疲れて眠くて頭が働いていなかったようです。
 

いなづまも見に行ってきました

 投稿者:mori  投稿日:2019年10月27日(日)23時25分0秒
  今日は八戸に「いなづま」の一般公開を見学に行きました。
昨日の「いずも」とは違い、並ぶことなくすぐに乗艦できました。ただ、並ばなくてよかった代わりに、公開場所の埠頭がとてつもなく不便なところにあり、電車やバスを乗り継いで行くのが大変でした。レンタカーを借りればよかったなあ。
昨日の「いずも」は、青森駅から徒歩20分、その代わり車で行こうと思ったら大渋滞という状況でしたから、昨日とは徒歩と車の難易度が逆転してますね。初めて行くミリタリーイベントというのは、どんな交通手段で行くべきかを考えるのが難しいです。
 

いずもを見に行ってきました

 投稿者:mori  投稿日:2019年10月26日(土)23時11分54秒
  青森港で「いずも」が一般公開されていましたので見学に行きました。
霧雨が吹き付ける、あいにくの天気でしたが、たくさんの人が見学に来ており、見学者の列が長く伸びていました。
昨年5月に大阪で「かが」が公開されたときも大行列でしたし、いずも型は海自最大の船だけあって人気が高いですね。
 

Re:横須賀と東京に世界の艦船

 投稿者:とんぺい  投稿日:2019年10月20日(日)16時59分40秒
  こんにちは。

観艦式は、今回は行けない派でしたから、あまり気にならなかったのですが、
全3日とも中止とは思いませんでした。
全中止なら、例えば来年に代わりがあるかもね、なんて思いもしましたが、
どうなんでしょう。
あれだけの大規模な行事の実施/中止はいろいろたいへんでしょうね。イロイロです。

で、名物写真いただきましたが、キャラも少なくとも6人いて、とナカナカです。
写真選定(はるな殿お気に入り艦の、独特な背負い式単装砲塔は私も好きです)、
キャラとの露光調整、よいですね。
むかし、真似て、手持ちキャラ(ANAユニフォーム~ほか)で撮影やらしたのですが
あまり上手く行かなくてやめました(笑。

観艦式のあと、参加予定であった海外艦たちが停泊というのは知りませんでした。
先週以後、ずっと冴えない天気でユーウツですが、
やっぱり、すっきり晴れた心地よい秋の海原を快走する艦の上方のデッキから、
周りの艦隊を眺める、観艦式にはやはり行きたいですね~!
スゴ~く行きたいです!
 

横須賀と東京に世界の艦船

 投稿者:はるな  投稿日:2019年10月19日(土)22時09分26秒
  とんぺい 殿 重ねてこんばんは

観艦式は残念でしたが、東京の晴海埠頭には中国海軍艦、横須賀には豪州イージス艦、
オーストラリア潜水艦、カナダ海軍フリゲイト、イギリス測量艦、と集まったもよう。
観艦式は中止となっても、親善行事には筋を通す各国海軍に一寸尊敬しました。

写真は、やはり人気ゲームの方々を。
重巡洋艦鈴谷さん、駆逐艦白露さん、駆逐艦陽炎さん

http://blog.goo.ne.jp/harunakurama

 

残念!観艦式中止

 投稿者:はるな  投稿日:2019年10月19日(土)21時58分18秒
  とんぺい 殿 こんばんは

今週の観艦式中止は残念でした・・・

そんなわけで、少し観艦式残念特別企画で特撮写真を作成してみました。
某人気ゲームの駆逐艦村雨さん、駆逐艦不知火さん、駆逐艦秋月さん、です。

http://blog.goo.ne.jp/harunakurama

 

Re:×11.5 海って いいよねー

 投稿者:とんぺい  投稿日:2019年10月13日(日)09時57分26秒
  こんにちは。

インスタって無縁ですが、スマホカメラとの相互関係もあったのでしょうか。

でも、小さい、ポータブルなカメラを、最近特に重視しています(総火演やらの、日帰り
ミリタリ行事に限り別)。
撮像素子が大きい等のコンデジがいいです(今もまだ、SONYのRX100-7とか、
CanonのG5X、G7Xとか。いいのですが、妙に高くて…)。

> ふっふっふ、すでに下級市民である私は売り場に近づく事すらありません。

引き殺し、1億円賄賂いっぱい、(たくさんの)いじめ殺し… でも何も問われないお笑い。
多分にマスゴミ(軽減税率(史上最低施策)対象にして頂いたから何も言いません、な無様)
のせいで、何も起きない、言及されない国は、数十年後の確実な破滅に向けて進んでいる
ことを十分に承知・理解しております。
(例えば、年金破綻(極端な改変とも)、生産破綻、もしかして、防衛不能?等々)

なので、今のうちに楽しく行きましょう!今のうちですね~
 

Re:×11 海って いいよねー

 投稿者:とんぺい  投稿日:2019年10月13日(日)09時37分20秒
  こんにちは。

最近、このホームページのコンテンツをかなり改修していてアタフタしていました。
まだ、いろいろあって、今日中くらいにおおかた修正したいのですが。。。

台風やらで、そういうときは戦闘機やらどれだけ飛べるのかと思いました。
前に触れられていた改修機体であっても、どうにも無理そうですが、
大好きなA-10あたりは結構飛べるのかも。
台風の夜に、海岸(日本海側?)に上陸があった場合なんて、どうにもできそうにないです。
ノルマンディーで戦闘機などが機銃掃射している場面を映画でか観た気もしますが
あんなものもできないと、防ぐのは大変そう。

で、かまさんは「トラ技」とか読まれる電子通でしたか?
いいですね~。その辺ぜひ、また、いろいろと。
「トラ技」は昔の一時期、特集が何であっても毎月買う、くらいでした。
広告(今ほどメジャーでなかった秋月とかさまざま)もいろいろ何でも見ていて面白くて。
最近、仕事が全然、電子制御やらから離れてしまって、また、私的にも電子工作の世界が、
「直接作る」ではなくなって、「組合わせる」になってしまって、離れていますが、
それでも書店で、立ち読みして買うこともあります。
因みに、最近、AIへ関心、興味が移っているので、CQ出版さんでは、
「インターフェース」誌とその別冊をよく買っています。
学術書は、ロボットなんかでもそうですが、無意味に難しくしているかのようで、同誌の
書籍がとてもよくて読ませてもらっています。
ロボットの書籍(他社)なんて組み合わせ技術的でもあるのに、多くは無意味な能書き、
どうでもいい理論記載ばかりでウンザリ。

観艦式は荒れてもやった場合、私は大丈夫でしょうが、船酔いやらで艦内はたいへんでしょう。
降りることもできないでしょうから、酔う人はぞっとするかも。
昔(だいぶ昔)は、総火演、自衛隊観閲式、観艦式、それに海上保安庁観閲式も
かなり確実に行けたのですが、今後は、もう絶望的に難しそうですね。

4K、8Kは、ウチで、近視もある自分として、普段かけないメガネをきっちりかけて、
視力を1.0?以上にでもして臨まないと、メガネなしでは、2K(ブルーレイ級)さえ、
精細感の違いは分からないですね。
多分、ある距離離れた際の精細間隔によってで、少なくとも一般家庭のリビングで
50インチ~60インチの画面でも8Kは言うに及ばず、4Kでも「区別不能」と
断言できますね。

ハイレゾはその是非はともかく、たかだか20kHz前後以上が損失少なくリニアに扱える
回路を備えただけのプレーヤーやらが極端に高価格化するのは、なんだかな~と思います。
「12kHzが聴こえない」身ですから、買わないですが。

しかし、家電やら何でも高いからうまく見抜きたいですね。
 

Re:観艦式

 投稿者:かま  投稿日:2019年10月 8日(火)23時37分37秒
  こんばんは。
今週末に迫った観艦式ですが、12・13日の体験航海は台風のため、中止が決定となってしまいました。
14日の本番は前日に決まるとの事です。
台風が過ぎ去ったとしても波は高いでしょうからね。
https://twitter.com/JMSDF_PAO/status/1181539938770112512?s=20
 

Re:×10.5 海って いいよねー

 投稿者:かま  投稿日:2019年10月 7日(月)05時13分4秒
  こんにちは。


>> 湯治場でのんびり…とか憧れますが、お手軽に行ける所は激混みですからねえ。
>それが、去年は、変わった休みで、平日中心にまとめて行ったのですよ。
>だから、空いていたし(さびれていたというのが合っていたし、それが心地よくて…)、

やはり旅行はオフシーズンの平日に限りますよね。
私も沖縄に行っていた時は、梅雨明けと台風シーズンの隙間の平日でしたし。

>> 風光明媚な所はインスタグラマーであふれているでしょうし。(苦笑)
>スマホの写真だけで騒いでいる輩なんて皆無でした。

インスタな人達も、ライトな層からガチ勢まで色々といますから。(笑)
カメラメーカーは、スマホに飽き足らなくなった人向けにもミラーレス一眼を推している気がします。


>「写ルンです」写真とか、いくらか残っていますが、まあ、あれで楽しかったですね。
>(さすが、富士フィルム!)
>VHSと、フルHDや4Kとの差よりはまともかな?(似たようなものですか…)

“ナニで撮るか”も必要ですが“ナニを撮るか”が本来の在り方ですからね。
バブル期にダイビングをしていた時、フルマニュアルの水中カメラよりも
防水ケースに入った 写ルンです の方が失敗率が低かったのは、屈辱的な事実です(苦笑)


>日本も、いよいよ、目立って、「分極化」してきました。
>最近ウワサの、上級/下級みたいに(笑。

ふっふっふ、すでに下級市民である私は売り場に近づく事すらありません。


ではでは~。
 

Re:×10 海って いいよねー

 投稿者:かま  投稿日:2019年10月 4日(金)06時45分38秒
  こんにちは。

>観艦式は、「3年に1度」というところが痛いです。毎年だったら、まあ、よいのですが…

私はキャンセル待ちも外れましたが、とんぺいさんはいかがでしたか?

> よく晴れた、波穏やかな日。遠くに富士を眺めつつ、甲板で涼しき風を受け…
>そんなです。行きたいなあ!

今年は大型の台風がちょくちょく来てますね…天気晴朗なれど波高し。(苦笑)

横浜の大桟橋では10月5日に“いずも”、6日には併せて“むらさめ”が公開されるそうですので、
こちらもぜひ。
去年いずもに乗りましたが、ヘリ用エレベータで見学者をまとめて移動させるのは、
周りの人のリアクションもあって楽しいです。

なお入港状況は“大さん橋WEBカメラ”があるのですが、
https://osanbashi.jp/floor/arrival.php
これを書いている現在「台風の影響によりWEBカメラに不具合が発生しています」だそうです。(残念)


>しかし、前にも書いたかもですが、4Kもですが、8Kなんて区別できそうにもないです。
>100インチくらいのモニタを観れば分かるかな?それも視力1.0以上相当でね。

まぁ私も8Kは家庭用ではなく、さらに大型の画面向けだと思います。
映画好きな人でしたら劇場のスクリーンだと、それなりの違いは判ると思います。
NHKの放送博物館にある“8Kシアター”では、私でもシーンの切替時のレンズの解像感の違いが判りました。


>それから、ハイレゾも「?」です。前に、ある国研究所の体験コーナーで、12kHz以上が
>聴こえなかったです(ずっとむかしに、僅かに20kHzが楽に聴こえたのに…)。

私も法定の健康診断では、数年前から左耳の4kHzが聴こえません。
家でヘッドホンをかけてスマホアプリで試したところ、
ボリュームを上げれば12kHzまではなんとか聴こえました。、

>歳が上れば、そんなものですが、そういう世代が、スゴく高いハイレゾプレーヤ
>+高周波対応イヤホンを聴いているのって、よく分かりません(正直、可笑しいです)。

私の持論としては「ピコピコ音などの矩形波を録音・再生するのには何kHzまでの帯域が必要か?
アナログ楽器でも倍音成分を考えると、サンプリング周波数は高いに越したことはない。
そして大音量を録音・再生するためにはダイナミックレンジも必要である」です。(笑)

どちらかというとイヤホンよりもスピーカーで求められる話ですし、
アナログ楽器の場合は録音マイクの性能の方が必要ですね。

…正直言ってまだ私には違いが判りませんが、違いがあるはずなのです。
ただ、コストの兼ね合いが非常に悪いだけで。(苦笑)

ではでは~。
 

Re:×4 横田友好祭2019

 投稿者:かま  投稿日:2019年10月 4日(金)05時06分28秒
  おはようございます。

>> 初動が遅れてA-10の飛行が見られたのは駅からの道中でした。
>A-10、当日も移動やらしているのですね。韓国情勢で慌ただしいとか?

いえ、今年は二機で来たうちの一機は地上展示でオサワリ自由で
もう一機が離陸して、グルグル旋回して着陸という外来機によるプログラム外の行動でした。

>写真を拝見して、やはり見慣れないユニークな形状、よいです!

F-117やB-2のようなステルス機もユニークですが、A-10は正反対の武骨さがいいですね♪


>> それが500mlとかになるとカフェイン240mgとか。
>「このくらいのカフェインなら、このくらいパッチリする」といった関係を知りたいです。

…個人差(耐性)があります。(笑)
今でも販売している(はずの)“モカ錠”を飲んだ事はありますが、
あまり効き目は感じませんでした。…若かったからかな?
加齢に加齢を重ねた今は、コンビニで売っている“レッドブル”でも数時間は効きます。
ただ、ドーピングの効果が切れるとフラフラと倒れます。(苦笑)


>確かに、古い機体でも、レーダーシステム、迎撃システムを全部交換する、とかで
>飛行機一機の価値は、全然変わるみたいですね。最近読んだMig-25の電装交換とか。

新規作成ではなく現有機の部品交換による性能向上は、空自のF-4EJ改や
F-15J近代化改修でも頑張っていますね。

>ただ、空戦性能などはあまり変えようにないでしょうが。

逆に機体の寿命を延ばすために、無理な機動飛行をしなくなったりして。(笑)

>> 機体そのものは大丈夫だけれども、定期交換部品が無いとかなんとか。(噂ですよ 苦笑)
>それは飛行機に限らず、とても多いことのようです。特に電子部品など。

工場などでの制御用に、当時の日本標準パソコンであるNECのPC-9801シリーズとか使用していた
会社も多かったでしょうね。
“トラ技”の広告欄でも、PC-9801向けの周辺機器を開発・販売していた企業もありましたし。
…もっとも、手間をかければワンチップマイコンで置き換えられますけど。(苦笑)


>劇場版「ガルパン」
>もう少し「ガタガタ」的に揺れ動かして、
>それが4DXの振動に伝われば、オタクアニメとして完璧です!

それなりにガタガタしていた気がします。
その動きが、とんぺいさんの許容範囲に入るかどうかは劇場で確認してください。(笑)


では。
 

Re:Re:×8 海って いいよねー

 投稿者:とんぺい  投稿日:2019年 9月26日(木)23時17分17秒
  こんばんは。

観艦式は、「3年に1度」というところが痛いです。毎年だったら、まあ、よいのですが…
 よく晴れた、波穏やかな日。遠くに富士を眺めつつ、甲板で涼しき風を受け…
そんなです。行きたいなあ!
(富士山は、ボンヤリ程度なら、大抵観られて、艦と一緒に撮影できます)


> 湯治場でのんびり…とか憧れますが、お手軽に行ける所は激混みですからねえ。
> 風光明媚な所はインスタグラマーであふれているでしょうし。(苦笑)

それが、去年は、変わった休みで、平日中心にまとめて行ったのですよ。
だから、空いていたし(さびれていたというのが合っていたし、それが心地よくて…)、
スマホの写真だけで騒いでいる輩なんて皆無でした。
青森の酸ヶ湯温泉や、恐山の寺に、そういう連中はいかにもいそうにないです(笑。

このHPに載せた、上記旅行の写真は、1インチ撮像素子コンデジによりますが、
私的には、精細度、フォーカス、露出/色合い、カメラ内画像処理(jpeg出力です)など、
「完璧」でした(ホームページ掲載用はだいぶ画質を落としていますが、それでもよいです)。

「写ルンです」写真とか、いくらか残っていますが、まあ、あれで楽しかったですね。
(さすが、富士フィルム!)
VHSと、フルHDや4Kとの差よりはまともかな?(似たようなものですか…)

しかし、前にも書いたかもですが、4Kもですが、8Kなんて区別できそうにもないです。
100インチくらいのモニタを観れば分かるかな?それも視力1.0以上相当でね。
それから、ハイレゾも「?」です。前に、ある国研究所の体験コーナーで、12kHz以上が
聴こえなかったです(ずっとむかしに、僅かに20kHzが楽に聴こえたのに…)。

歳が上れば、そんなものですが、そういう世代が、スゴく高いハイレゾプレーヤ
+高周波対応イヤホンを聴いているのって、よく分かりません(正直、可笑しいです)。

ついでに、最近、ヨドバシ、ヤマダに行ったら、何でもスゴく高くてビックリ!
そんな製品の割合が増えつつあるのも、そこそこ売れているからなのもあるでしょう。
中心価格帯30万円の洗濯機(マジ!)、10万円超えの高機能レンジ、
10万円に迫る掃除機、扇風機。
それと悲しいのはカメラで、ミラーレス騒ぎ以後、ボディだけ相当で20万円超えが激増…。

日本も、いよいよ、目立って、「分極化」してきました。
最近ウワサの、上級/下級みたいに(笑。
 

Re:×8 海って いいよねー

 投稿者:かま  投稿日:2019年 9月25日(水)06時00分25秒
  こんにちは。

…そういえば、観艦式の抽選は予想通りに落選でした。
キャンセル待ちもしてはいますが期待はしていません。(苦笑)

10月5日には横須賀か大桟橋に行ってみようと思ってます。
艦これプレイヤーとしてはコラボしている横須賀に興味はありますが、
とても混みそうですし、当日が雨だったりしたら行列してまで行かなくてもいいかなーとか。


>1週間以上ぼーっとするのは、昨年の「北東北一人旅」がよかったので、
>今年もやりたいところですが…
>ぬるめの(必須)温泉、静かで妙に近代化されていない…
>国内でも、本土内でもいろいろできるはずなのですが、確かに難しい…。

湯治場でのんびり…とか憧れますが、お手軽に行ける所は激混みですからねえ。
風光明媚な所はインスタグラマーであふれているでしょうし。(苦笑)


>私の場合、スマホ(iPhoneではないですが)カメラとかサブコンデジ(SONY-HX90V)
>の同じ大きさのプリントをするとやや劣る感じもします。

さすがにレンズ~撮像素子~画像作成LSI・ソフトウェアの差は大きすぎます。
撮像素子の画素数が多くてもメモ帳代わりにはなりますが、作品を作れるかと言うと今一つ。

それでも昔は「“写ルンです”が売れていた」のですから、画質・持ち運び・使い勝手の
落としどころをどこに持っていくか?…なのでしょうね。


ではでは。
 

八戸航空基地に行ってきました

 投稿者:mori  投稿日:2019年 9月22日(日)16時30分7秒
  八戸には海上自衛隊の対潜哨戒機基地があります。9/21(土)にそこでイベントがありましたので行ってきました。
松島や三沢を見た後では、かなりささやかなイベントでしたが、逆に全然混雑していませんし、一日あればすべての展示機と展示車両と資料館までじっくり見学できますし、基地入口のすぐ前にバス停がありますし、かえってこういうイベントのほうが急いだり疲れたりしなくて良いかもしれません。
 

Re:Re:Re:横田友好祭2019

 投稿者:とんぺい  投稿日:2019年 9月22日(日)07時23分17秒
  こんにちは。

> 続々と新型が出来ていますし、

確かに、古い機体でも、レーダーシステム、迎撃システムを全部交換する、とかで
飛行機一機の価値は、全然変わるみたいですね。最近読んだMig-25の電装交換とか。
ただ、空戦性能などはあまり変えようにないでしょうが。
防空系のミサイルなんて、その「block」ナンタラで評価は大きく変わっても、見た目は同じ。
「スタンダードミサイル」なんて稼働初期と今は完全に別モノ。

> 機体そのものは大丈夫だけれども、定期交換部品が無いとかなんとか。(噂ですよ 苦笑)

それは飛行機に限らず、とても多いことのようです。特に電子部品など。
ある件では、制御用に流れ品のマイコンやセンサを使っていて、さすがに開始後何十年も経つと
それら部品は生産中止で、利用装置は造れなくなります。
維持のため高額(マイコンの、ユーザからの依頼による生産継続なんて巨額そう)を払うか、
機械部品等はやはり金をかけてでも無理に作れば何とかなるにしても…。
あと、「アパッチ」なんかもいずれ同じような運命(共食い存続?)とかだし、
未だ稼働車があるというT-34/85なんて、まさにそんなようで。

「ガルパン」(従来)は、戦車の走行時は、CGでやっているようで、それゆえ、離れた視点
から見て、動きが(流れるように)滑らかすぎなのは、観た目にすぐ分かりました。
すぐに慣れるので、まあ、よいのですが、その辺を、もう少し「ガタガタ」的に揺れ動かして、
それが4DXの振動に伝われば、オタクアニメとして完璧です!
(どうもこだわり強くて、「ファースト・マン」でも「ここがもう少し?」とかなってですね)

> 初動が遅れてA-10の飛行が見られたのは駅からの道中でした。

A-10、当日も移動やらしているのですね。韓国情勢で慌ただしいとか?
写真を拝見して、やはり見慣れないユニークな形状、よいです!

> それが500mlとかになるとカフェイン240mgとか。

それがどういう量なのか分かりませんが、一度、
「このくらいのカフェインなら、このくらいパッチリする」といった関係を知りたいです。
今も、ぼーっとしていることが多いので(笑)、コーラやらをガブ飲みしたりしますが、
また「カフェインゼロ」の軟弱なお茶類は避けていますが、そんな類で効いた感はないです。
前に、(今は発禁な?)カフェイン錠が売られていて、効くよ、と言っていた人がいましたが、
どうなのでしょう??
恐ろしく濃い(10倍とか)コーヒー辺りがお手軽かもですね(徹夜明けに「数倍」のコーヒー
を(数杯)飲んだことはあります。特に効果はなかったかなあ?)

では。
 

Re:Re:横田友好祭2019

 投稿者:かま  投稿日:2019年 9月21日(土)20時04分56秒
  続いてこちらにも返信
二日目も横田に行きましたが、初動が遅れてA-10の飛行が見られたのは駅からの道中でした。
音が聞こえて通過しているのを確認したら、こりゃイカンと行列から離脱してコンビニの駐車場でカメラを取り出してセッティング。
コンビニでは交通整理か何か用の警察バスが駐車しており、他の一般車はいなくて撮影にはいい場所だったのですが、警察車両の目の前でリュックを下ろして望遠レンズ付きのカメラを振り回して機体を探していたら、
バス内を撮影しているように見えたのでしょうか、警官がバスから降りてきました。(笑)
…いや、ホントに偶然だしバス内には興味ないので「ちわ~」と軽い挨拶をしたら、向こうも会釈をして通り過ぎて行ってくれました。(苦笑)

おかげでシャッターは何回か押せましたが、やはり遠かったです。
なんとか形が判る物を超トリミングしたのを貼り付けます。
…画素数の多いカメラは“デジタルズーム”ができていいねぇ(苦笑)


>ゲータレード(米軍基地で売っているような)は、昔より健康を気にするようになってから、
>毒々しさが不気味で遠慮しています(笑。

中身は普通のスポーツドリンクですから。色なんて、まさに飾りですよ。(笑)

>モンスターにカフェイン特盛(とかそういう系)あるのですね。

中身の割合は同じなのでしょうが、それが500mlとかになるとカフェイン240mgとか。
一日で合計したら緑茶やコーヒー数杯分なのでしょうけど、冷えた炭酸飲料だと、どうしても飲むスピードは速くなりカフェイン中毒へまっしぐら。

ではでは♪
 

Re:Re:Re:アニメ映画とか

 投稿者:かま  投稿日:2019年 9月21日(土)19時24分33秒
  こんにちは。

>2次戦前後なんて、発展途上でしたから、航空機でも頻繁に更新されていましたよね。
>今は、暗黙の軍縮が施行されているようなかも。

F-16も設計は古くなってしまいましたが、“Block 72”とか、続々と新型が出来ていますし、
F-35も外見は大きく変わらなくてもレーダーやら各種ソフトウェアを更新しながら製造しているようですから、
表現はアレですが「戦争が技術を発展させる」のは昔と変わっていないのでしょう。(苦笑)

更新の止まったYS-11は、横田で展示していた空自機が保守部品の都合という“噂”で10月で退役だそうです。
機体そのものは大丈夫だけれども、定期交換部品が無いとかなんとか。(噂ですよ 苦笑)


>4DX
>「ガルパンの4DX」は噂に聞きましたが、発砲時や、クローラで(固い路上を)ガタガタ
>走るとか、その他重々しい振動に合わせてできているのでしょうね。

劇場版ガルパンでは、制作陣は車種ごとに音や動きを変えていたとかだそうですけど、私には違いが判りませんでした。

>ガルパン自体は観ましたが、よかったですね。1つ違和感があったので、映像で流れがよすぎる
>ところかな。滑らかすぎて、つかかったり、ガタガタするといった
>実際のメカの完成度の低さ」感はなかったかも。まあ、実車経験があるわけでもないですが。

エンタメですから。(笑)
…それに、戦車道の車両は安全を保障された最高の技術で造られているのですから。(汗)


そして“天気の子”も4DX上映が予定されていますが、どんな出来になるのでしょうね。
超リアルだったら、序盤で船酔いして退出しちゃうかも。(笑)

ではでは~。
 

Re:横田友好祭2019

 投稿者:とんぺい  投稿日:2019年 9月15日(日)12時22分16秒
  こんにちは。

1つ前の書き込みでも書きましたが、航空機は息が長いですね。
もともと「見たことがなかったA-10が見られる!」が横田の魅力でした。
たとえば、あの機の訓練を受けて、どこかの砂漠上空でもいいから飛んで、無難な標的を
30mmガトリング砲で撃ちまくる!とかやってみたいですね~!
「丸」にはロシアの演習場でのT-55の射撃体験、Migの後部座席試乗といったツアーが
ときどき掲載されていますね。

私は、戦艦の40cm前後級の巨砲、巡洋艦の砲とかにとても興味がありましたが、
小火器とかには関心がありませんでした(なので、拳銃とかライフルはよく分かりません)。
ただ、小火器ではないですが、ガトリング砲、バルカン砲といった類は好きですね~!
映画「エイリアン2」では、迫力の女兵士がかかえた小口径ガトリング砲や、
グレネードランチャー装着ライフル… その辺はいっぱいありますね。
膝先が機銃になっている女闘士なんかも…。

横田でも、厚木でも、冬の横須賀でも、白煙をもうもうと上げ、近くに寄ればジュージューと
聴こえ、マックのなんかよりずっと厚いパテのバーガーがいいですね!
マックほかみたいに、ケチャップやらピクルスやら、野菜なんかを(おせっかいくらいに)
はさむことなく、「肉」がそのものが食べられてよいですね~!

ゲータレード(米軍基地で売っているような)は、昔より健康を気にするようになってから、
毒々しさが不気味で遠慮しています(笑。
モンスターにカフェイン特盛(とかそういう系)あるのですね。
昔、ホントに徹夜が2連荘した後、3千円級のユンケルをもらい、何も考えずに飲んだら
すぐに、信じられない感じで、シャッキリしたのを覚えています(ものスゴク効いた!)。
ただ、耐性でもあるかのように、すぐに効かなくなり、何より、仕事のために1本何千円も
払っているのか!? とあって止めました。
そして、すぐ後、入院しましたっけ。だいぶ昔のこと…
 

Re:Re:アニメ映画とか

 投稿者:とんぺい  投稿日:2019年 9月15日(日)11時51分55秒
  こんにちは。

> 一方、艦船は海水に浸かりながら波の力を受けていますから、劣化は早いのではないで
しょうか?

きっと、装備自体の固有の理由ではないのでしょうか。費用とか(今は、航空機やら高すぎ)、
適用技術のサチり具合(昔はまだまだだったから、とか?)なのでしょうか。
2次戦前後なんて、発展途上でしたから、航空機でも頻繁に更新されていましたよね。
今は、暗黙の軍縮が施行されているようなかも。

「ガルパンの4DX」は噂に聞きましたが、発砲時や、クローラで(固い路上を)ガタガタ
走るとか、その他重々しい振動に合わせてできているのでしょうね。
ガルパン自体は観ましたが、よかったですね。1つ違和感があったので、映像で流れがよすぎる
ところかな。滑らかすぎて、つかかったり、ガタガタするといった
「実際のメカの完成度の低さ」感はなかったかも。まあ、実車経験があるわけでもないですが。
(よかった「ファースト・マン」でのX-15や宇宙船の船内描写でも、同じようなことが)

「ヴァイオレット~」は、「アド・アストラ」と連荘にして、やっているうちに観ます。
 

Re:×7 海って いいよねー

 投稿者:とんぺい  投稿日:2019年 9月15日(日)11時34分23秒
  こんにちは。

SR-71は甲板上展示なんですね。実物は確かに見てみたいですね。飛んでいるところを
とも思いますが、実力発揮中ではまともに撮れませんね。
実は、ついでのことでスミソニアンには行っていますが(確かに1995秋)、時間が少なく
各展示に行ってささっと撮るだけでした。エノラ・ゲイも展示されていました。
改めて、とても行きたいのですが…

先日、「世界の傑作機」の「XB-70 ヴァルキリー」が書店にあった(復刻版?)ので、
サッと買ってしまいました。
XB-70、SR-71、Mig-25/31といったマッハ3級の航空機、惹かれます。

ぜいたくな話ですが、ミュンヘンのドイツ博物館、ロンドンの大英博物館にも行ったのですが、
どれも半日足らず回って、ぜんぜん観たりなかったです(それぞれ最低でも丸2日欲しい)。
上野の科学博物館も大きいですが、あちらはずっと大規模です。
ついでですが、大英博物館は、「これどこから?(と特に気になる件)」とか、
「掘り出してこの晒しはあんまりだ!」(ミイラ展示)とか、複雑な心境になる場面も
多かったです。

1週間以上ぼーっとするのは、昨年の「北東北一人旅」がよかったので、
今年もやりたいところですが…
ぬるめの(必須)温泉、静かで妙に近代化されていない…
国内でも、本土内でもいろいろできるはずなのですが、確かに難しい…。
若い頃、安きっぷで、やはり東北ローカル線なんかを周遊したので、そういうのは身に沁みて
好きです。これからいい季節!

その際に、ここでよく触れる、1インチ撮像素子のCanonのG7XmkIIを持参し、
腰ベルトに掛けたポーチに収めて、邪魔な感じなしに、いろいろ撮りました。
何かの行事で、プリント(私はハガキサイズにして、フォルダに保管します)して、
撮影プリントを人にあげると、すこぶる好評です、自分でもとても満足だから分かります。
RAW撮影はしません。たまに、トリミングや傾き、画質をPhotoshopで小修正するくらいです。
昔はコンデジ側の処理がよくなくてPhotoshopフル登場でしたが、最近のカメラでは
そういう修正はあまり行いません。

私の場合、スマホ(iPhoneではないですが)カメラとかサブコンデジ(SONY-HX90V)
の同じ大きさのプリントをするとやや劣る感じもします。
そういえば、親戚とかで若い人にプリントをあげると、予想以上に喜ばれますが、
みんなスマホ撮りなので、手持ちプリントは殆どないみたいです。
特に保管しなければ、スマホ内写真は、多くの場合失われるようでもありますが…。
 

Re:青森県民のカメラの選択

 投稿者:とんぺい  投稿日:2019年 9月15日(日)10時48分29秒
  こんにちは。

カメラメーカについては悩ましいところで、現状、1眼レフで見れば、Canon優勢と
思っています。それとCanon製品には、何となくよき時代のSONY製品に準じた雰囲気
を感じます。
先日、ヨドバシに行ったとき、クラス別では、ミラーレスが結構多く、特に、APS-Cの
一眼レフは影が薄い感じがしました。
カメラ重点のヨドバシでのことで、他の量販店ではミラーレス重点はより顕著と思います。

因みに、流行りのミラーレスは、いくらかのメリットは認めても、「光学ファインダ」への
憧れ(中学生の頃に初めて店で接してものすごく感動した)も強く、コンデジに
はるかに優るはずの光学装置機体用としては、まだまだオモチャに見えてしまいます。

ただ、各社、レンズがまだ揃っていないのはともかく、主流がフルサイズで、ボディだけで
何十万円もする… とあって、まったく買う気がしないのです。
さらに、当初、ミラーレスは一眼レフより扱いやすく、女子や、いままでにない客層に訴える、
なんてよく言われていました。
しかし、結局、大型、高価格製品が主力のようで、ひどく矛盾していると思えるのですが…。

で、ヨドバシで、Nikonのウェアを着た応援の店員さんがいたので、
「今度EOS90Dが出るけれど、Nikonは対抗機出さないの?D7500だと、80D
 にも負けそうだったし、D500はスゴすぎで髙すぎだったから…」
と聞いたら、
「今は、ミラーレスに力点を置いているし、D7500の後継は不明です。ただ、
 D7500が負けているとは全く思いませんし、D500は圧倒的ですよ」
といった感じ。
  私はD500よりEOS7DmkIIが総合的に見れば欲しいし、D7500は、
  やはり80Dにさえ負けていると思うし、今度の90Dには遥かに敵いませんよ。
と言いたかったけれど、自社製品に自信をお持ちの(多分)社員さんにそう言っても悪いから
それは言いませんでした(セールストークでなくて、本当に自信をお持ちならとても
よいことです)。

まあ、そういうAPS-Cやフルの範囲ではそんなところですが、メーカのミラーレス狂騒を
傍目に、旅行撮影やらに力点を置きつつある私には、
先に書いた、1インチ以上級のハイスペックコンデジ?が興味津々です。
SONYのRX100-7、CanonのG5XmkII、G7XmkIII。
ファインダ付き(ミラーレス的)もあり、上述のミラーレスに興味がないことに一見矛盾して
いますが、一種のコンデジ機であり(だから小型軽量で、簡単で、動画はむしろ扱いやすい…)
構わないのです。
ただ、そんなコンデジですが、最近、10万円ないし、15万円超えも…

最近、世の中には金がない、低所得云々、金の流通が減った… と騒がれますが、
・一体型洗濯機(量販店でも30万円が中心価格帯? ありえね~!)
・掃除機、扇風機(5万円超えは多くて、10万円に迫る。ありえな~!)
・テレビ、オーディオも高価(4K・8K、ハイレゾは私には正直、効果が識別できない。
 買いたい人はご勝手に、だったけれど、連られて高価格化されると腹が立つ!)
・5G(ついでながら。国内メーカ等の技術維持にはアリですが、主張する高性能は、私には
    全く要りません!(値上げにならなければよいですが、それはあり得ないし))

コンデジもそこそこ級でも十分使えていたようなCASIOも撤退して、1~3万円級なんて
あまり見かけなくなり、ハイスペックコンデジもちょっと高価すぎだよなあ、と思えます。
まあ、実は、興味があっても、ハイスペックコンデジでさえ、ウチにはG7XmkII
(買値は7万円していなかった…)があって活躍していますから、どうしたものでしょう。
 

横田友好祭2019

 投稿者:かま  投稿日:2019年 9月14日(土)23時47分38秒
  こんばんは
今年もノンビリふらりと行ってきました。
いつものパターンですと、飛行展示は横田基地所属のC-130・UH-1・CV-22 が飛ぶ事は想定内だったのですが、
今回は外来のA-10とF-16そしてRQ-4(グローバルホーク)が登場。
知っていれば、もう少し早く現着していたのに…A-10は見たかったです。(悔)
グローバルホークの方は夕方に滑走路まで出たのですが、トラブルを起こしたらしくそのまま戻ったようで。
(日の入り後で、まるで判りませんでした)

地上展示の方は、A-10に規制ロープが張られてなくて触り放題でした。
空自はRF-4Eの青迷彩とF-2の記念塗装機ほか色々来てました。
個人的には米海兵隊のCH-53があったのがうれしかったです。意外と海自・米軍あわせてもH-53シリーズを間近で見た事がなかったもので。

カメラのテストを兼ねてふらふらとさまよっていたのもあり、肉を食べる食欲はありませんでした。
過去に本場のモンスターエナジー(カフェイン特盛)を飲んでクラクラした事もあったので、今回はひたすらゲータレードのみでした。(苦笑)

日曜もA-10が飛ぶ事を願って足を運んでみます♪
ではでは。
 

Re:アニメ映画とか

 投稿者:かま  投稿日:2019年 9月13日(金)07時44分43秒
  おはようございます。
週末は程々に曇って、少しは涼しそうですね。横田びよりでしょうか?(笑)


>F-4とか、コブラとか、日本になくともB-52など、計画から、あるいは初飛行から、を含めると、
>存在期間 50年以上なんて多いですね。
>そんなに厚くはないアルミ合金主体の構造で、そんなに長く使えるってスゴいです。

飛行機は艦船に比べると小型ですからね。他の機体からの部品取りが容易ですから、
主要な部分の経年劣化や高Gによる金属疲労などが無い限り、ニコイチ・ツギハギで。(苦笑)

…もっとも陸自のヘリは、OH-1とAH-64D共にマトモに飛んでくれていませんが。


一方、艦船は海水に浸かりながら波の力を受けていますから、劣化は早いのではないでしょうか?


>電子書籍
私も書籍に限らず“捨て切れない人”なので、泣く泣く(?)Kindleの手先となっております。
4インチ画面のスマホで読むのは論外なので、8インチの中華タブレットを使用しています。


>アニメ映画
相変わらず私は映画館に行くことは少ないのですが、「ガルパン最終章(の一部)」が4DXで上映とのことで、
こちらは足を運んでみようと思っています。多分酔わないし。(苦笑)

新海作品は「君の名は。」で売れるエンタメ路線に舵を切りましたからね。
そう簡単に自分の趣味丸出しの世界には戻らさせてもらえないかと。

「ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝」は、テレビ放送時は見ていましたが、
外伝の方は、まだなんとも。
…京アニの収益を上げるためにも、見に行かねばと思ってはいるのですが…

ではでは。
 

Re:×6 海って いいよねー

 投稿者:かま  投稿日:2019年 9月13日(金)06時13分59秒
  こんにちは。


>SR-71
イントレピッド博物館のほうは、googleとwikipedia“イントレピッド海上航空宇宙博物館”でしか
情報を得ていませんが、航空機は甲板上だけのようです。
なおグーグルマップのストリートビューで甲板上の展示物が見られます。(笑)

スミソニアン博物館のほうはwikipediaによると、2003年に出来た“博物館別館”にて展示のようです。
…とんぺいさんが行かれたのは1995年のようで、その時はまだ飛んでいたのかもしれませんね。(苦笑)


>離島は、確かに「することがなさすぎ」(それがよいのでしょうが)もあるでしょうが、
>いずれにせよ勤め人には難しい「一カ所に1週間(以上)のんびり滞在」ができたら

そうですね。私も那覇空港に降り立った時は、船やらコミューター機の出発時間の隙間ぐらいしか
観光(土産物屋巡り)はしていなかった気がしますので、日本のサラリーマンが本当にのんびりするのは
性分として難しいのかもしれません。


>カメラ
>イケているのは、CanonやSONYほかの、「ハイスペックコンデジ」ではないか?
>と思っています。そんなでその辺ばかりチェックしています。

私も飛行機を撮り始めたのは当時のハイスペックコンデジ(CAMEDIA E-100RS)でしたので、
コンデジの便利さは承知しております。
…現在使っているのがパナソニック(LUMIX FZ150)でして、今回のカメラ購入の際も同等以上の
コンデジも候補に入れていたのですが、撮像素子1インチクラスの本体は私の手には大きすぎて、
パスしました。(苦笑)

お手軽な記録写真はスマホで十分…と言いますか、パノラマ撮影とか撮影後の水平の修正の
手軽さはiPhoneのほうが上かと思ってます。

では。
 

青森県民のカメラの選択

 投稿者:mori  投稿日:2019年 9月 8日(日)22時30分35秒
  とんぺいさんがカメラの話をなさっているので便乗。
神戸にいたときには、一眼レフを使っている人はほとんどがキヤノンを選択しているように思いました。岩国に行ったときも、周囲の一眼レフのうち、6割がキヤノン、3割がニコン、1割がソニーやペンタックスといった感じで、「みんなが使っているもののほうが安心だろう」と考え、僕も観音教徒に入信(EOS 7D MarkⅡを購入)しました。
しかし、三沢で周囲の一眼レフを見ると、キヤノンとニコンがほぼ拮抗している様子です。東北人はニコン好きが多いのかもしれません。宮城にはニコンの工場もありますからね。
もしも、「一眼レフカメラを買おう」と決心したのが青森に引っ越した後だったら、キヤノンではなくニコンを選んでいたかもしれないなあ、と航空祭からの帰り道で思いました。
あと、航空祭のキヤノンユーザーは100-400mmを使っている割合がかなり高く、僕もこれが欲しくなってしまいました。これが「レンズ沼」への第一歩というやつか。
 

三沢航空祭に行ってきました

 投稿者:mori  投稿日:2019年 9月 8日(日)22時05分35秒
  東北最大のミリタリーイベント「三沢基地航空祭」に行ってきました。
青空にブルーインパルスのスモークが良く映えるいい天気で、綺麗な写真がたくさん撮れました。ここは観客席が滑走路の南側にあるので、逆光にならないのがありがたいですね。
その代償として、腕や首筋や顔がちょっと痛くなりましたけど。一応日焼け止めは塗ったんですがね。
地上展示機も、もうすぐ引退するファントムをはじめ、日米両国のいろいろな機体がありました。飛行展示の時間の間に見ようとしても、駆け足で回らないと1日ではすべて見ることができないくらいでした。
室屋義秀さんのアクロバット飛行も、地上に爆薬を設置した爆撃展示もありませんでしたから、規模という点で言えば岩国に及びませんが、十分以上に楽しめるイベントでした。
 

アニメ映画とか(Re:松島に行ってきました)

 投稿者:とんぺい  投稿日:2019年 9月 8日(日)22時00分54秒
  1つ前の書き込み、かなり長く書いてしまいました…。

F-4とか、コブラとか、日本になくともB-52など、計画から、あるいは初飛行から、を含めると、
存在期間 50年以上なんて多いですね。
そんなに厚くはないアルミ合金主体の構造で、そんなに長く使えるってスゴいです。
一見、長寿命そうな艦船、自衛隊の護衛艦などは案外短いです。

「日経サイエンス」は「別冊」の特集号しか読んでいません。
また金の話で恥ずかしいですが、薄いのにスゴく高い雑誌です(笑。
電子書籍はまったくダメで(やっている人を割とみかけますがスマホサイズでは読めないw)、
全て紙本で買うのと、捨て切れない人ゆえ邪魔になって困るので、それでいて高価なので、
最近、購入を抑えています…

「天気の子」の特集ですか(「天候」の特集なんでしょうかね)。今度見てみます。
はい、書かれている件もわかります。

今日、アニメのことで人と話したのですが、先ず、新海誠さんは、以前、村上春樹さん
(私も割と読みますが)に触れて、確か、影響を受けていると書かれていました。
なかなか文芸系だなあ、と思った「秒速5センチメートル」や、「雲のむこう、約束の場所」
などでしょうか(その2作がどこで直接影響を受けているのかは、よく分かりませんでしたが
いい意味で「文芸系」と呼ぶのは差支えないのでしょうね)。

氏の、割と初期の「雲のむこう、約束の場所」でファンになってしまいました。
割と地味な(描き込まれてもいない)キャラたちだったりですが、それが、
あのわりと簡単だけれど寂しい感じのサントラとよく相まって、
作品の、不思議さ、純粋さや、切なさをよく伝えていて、とてもよかったですね~。
「秒速~」もよかったですね。

他にジブリチックな作や、何かに似てると思えた作(キャラデザインが一定でないことも
それを想起させる?)がありますが、そのジブリチックな「星を追う子ども」では、
氏は積極的に肯定していて、よいですね。

「君の名は。」そして「天気の子」は、よかったのですが、「雲のむこう、約束の場所」
に対して自分的にはなあ(?)。「雲のむこう…」がとてもよかったということです。

で、何気に映画館サイトを眺めていて、
「ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝」(京アニ)が、実はそんなお話は全く
知らなかったのですが、絵もしっかりしていて、全く未観のテレビシリーズが元らしいけれど、
単独で観ても大丈夫、だそうで、観ようかなと検討中。
「ワンス・アポン・ア・イン・ハリウッド」と、「アド・アストラ」が観に行くこと決まり
なので楽しみです。
 

Re:Re:Re:Re:Re:海って いいよねー

 投稿者:とんぺい  投稿日:2019年 9月 8日(日)20時55分35秒
  こんばんは。

ニュースグループは、実名を出していたのですが、所属は書いていなかったですね。
2000年頃の古きよき時代でした。

SR-71(やMig-25/31)はマッハ3級、A-10は30mmガトリング砲と様々な重防御構造、
F-14は精緻な可変翼… と、とても惹かれます。実はスミソニアンはだいぶ前に行っていて、
http://tompei1.la.coocan.jp/WorldMuseum1.htm

X-15(映画「ファースト・マン」の冒頭で登場)は観ましたが、SR-71は保存時期だったのか
未観です(残念!)。 空母(の格納庫内)で展示というのは、確かに興味津々です。

「ズムウォルト」級はカッコよさ面ではあまり惹かれませんが、どんなSF映画に登場させても
全く違和感なさそうで、実用として「オール電化」(推進のみならずレールガン、レーザー砲
などの駆動まで)であれば、SFの「電磁シールド」や、電磁/電界的兵器/防御装置といった
新概念の装備まで期待できそうで、勝手に感心してしまいます。

離島は、確かに「することがなさすぎ」(それがよいのでしょうが)もあるでしょうが、
いずれにせよ勤め人には難しい「一カ所に1週間(以上)のんびり滞在」ができたら
いいですね~。高原でもどこでもいいわけです。

カメラは、自分が求めるスペックを満たしていれば、どこのだってよさそうですし、
ペンタックス(機種は忘れましたが昔欲しかった型があります)はよいですよね。
ニコン、Canonはレンズはすごくたくさんあって、カタログを眺めていると楽しいですが、
結局、今は、標準系ズーム×1と、望遠系ズーム×1の2本しか買っていません。
より焦点距離が長い望遠(ズーム)などは、本当に欲しいものは数十万円以上だし、
とても大きくて重いから、やや軟派な「趣味者」の私にはきついです。

ずーっとむかし(フィルム時代)、オリンパスがカメラボディ、レンズともとても小さくした
シリーズを出していて欲しかったです。フォーサース等の統一規格以前のもので、レンズが揃う
前に中止になってしまいました。小型化にまだまだ余地があった気もするし、価格も1眼レフ
と比べてあまり安くなかったようなで買いませんでしたが。

CanonのEOS-7Dの新型が出る前に、某誌が「大胆予想」で、
「ほぼ同じスペックでとても小さくなる」と書いていて、
「それが当たったら、価格が2倍でも買う!」と待っていたのですが。
ミラーレス(光学ファインダでないとねぇ…)が主導的になったのも、原理的にいくらか
小型軽量されたこともあるのではないかと思います。女子への普及はなおさらそうですね。

レンズ交換しない一眼では、多くのメーカが、とても高倍率な、「格好は一眼レフ」を
割と多く出していますよね。何であんなに高倍率のズームが?とも思いますが。
けれど「望遠鏡みたいなレンズを使ってみたい」という欲求は結構多いみたいですね。

ハイスピードカメラとして、一時期4K動画に力を入れていたパナソニック等のデジカメで、
動画で追っかけて、あとで静止画に切り出しする、というのも考えていました。
フルHD(2K-60p)でそれをやっても、小さな引き伸ばし用であれば、結構使えました。
74式の砲焔がうまく撮れなくて、それを使って、このHP掲載用としたこともあります。

スマホ撮りでデジカメの売り上げが2008年の10分の1に迄落ち込んだそうで、
4K動画から取り出して使う、なんて面倒で中途半端なことは全く流行らなかったようで、
最近はパナソニックもそれを主張していないような(気の毒… いい案なのに)。
因みにCASIOも別のセールスポイントが全く外れ、それもあってか撤退…(最後の
洒落たパンフは保存しています)
実は、Nikonも一時、別事業の業績状況を知って、大丈夫かなあ?と不安視していました。
それに、酷く高額なミラーレスをさらに拡大みたいで…

で、最近の結論として、
イケているのは、CanonやSONYほかの、「ハイスペックコンデジ」ではないか?
と思っています。そんなでその辺ばかりチェックしています。
倍率を抑えた明るいズーム、何より1インチ以上級の撮像素子。
いいですよ~(格納式ファインダ(精細度もだいぶよくなった)付きも増えました)

最近は3年近く前に買ったG7XmkIIが、my主力化しています(旅行やスナップ用と
しては「完璧」でしょうか。売れているのか、mkIIIや同傾向新型も出ました)。
ただし、この辺も割高感はあります。それでも一式でたいていは10万円以下。

以上、やたら10万円だの数十万円の「壁」に触れましたが、セコくていけないかな?(笑。

では。
 

Re:Re:松島に行ってきました

 投稿者:かま  投稿日:2019年 9月 7日(土)21時13分24秒
  横から失礼します。

迷彩色が特徴のRF-4(偵察部隊)は今年度、戦闘機部隊も来年度で終わる事が決定していますので、
飛んでいる・稼働状態で展示している所を見られるのもあとわずかです。
ラストファントムのスケジュールのURLを貼り付けておきます。


>日経サイエンス
とんぺいさんは定期購読者なのでしょうか?
今号で特集されている“天気の子”、感想をFacebookに書きますと
気象監修の人が喜ぶと思いますので、ぜひとも。(笑)
ではでは。

https://www.mod.go.jp/asdf/hyakuri/2019phantomtour.html

 

/26